<< November 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
Dennis Banks Japan tour 2016 でデニス師から伝えられたメッセージまとめ

http://blog.7gwalk.org/?eid=1262621

 

Dennis Banks Japan Tour 2016 お陰様で無事に終了しました。ありがとうございました。

 

デニス師は精力的に愛とエナジーとユーモアをもって、各会場で、それぞれにメッセージを伝えてくださいました。

その中でもツアー中共通して伝えられた、芯になるメッセージを、通訳をしながら山田が一番近くで聞きながら書きとめたノートをもとにメッセージをまとめてみました。ぜひ、ご一読くださいませ。

 

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★

 

 

今、
私達は水を守る為に
スタンディングロックで戦っています。


スタンディングロックはノースダコタ州にあるスー族の聖地です。
そこにダコタパイプラインというオイルのパイプラインが通る計画があります。

 

(ピンク色がダコタパイプラインです。オイルが届けられる先がアジアにも向いているのがわかります)

その
パイプラインはスー族のご先祖様のお墓の上を通ることになっていまして
彼らはこの工事に反対しました。
そして、このパイプラインはミズーリ川の下を通ることになっているのですが
もしも、地下でこのパイプからオイルが漏れて川が汚染された場合
この川の水を利用している約1800万人の人に影響が及びます。

今年の4月1日からスー族の人達がここでキャンプをしてパイプライン反対の座り込みを始めました。
最初は20人だったのが1週間で約100人になり
今は9000人から1万人の人がそこでキャンプして活動しています。



これから冬が来ると、とても寒くなるのですが
工事が継続することを聞いて、私達もキャンプを続けることにしました。

そこには
多くの若者が集っています。
彼らはここに来るために、移動費や服や靴やいろいろなものを自分で調達してここに集ってくるのですが、一度ここに来ると多くの若者が帰りたくなくなってしまうのです。
もちろん、それはこの問題が重要であることも原因なのですが
沢山の部族の人達が集っているので
色んな祈りのドラムや歌を聞くことが出来るということも大きな原因と感じています。



そして、彼らが聞いてるのは、単にドラムや歌声ということではなく
かつて、ネイティブの戦士たちが発していた音を聞いているのだと思います。
彼らはそのことを感じていて
その音が彼らをそこから離れたくない気持ちにさせているのです。
集っている若者達の世代は
ちょうどかつてネイティブ達が成長し戦士になった世代です。

このスタンディングロックで戦士の文化が蘇っています。

(ネイティブの文化では戦士と兵士の違いを明確に認識し、戦士になることを奨励します。
兵士は命令に従い、人殺しでもなんでもする人。戦士は自分の心に従い他人の為に働く人を意味します)

私達オジブエ族は戦士達のことを
「オゲチダ」といいます。

 

オゲチダの役割は
コミニティーの為に木を運び、水を運ぶことです。
そして長老や病人や妊婦さんの為に狩りをし
食事を用意します。
太鼓を作ったり、薬草を取りにいったり
先見の目をもって皆の為に自主的に率先して働きます。
そして
コミニティーを敵や病気から守ることも大きな役割の一つです。
現在は白人社会がもたらした
酒やドラッグなどという問題を解決することも大切な仕事になっています。

 


そしてオゲチダイクエという女性の戦士達もいます。


彼女達は
シングルマザーや妊婦、長老や病人や助けが必要な人達の為に料理をしたりお世話をしたりします。
もちろん、村を病から守ったりするのも役目です。


私達オジブエ族、そしてオゲチダの人達には
生きる指針として伝えられている美徳があります。


それは
Respect (尊敬)
Love (愛)
Honesty (誠実)
Humility (謙虚)
Courage (勇気)
Truth (真実)
Wisdom (智慧)
です。


オゲチダになる為の規則や資格はありませんが、
このような美徳を持つ人をお手本にして生きることを求められ
実践していたのです。

 



私は世界中の部族もどのような美徳を持っているのか調べてみました。
北米、中米、南米の部族はもちろんですが
北極圏のサーミ族
日本のアイヌ、
オーストラリアのアボリジニ
ニュージーランドのマオリ族など
多くの部族に共通点がありました。

 



そして、もう少し調べて見ますと
日本の侍の美徳についても知ることができました。
(義 勇 仁 礼 信 智 など)

