<< July 2016 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
もうすぐサンダンスです

サンダンスグラウンドに来ています。

もうすぐサンダンスです。

アメリカに着いてから五日連続で虹を見せていただきました。


最後の虹はホントにクリアーで凄かったです。


グッドサインに導かれています。

昨日、ロンゲストウォーク5を終えたデニス師もサンダンスに合流しました。


デニス師はドラッグとそれにまつわる暴力の問題の解決を訴えて、アメリカを横断しました。
多くの悲しい事件を当事者から聞き、その人達の悲しみに寄り添う5ヵ月半を過ごしてきたそうです。悲しみと共にあること。そこに変化の兆しがあるのだと言っていました。

明日はサンダンスツリーを祈りの場の中心にたてる儀式があり
その次の日から4日間サンダンスが行われます。



レインボーウォークの時から感じているのは
一見とても大変な状況にある現代社会の中でも、
何万年、何十万年と続く自然世界の営みは、
命の理のままに続いていて、輝いていて、力強く息づいていることです。

現代の日本を歩いてみて、
私の精神と肉体は、命の理に合流する方に変わりました。
社会もきっとそんな風に変わりたいのだと思います。

現代社会は命の理に添う方向に変わろうとしているのでしょうし、
その方向に行かなければ現代社会が滅びることを、多くの人が察知しているのだと思います。



体験として言えるのは、
意識が変化しても、肉体が変化するまでにはタイムラグがあるということです。
その変化には痛みを伴うことも多く、変化の間に自分の意識の変化を信じ続けられるか?どうか?が本当の変化を起こせるか?どうか?にかかってきます。

人の意識が変わっても、社会が変化するまでには時間がかかるということなのだと思っています。

サンダンスでその大いなる変化の流れをつかみ
その命の流れそのままになれればと思っています。

確かに厳しいことも、つらいこともあるかもしれません。
でも、その変化が、大いなる命の流れにそったものでありますように。
その命を作りだしている、クリエイターの意思に添えますように。

その変化を呼び込む、クリアーな呼び水になれますように。
謙虚に祈ってきたいと思っています。
日本に帰ったら、皆とこの流れを分かち合いたいです。

ホーミタクエオヤシン

山田拝

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

7Generations Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/

7.16 サンダンスへの道 2

7月16日 サンダンスへの道

 

今日も虹がでました。

導かれている感じが凄くします。

 

午後は聖地ラビットバックに行きました。

ここは

アニシナベ族の伝説で伝えられている

クリエイターが最初にこの地上に遣わした人「ナナブジュ」のお墓です。

小高い丘を登ります。

最後は急な岩場を登り

360度パノラマの頂上につきます。

ここにナナブジュが埋葬されています。

アニシナベ族に伝えられている教えや祈りは

ナナブジュから来ていると言われており

ここは彼らにとてもとても大切な聖地です。

ここで祈りを捧げ、ご先祖様にご挨拶にきました。

アンクルがリードして、いろいろなストーリーをシェアしてくれました。

パイプセレモニーをして

ご先祖様に祈りを捧げました。

素晴らしい祈りになりました。

ここはホントに美しい場所です。

北の方にサンダンスグラウンドがある村が見えます。

ありがとうございます。

ラビットバックのすぐ側にあるロンの家の裏庭で

スエットロッジをしました。

サンダンスに向けて浄化のセレモニーです。

私達が祈りを捧げている間、虹が出ました。

三日連続の彩雲

スエットロッジの祈りも愛ある素晴らしいものになりました。

 

スエットロッジの中で祈りました。

「私はこうしてここに導かれました。長い間サンダンスの祈りに導かれてここに導かれました。

ここに来る前は、日本を1400キロ祈り歩きました。

サンダンスの祈りに守られ、私達はそのような長いウォークの間も常に力に溢れ、笑顔に溢れ、愛に溢れ、出会う皆とそんな愛の力を分かち合うことができました。母なる地球と繋がっている強さと幸せを体現し分かち合うことができました。

私達の力や喜びは私達のものではなく、皆のために大いなるものが授けてくださっているものです。

日本で共に活動している仲間たちと、その強さをこれからも分かちあっていきたいです。

私たちには、まだまだ沢山学ぶべきことがあります。

謙虚に私達は学び、その大いなるガイダンスを日本に持ち帰りたいです。

どうぞ、私達の心を謙虚に強く、お護りくださいお導きください」

導かれている感、満載です。

 

スエットの後は、皆で湖に飛び込みました。

気持ち良いです〜〜〜!