オゲチダの美徳と侍の美徳は特に似ているなと感じました。

何故、何百年も前から、何千キロも離れた、オジブエ族の美徳と日本の侍の美徳がここまで似ているのか?
私はその答えをあることをきっかけに見出すことができました。
それは、私達オジブエ族の民も日本の民も蒙古斑を持って産まれて来ることを知ったからです。
 

日本とオジブエ族の民
私達は同じDNAを共有していて、親戚なのですから
繋がっていて、同じ美徳を共有しているのだと思います。

 

今こそ、過去に忘れ去られてしまっている、美徳やDNAの記憶に手を伸ばし
それをまた目の前に持って来て蘇らせるべきなのです。


☆ 

 

最近は武士道という本を読んでいます。
その意義を学び深く共感しています。
しかし、その中にどうしても共感できない部分がありました。
それは女性に対しての考え方です。

戦争を基本とする文化は女性を虐げてしまうことが多いようです。
それは、日本だけでなくヨーロッパでも同じことが言えます。
アメリカに来た侵略者も同じでした。
男性中心の価値観で世界を征服しようとしてきました。

 



しかしネイティブは女性を中心とした社会が培われてきました。
クラン(氏族)とクランマザーによるコミニティー運営がその例です。

サンダンスなどの祈りや
生き方を通して
私達は女性を命を産み出す創造主として尊重し
全ての生命の中でもっとも聖なるものと考えています。

それは、人間の女性ということだけでなく
動物達や自然界に溢れる女性性も同じように考えています。

 



なので
私達は地球を母として尊重し
月を祖母として敬っています。


私達は皆、母なる地球の上に育まれている、同じ生命です。

 



私は
山の一部であり 川の一部です
海の一部であり 鷹の一部です
バッファローの一部であり
全ての動物や
鳥や魚や微生物
木々や草花の一部です

ですから
私達は
大地を守り
水を守り
空気を守らなければならないのです。

 



オゲチダの文化は今も生きていて

水を守る戦い
スタンディングロックは私達にとって大きな意味を持っています。


スタンディングロックが陥落することは
私達が倒れることを意味しています。
スタンディングロックが死にたえることは
私達が充分な活動しなかったことを意味し
私達の死を意味します。

私達はスタンディングロックを一人で死なせはしません。

私達とスタンディングロックは一つであり、私達自身なのです。

 



スタンディングロックと共に立ち上がりましょう。 

 

 

以上今回のデニス師のツアーを通して伝えられたメッセージを7G山田が書き下ろしました。

 

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★



今回のツアーを通して
スタンディングロックへの募金を集めましたところ
全体で
19万3千円の募金が集まりました。
このお金でデニス師が
スタンディングロックで活動している皆さんに
服や食料、セレモニー用のタバコなどを購入して届けてくれます。
ご協力ありがとうございました。

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★

 


20日にミノー君と
綾部で行ったスエットロッジの中で
Stand with Standing Rock
そして
Stand like Standing Rock
という言葉が思い浮かびました。

ネイティブは水の為に命の為に再び立ち上がりました。
私達は?
福島から放射能汚染水は流れ続けています。
リニアモーターカーの建設であちこちにトンネルが掘られ
危険のもとに聖なる山や自然を破壊しようとしています。
期限切れだった上関原発予定地の埋め立て許可が、何故か再発行され
この期に及んで、原発をさらに建設する流れがあります。
憲法の問題、戦争の問題

私は母なる地球の愛と
命としての誇りと共に
もう一度立ち上がろうと思います。

祈りと、共に、立ち上がりましょう!



これからも
デニス師やネイティブのスピリットをリスペクトし
Standing Rock もサポートしながら
7 Generations Walk の活動も充実させていきたいです。
ぜひHPをご覧頂きまして
一緒に活動していけたらと思います。

どうぞよろしくお願いします。

ホーミタクエオヤシン

山田拝

 

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★

 

スタンディングロックが如何に重要なのか?歴史的な見地からもデニス師が詳細に書かれた記事があります。

http://www.sfchronicle.com/opinion/openforum/article/Why-we-take-a-stand-at-Standing-Rock-10597021.php

ぜひご覧下さいませ。

 

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★

 

そして

金沢文庫のアサバアートスクエアでのイベントのスタッフをしてくれているハルカさんも

Japan Stands With Standing Rockというサイトを立ち上げて

日本の皆さんにこのことを知っていただき、理解していただき

サポートしていく活動をしています。

https://www.facebook.com/JapanStandsWithStandingRock/

デニス師とも意気投合しお互い協力しあっていこうということになりました。

ぜひこちらのページにもアクセスしていただけたらと思います。

 

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/
 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

7Generations Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412
 

11月16日 Dennis Banks Japan Tour 2016 イベント@長野 報告

長野の紅葉も美しく

西箕輪中学校に訪問しました

最近、毎年この学校に訪問させていただいています。

昨年も歌の交換をしました。

一年間、歌をお互い歌い続けましょうと約束し

学生さん達もそれを覚えていてくれて、練習しつづけてくれていました

心から出てくるその本気の美しい歌声に
デニス師も感動されていました。
歌を聞き終わったあとに、深く頭を下げ、感謝の気持ちを表していました。

そして、デニス師もネイティブの祈り歌を歌いました。

学生さんに

「歌を歌う時に一番大切なことはなんですか?」と問われ

「思いを込めることです」とデニス師はこたえました。

祈りと思いを込めて歌うデニス師

子供達の心にも届いたようでした。

そして、歌を教えて一緒に歌いました。

ネイティブの歌に

英語と日本語の歌詞を付け加えた祈りの歌

「Mother Earth and I are One. She Loves me, I love her」

「母なる地球と私はひとつ 互いを愛す」

 

 

 

皆で一緒にうたいました。

笑顔と愛と力を分かち合えた

心の交流が嬉しいかったです。

お互い感謝を伝え合い

讃えあいました。

 

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★

夜はイベントをひかげ交流会館でしました。

 

「皆さんのお名前と職業を教えてください。

もしも

母である場合は、そのことを自信をもって伝えてください。

すべての職業の中で

「母」という役割が一番尊いと思っています。」

私は

母や女性や全ての人に親切に接してきました。

人に命令することはなく、いつも「お願いします」

という態度でいました。

ある日本の女性が、そんな私にお風呂のおもてなしをしてくれました。

そして、そのお風呂のゆずを入れてくれました。

それは、とても気持ちよく、こうしたおもてなしは最上級のものであると伝えてくれました。

 

そして、私の愛する娘にも同じようなもてなしをしました。

娘には子供がいて、料理と掃除と洗濯などの仕事を同時にこなしていました。

その疲れを癒して欲しいと思い、娘の為にお風呂を準備し、柑橘系のフルーツを入れてあげました。

ぞうしましたら、娘は大変喜んでくれ、お父さんのことを一生愛するわと伝えてくれました。

 

日本の女性が教えてくれた愛を伝える方法は

私が娘に愛を与えることを助けてくれました。

 

それがたとえ短い時間であっても

一生心に残ることになる場合もあります。

 

心の交流ができた長野いべんと。

このような繋がりが、確かな未来への架け橋になると感じました。

夜は

昔からの友人たちと

リニアモーターカーや

スタンディングロックのこと

そして、

その問題の解決方法

祈り続けるべきことなど

多くの話をしました。

深い祈りを共有している仲間がいること

それは本当に心強いことです。

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

 

金沢文庫のアサバアートスクエアのイベントのスタッフをしてくれているハルカさんも

Japan Stands With Standing Rockというサイトを立ち上げて

日本の皆さんにこのことを知っていただき、理解していただき

サポートしていく活動をしています。

https://www.facebook.com/JapanStandsWithStandingRock/

デニス師とも意気投合しお互い協力しあっていこうということになりました。

ぜひこちらのページにもアクセスしていただけたらと思います。

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

 

これからもデニス師のツアーが続いていきます。

皆さんにお会い出来ることを有り難く思っています。

どうぞよろしくお願いします。

http://blog.7gwalk.org/?eid=1262621

11月11日(金)6:30〜8:30pm 

@東京永代橋 デニスアメリカングリル
“デニス&ミノーを囲んでインディアンディナー” 

 

 

 


11月14日(月)18:00〜

@金沢文庫 ASABA ART SQUARE
“デニス映画三部作 ダイジェスト版上映、
デニス師トーク 歌  

11月15日(火)11:00〜

@金沢文庫 ASABA ART SQUARE
ピクニックランチ & トーク
 


11月16日(水)18:30〜20:30
@長野県 伊那市 日陰集会施設 ひだまり

1500円+ドネーション

問い合わせ 080−3833−6036




11月17日(木)18:00〜

@愛知県 春日井市 カフェたいよう
お話会

https://www.facebook.com/events/1810604582560038/

 

 

 

11月19日(土)13時開場 14時開始

@大阪 中崎町ホール
〜Dennis Banks Gathering〜
伝説のインディアンが伝えたいこと

 


 

11月23日(水・祝)開場15:00 開始15:30 終演19:00

@新横浜 スペースオルタ
Dennis Banks Gathering
〜伝説のインディアンが今あなたに伝えたいこと〜
ネイティブの叡智に学ぶ 〜アイヌの長老・浦川治造氏を迎えて〜

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

 

祈りと行動を結びつけることによって先住民の生きる権利を守ってきた、伝説のインディアン、デニス・バンクス師。
数々の困難をのりこえて来た経験を踏まえ、ネイティブの教えを私達に語り伝えてくれます。

「All life is Sacred」(全ての命は聖なるものである)


「地球は母で、空は父 月は祖母で太陽は一番上の兄、全ての命は兄弟姉妹であり、親戚であり、全ては繋がっています。」


「母なる地球との関係性を先ず学び、母なる地球が愛してくれるように他を愛しなさい」


「Be of One Mind !」(心を一つに)

そして、祈りや歌やダンスによって、心と身体で理解し、
愛と共に分かち合うことも、今回のツアーの目的としています。
理解と体験を通して、ネイティブの智慧を分かちあい、日々の生活に活かしていくきっかけになれば幸いです。

皆さんの参加を心待ちにしております。
どうぞ、よろしくお願いします。

 



デニス・バンクス師 紹介 
1937年 ミネソタ州のオジブエ族居留地に生まれる。
1968年 AIM(アメリカインディアン運動)を結成し、
先住民の権利回復運動を始める。
1973年 ウーンデッドニー占拠等でレッドパワーのリーダーとして世界的に有名になる。 
1978年 大陸横断平和行進「ザ・ロンゲスト・ウォーク」を成功させ、インディアンの生きる権利を奪う十一の法案を退ける。
2008年に「ロンゲスウォーク2」、

2011年に「糖尿病撲滅宣言」を掲げた「ロンゲスト・ウォーク3」、

2016年ドラッグ問題の解決を訴えた「ロンゲストウォーク5」などを通して、

世界中に環境保護、精神的なメッセージを今日まで届けている。

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

 

主催:7 Generations Walk
協賛:米国NPOナワカミッグ・インスティチュート

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/
 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

7Generations Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412
 

 

11月15日 Dennis Banks Japan Tour 2016 イベント@金沢文庫アサバアートスクエア ピクニックランチの和やかな時間

 

 

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

 

そして

このイベントのスタッフをしてくれているハルカさんも

Japan Stands With Standing Rockというサイトを立ち上げて

日本の皆さんにこのことを知っていただき、理解していただき

サポートしていく活動をしています。

https://www.facebook.com/JapanStandsWithStandingRock/

デニス師とも意気投合しお互い協力しあっていこうということになりました。

ぜひこちらのページにもアクセスしていただけたらと思います。

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

 

これからもデニス師のツアーが続いていきます。

皆さんにお会い出来ることを有り難く思っています。

どうぞよろしくお願いします。

http://blog.7gwalk.org/?eid=1262621

11月11日(金)6:30〜8:30pm 

@東京永代橋 デニスアメリカングリル
“デニス&ミノーを囲んでインディアンディナー” 

 

 

 


11月14日(月)18:00〜

@金沢文庫 ASABA ART SQUARE
“デニス映画三部作 ダイジェスト版上映、
デニス師トーク 歌  

11月15日(火)11:00〜

@金沢文庫 ASABA ART SQUARE
ピクニックランチ & トーク
 


11月16日(水)18:30〜20:30
@長野県 伊那市 日陰集会施設 ひだまり

1500円+ドネーション

問い合わせ 080−3833−6036




11月17日(木)18:00〜

@愛知県 春日井市 カフェたいよう
お話会

https://www.facebook.com/events/1810604582560038/

 

 

 

11月19日(土)13時開場 14時開始

@大阪 中崎町ホール
〜Dennis Banks Gathering〜
伝説のインディアンが伝えたいこと

 


 

11月23日(水・祝)開場15:00 開始15:30 終演19:00

@新横浜 スペースオルタ
Dennis Banks Gathering
〜伝説のインディアンが今あなたに伝えたいこと〜
ネイティブの叡智に学ぶ 〜アイヌの長老・浦川治造氏を迎えて〜

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

 

祈りと行動を結びつけることによって先住民の生きる権利を守ってきた、伝説のインディアン、デニス・バンクス師。
数々の困難をのりこえて来た経験を踏まえ、ネイティブの教えを私達に語り伝えてくれます。

「All life is Sacred」(全ての命は聖なるものである)


「地球は母で、空は父 月は祖母で太陽は一番上の兄、全ての命は兄弟姉妹であり、親戚であり、全ては繋がっています。」


「母なる地球との関係性を先ず学び、母なる地球が愛してくれるように他を愛しなさい」


「Be of One Mind !」(心を一つに)

そして、祈りや歌やダンスによって、心と身体で理解し、
愛と共に分かち合うことも、今回のツアーの目的としています。
理解と体験を通して、ネイティブの智慧を分かちあい、日々の生活に活かしていくきっかけになれば幸いです。

皆さんの参加を心待ちにしております。
どうぞ、よろしくお願いします。

 



デニス・バンクス師 紹介 
1937年 ミネソタ州のオジブエ族居留地に生まれる。
1968年 AIM(アメリカインディアン運動)を結成し、
先住民の権利回復運動を始める。
1973年 ウーンデッドニー占拠等でレッドパワーのリーダーとして世界的に有名になる。 
1978年 大陸横断平和行進「ザ・ロンゲスト・ウォーク」を成功させ、インディアンの生きる権利を奪う十一の法案を退ける。
2008年に「ロンゲスウォーク2」、

2011年に「糖尿病撲滅宣言」を掲げた「ロンゲスト・ウォーク3」、

2016年ドラッグ問題の解決を訴えた「ロンゲストウォーク5」などを通して、

世界中に環境保護、精神的なメッセージを今日まで届けている。

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

 

主催:7 Generations Walk
協賛:米国NPOナワカミッグ・インスティチュート

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/
 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

7Generations Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412
 

11月14日 Dennis Banks Japan Tour 2016 イベント@金沢文庫アサバアートスクエア報告 スタンディングロックは大きな意味を持っています。

 

11月14日(月)

 

アサバアートスクエアにデニス師が到着しました。

アートスクエアを主催している浅葉先生は

ネイティブとの親交も深く、

毎年開かれている金沢文庫芸術祭では毎年

先住民族広場という場をもうけ、ネイティブの文化を紹介されています。

「子供の未来は 地球の未来」という思いがこの広場を開く意義であり

その意義の為に先住民族の智慧が必要という確信がそこにあります。

 

先生は昔からデニス師のことをしっており、25年以上デニス師をお迎えしたいという思いがありましが

その願いが現実になった瞬間でした。

 

持ち寄りで美味しいそうな食事が用意され

スピリットプレートを準備して感謝の祈りをささげました。

 

そして和やかに食事の時間を過ごし

 

デニス師のドキュメンタリー映画を見て

いよいよデニス師のお話が始まりました。

 

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★

 

私はここに到着して

浅葉先生に出会い、素晴らしい作品にかこまれた

この場所がすぐに気に入り

2日間の滞在予定ですが、2週間くらい留まりたい気分になっています。

 

 

そして

今日は私達が今とても大切に思っている場所

スタンディングロックについてお話したいと思います。

スタンディングロックはノースダコタのスー族の聖地です。
そこにダコタパイプラインというオイルのパイプラインの計画があります。

 



その
パイプラインはスー族のご先祖様のお墓の上を通ることになっていまして
彼らはこの工事に反対しました。
そして、このパイプラインはミズーリ川の下を通ることになっているのですが
もしも、地下でこのパイプからオイルが漏れて川が汚染された場合
この川の水を利用している約1800万人の人に影響が及びます。

 



今年の4月1日にスー族の人達がここでキャンプをしてパイプライン反対の座り込みを始めました。
最初は20人だったのが1週間で約100人になり
今は9000人から1万人の人がそこでキャンプして活動しています。

これから冬が来てとても寒くなるのですが
工事が継続することを聞いて、私達もキャンプを続けることにしました。

 



そこには
多くの若者が集っています。
彼らはここに来るために、移動費や服や靴やいろいろなものを調達してここに集ってくるのですが、一度ここに来ると多くの若者が帰りたくなくなってしまうのです。
もちろん、それはこの問題が重要であることも原因なのですが
沢山の部族の人達が集っているので
色んな祈りのドラムや歌を聞くことが出来るということも大きな原因と感じています。

 



そして、彼らが聞いてるのは、単にドラムの音や歌声ということではなく
かつて、ネイティブの戦士たちが発していた音を、そこで今、再び聞いている感覚になっているのです。

彼らはそのことを感じていて
その音が彼らをそこから離れたくない気持ちにさせているのです。
集っている若者達の世代は
ちょうどかつてネイティブ達が成長し戦士になった世代です。

私達は戦士のことを
「オゲチダ」といいます。

 



オゲチダは
コミニティーや家族を守る責任を負うものの事を言います。
かつては
年長者の為に狩をし
妊婦さんの為に食事を用意し
木を運び、水を運びます。
太鼓を作ったり、薬草を取りにいったり
先見の目をもって皆の為に働きました。
これがオゲチダです。

 

私は最近、武士道についても学んだのですが

侍の精神とオゲチダの精神に類似点があることをしりました。

それは、勇気、真実、愛というような美徳であり

世界中の精神性の高い戦士の文化には共通店が多くあります。



そして

このオゲチダの文化は今も生きています。

AIMの活動もまさしくそうなのですが
1973年のウンデットニーに立てこもった時もそうでした。

1890年にこのウンデットニーでは約250人の男女がアメリカ軍によって虐殺されたのですが
それと同じ軍が今はスタンディングロックで活動しています。

私達にとって
スタンディングロックは大きな意味を持っています。

 



スタンディングロックが陥落することは
私達が倒れることを意味しています。
スタンディングロックが死にたえることは

私達が充分な活動しなかったことを意味し
私達の死を意味します。

私達はスタンディングロックを一人で死なせはしません。

 

私達とスタンディングロックは一つであり、私達自身なのです。

 

スタンディングロックと共に立ち上がりましょう。
 

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★

 

スタンディングロックが如何に重要なのか?歴史的な見地からもデニス師が詳細に書かれた記事があります。

http://www.sfchronicle.com/opinion/openforum/article/Why-we-take-a-stand-at-Standing-Rock-10597021.php

ぜひご覧下さいませ。

 

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★

 

この写真を見ても分かるように、このパイプラインで流れてくるオイルは

アジアにも送られます。私達は毎日の生活の中でオイルの恩恵を受けています。

すでに私達はこの問題と繋がっています。

ネイティブ達は水を守るために立ち上がりました。

私達は?どうでしょうか?

放射能は?

共に考える良い機会を与えられたと思っています。

 

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★

 

そして

このイベントのスタッフをしてくれているハルカさんも

Japan Stands With Standing Rockというサイトを立ち上げて

日本の皆さんにこのことを知っていただき、理解していただき

サポートしていく活動をしています。

https://www.facebook.com/JapanStandsWithStandingRock/

デニス師とも意気投合しお互い協力しあっていこうということになりました。

ぜひこちらのページにもアクセスしていただけたらと思います。

 

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★

 

世界中の問題も繋がっていますが

世界中の愛も繋がっています。

皆で助け合って

水や母なる地球を守っていきましょう。

それが私達の命そのものだからです。

 

いつもありがとうございます。

ホーミタクエオヤシン

 

山田拝

 

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★

 

これからもデニス師のツアーが続いていきます。

皆さんにお会い出来ることを有り難く思っています。

どうぞよろしくお願いします。

http://blog.7gwalk.org/?eid=1262621

11月11日(金)6:30〜8:30pm 

@東京永代橋 デニスアメリカングリル
“デニス&ミノーを囲んでインディアンディナー” 

 

 

 


11月14日(月)18:00〜

@金沢文庫 ASABA ART SQUARE
“デニス映画三部作 ダイジェスト版上映、
デニス師トーク 歌  

11月15日(火)11:00〜

@金沢文庫 ASABA ART SQUARE
ピクニックランチ & トーク
 


11月16日(水)18:30〜20:30
@長野県 伊那市 日陰集会施設 ひだまり

1500円+ドネーション

問い合わせ 080−3833−6036




11月17日(木)18:00〜

@愛知県 春日井市 カフェたいよう
お話会

https://www.facebook.com/events/1810604582560038/

 

 

 

11月19日(土)13時開場 14時開始

@大阪 中崎町ホール
〜Dennis Banks Gathering〜
伝説のインディアンが伝えたいこと

 


 

11月23日(水・祝)開場15:00 開始15:30 終演19:00

@新横浜 スペースオルタ
Dennis Banks Gathering
〜伝説のインディアンが今あなたに伝えたいこと〜
ネイティブの叡智に学ぶ 〜アイヌの長老・浦川治造氏を迎えて〜

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

 

祈りと行動を結びつけることによって先住民の生きる権利を守ってきた、伝説のインディアン、デニス・バンクス師。
数々の困難をのりこえて来た経験を踏まえ、ネイティブの教えを私達に語り伝えてくれます。

「All life is Sacred」(全ての命は聖なるものである)


「地球は母で、空は父 月は祖母で太陽は一番上の兄、全ての命は兄弟姉妹であり、親戚であり、全ては繋がっています。」


「母なる地球との関係性を先ず学び、母なる地球が愛してくれるように他を愛しなさい」


「Be of One Mind !」(心を一つに)

そして、祈りや歌やダンスによって、心と身体で理解し、
愛と共に分かち合うことも、今回のツアーの目的としています。
理解と体験を通して、ネイティブの智慧を分かちあい、日々の生活に活かしていくきっかけになれば幸いです。

皆さんの参加を心待ちにしております。
どうぞ、よろしくお願いします。

 



デニス・バンクス師 紹介 
1937年 ミネソタ州のオジブエ族居留地に生まれる。
1968年 AIM(アメリカインディアン運動)を結成し、
先住民の権利回復運動を始める。
1973年 ウーンデッドニー占拠等でレッドパワーのリーダーとして世界的に有名になる。 
1978年 大陸横断平和行進「ザ・ロンゲスト・ウォーク」を成功させ、インディアンの生きる権利を奪う十一の法案を退ける。
2008年に「ロンゲスウォーク2」、

2011年に「糖尿病撲滅宣言」を掲げた「ロンゲスト・ウォーク3」、

2016年ドラッグ問題の解決を訴えた「ロンゲストウォーク5」などを通して、

世界中に環境保護、精神的なメッセージを今日まで届けている。

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

 

主催:7 Generations Walk
協賛:米国NPOナワカミッグ・インスティチュート

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/
 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

7Generations Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412
 

 

11月11日 デニスバンクス日本ツアーイベント@永代橋デニスアメリカングリル報告 ネイティブの7つの美徳の内のひとつ尊敬とは?

11月11日に行われた

デニスアメリカングリルでのお食事会の報告です。

 

 

沢山の方に参加していただき、

和やかにアットホームに進んでいきました。

 

デニス師は言いました

私が皆さんと分かち合いたいネイティブの智慧は

皆さんをインディアンにしようというものではありません。

 

皆さんが、皆さん自身の本質を知るきっかけになったり

皆さんが皆さん自身の道を進む力をここから得ていただければと思っています。

 

今日は昔からの友人が沢山来てくれましたが、

長い付き合いですが、皆、自分の道を行っています。

 

ある人は医者になり

ある人は母になり

ある人は翻訳家になりました。

 

私は今日皆さんと写真をとりましたが

後日この写真をみて

私のお爺さんと一緒にとった写真だと思って欲しいのです。

 

私も皆さんを娘であり甥であると思います。

そして

皆さんが必要であれば、いつでも智慧や体験を分かちあいたいと思っています。

 

今までも日本で沢山のスエットロッジを作ったり

多くの活動をしてきました。

これからも、皆さんとこのようなネイティブの智慧を分かち合っていきたいです。

どうぞよろしくお願いします。

 

(息子のミノー君の歌も素晴らしかったです)

 

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★

 

デニス師からのメッセージをいただきました。

シェアしますね。

 

One of the Seven Virtues of the Ojbwe people is

RESPECT.

Why have we chosen this word? Because it is one of Prnciples that Guide our Daily, Weekly, Monthly and Yearly Lives.
This Guidance is Driving Force, filled with Duties & Responsivilities & Love That Become our very Essence of who We are.


MANAAJI IDIWIN

RESPECT

・Respect the elders of our communities and villages.
-Carry their heavy loads
-Invite them to be seated as you wait on them.
-Never interupt an elder when they are speaking.
-Never speak back to an elder in a stern voice.

・Respect the traditional ceremonies of each nation.

・Respect and Protect MOTHER EARTH
- The water
- The air
- The soil

・Remember everyday is "MOMS DAY"

・Respect and Honor your relationship
with your wife
with your daughters and sons

・Respect the thoughts and ideas of others you associate with and they will respect yours.



オジブエ族に伝わる7つの美徳のうちの一つに

RESPECT(尊敬)があります。

何故この言葉を選んだか?
それは私達の毎日、毎週、毎月、毎年の生活の基本の一つになるものだからです。
この教えは、私達の義務と責任と愛を満たしていく力になっていくでしょう。

そしてそれは私達の存在の真髄になるでしょう。


MANAAJI IDIWIN
RESPECT
尊敬

○私達の団体や村の長老を尊敬しましょう。
ー彼らが負ってきた思い責任を引き継ぎましょう
ー彼らのことを待ち、席を譲りましょう
ー彼らが話しているときに邪魔をしてはいけません

○各部族の伝統や儀式を尊重しましょう。

○母なる地球を敬い、守りましょう。
ー水
ー空気
ー土地」

○毎日が「母の日」であることを覚えておきましょう

○関係性を重んじ大切にしましょう
ー夫婦関係
ー親子関係

○仲間の考えやアイデアを尊重しましょう。尊敬し合う関係性を作りましょう。

 

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★

 

スタンディングロックについてもお話されていました。

参加者からも多大なるサポートいただきました。

スタンディングロックについて知りたい方はこちらのHPをご参照下さい。

https://www.facebook.com/JapanStandsWithStandingRock/

 

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★

 

これからデニス師のツアーが続いていきます。

皆さんにお会い出来ることを有り難く思っています。

どうぞよろしくお願いします。

http://blog.7gwalk.org/?eid=1262621

11月11日(金)6:30〜8:30pm 

@東京永代橋 デニスアメリカングリル
“デニス&ミノーを囲んでインディアンディナー” 

 

 

 


11月14日(月)18:00〜

@金沢文庫 ASABA ART SQUARE
“デニス映画三部作 ダイジェスト版上映、
デニス師トーク 歌  

11月15日(火)11:00〜

@金沢文庫 ASABA ART SQUARE
ピクニックランチ & トーク
 


11月16日(水)18:30〜20:30
@長野県 伊那市 日陰集会施設 ひだまり

1500円+ドネーション

問い合わせ 080−3833−6036




11月17日(木)18:00〜

@愛知県 春日井市 カフェたいよう
お話会

https://www.facebook.com/events/1810604582560038/

 

 

 

11月19日(土)13時開場 14時開始

@大阪 中崎町ホール
〜Dennis Banks Gathering〜
伝説のインディアンが伝えたいこと

 


 

11月23日(水・祝)開場15:00 開始15:30 終演19:00

@新横浜 スペースオルタ
Dennis Banks Gathering
〜伝説のインディアンが今あなたに伝えたいこと〜
ネイティブの叡智に学ぶ 〜アイヌの長老・浦川治造氏を迎えて〜

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

 

祈りと行動を結びつけることによって先住民の生きる権利を守ってきた、伝説のインディアン、デニス・バンクス師。
数々の困難をのりこえて来た経験を踏まえ、ネイティブの教えを私達に語り伝えてくれます。

「All life is Sacred」(全ての命は聖なるものである)


「地球は母で、空は父 月は祖母で太陽は一番上の兄、全ての命は兄弟姉妹であり、親戚であり、全ては繋がっています。」


「母なる地球との関係性を先ず学び、母なる地球が愛してくれるように他を愛しなさい」


「Be of One Mind !」(心を一つに)

そして、祈りや歌やダンスによって、心と身体で理解し、
愛と共に分かち合うことも、今回のツアーの目的としています。
理解と体験を通して、ネイティブの智慧を分かちあい、日々の生活に活かしていくきっかけになれば幸いです。

皆さんの参加を心待ちにしております。
どうぞ、よろしくお願いします。

 



デニス・バンクス師 紹介 
1937年 ミネソタ州のオジブエ族居留地に生まれる。
1968年 AIM(アメリカインディアン運動)を結成し、
先住民の権利回復運動を始める。
1973年 ウーンデッドニー占拠等でレッドパワーのリーダーとして世界的に有名になる。 
1978年 大陸横断平和行進「ザ・ロンゲスト・ウォーク」を成功させ、インディアンの生きる権利を奪う十一の法案を退ける。
2008年に「ロンゲスウォーク2」、

2011年に「糖尿病撲滅宣言」を掲げた「ロンゲスト・ウォーク3」、

2016年ドラッグ問題の解決を訴えた「ロンゲストウォーク5」などを通して、

世界中に環境保護、精神的なメッセージを今日まで届けている。

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

 

主催:7 Generations Walk
協賛:米国NPOナワカミッグ・インスティチュート

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/
 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

7Generations Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412