 

夜は皆で食事し

素晴らしいサンダンスへの道を歩んでいます。

 

ありがとうございます。

 

ホーミタクエオヤシン

 

山田拝

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

7Generations Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/

7.15 サンダンスへの道

サンダンスに参加するために、アメリカのミシガン州に来ています。

昨日と一昨日は連続で彩雲を見ました。

7月13日 トニーさん家の近くの湖にて

7月14日 ミシガン湖の畔のロン家にて

 


サンダンスへの道はグッドサインに満ちています。

 

7月13日
さっそく
いつも、ウォークの時に先頭でもっている、イーグルスタッフを授けてくれた
ストーリーテラーの長老のトニーさんを訪ねました。


今はドラムを作っているそうです。



トニーさん家の裏庭でキャンプをしながら、色々お話を聞きました。
「子供の頃に、お婆さんに木々が教えてくれるから耳をすませと言われたよ。最近わかったのだけど、あのお婆さんがまさかホントのことを言っていたとはあの時は思わなかったな〜」
木の声に耳をすませなさい。木々も私達の声を聞いているよ。



「赤い人が森に入ってハーブを持ち帰ったら美味しいハーブティーができる。
黄色い人が森に入ってハーブを持ち帰ったら美味しいハーブティーができる。
白い人が森に入ってハーブを持ち帰ったら美味しいハーブティーができる。
黒い人が森に入ってハーブを持ち帰ったら美味しいハーブティーができる。
森やハーブは皆に差別無く同じように恵みを与えてるよ」



夜焚き火を囲みながら普通に話していると、突然ストリーテリングに突入して
気づくとネイティブの智慧を自然にシェアしてくれるトニーさん。
いつもホントに有り難いです。



7月14日 次の日はミシガン湖にかかるマキノーブリッジを渡り


サンダンサーで長老のバーキングドック氏の家を訪ねました。


氏はアーティストでもあり、先生でもあります。

ジュンちゃんが質問しました
「7世代先の子供達まで続く未来を意識して、何を今伝えますか?」


「私は四つの色の人達がもう一度調和するという伝説を信じているよ。赤(ネイティブ)黄色(アジア)白人・黒人が皆それぞれを理解して尊重してもう一度、調和の世界を作りだす。その伝説が実現する一部として、皆とこうして一緒にサンダンスが出来ると思っているよ。」

「人は利己的に欲望や利益を求めるために生まれたわけではないよ。人にとってホントに学ぶべき大切な7つのことがあるよ。それは「誠実・真実・人間性・愛・智慧・勇気・尊敬」の7つだよ。」

「人のマインドは限られたものだよ。自然とつながりユニバーサルマインドと繋がることが大切だよ」


「世界が混沌とする時にこそ、道を歩きなさい。とどまることなく、変化し続ける世界に学び伝えなさい」

氏の家にいると、私の歌の師であるバーノンさんが現れました。なんの約束もないのに、急に現れました。

素晴らしい再会を喜び、歌いました。

 

「こうした素晴らしい再会があること」これもまたグッドサインだよ氏言いました。

 

夕方は聖地ラビットバックの側のサンダンサーのロン氏の家にお世話になりました。

ロンの家はミシガン湖の畔にあります。

夕方祈りのタバコタイを作っていると

湖に彩雲が現れました


そんなサンダンスへの道を歩んでいます。きっと、よい学びをもって日本に帰ります。

私達はすべて繋がっていますね。

ホーミタクエオヤシン
山田拝

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

7Generations Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/

Rainbow Walk → 選挙 → これから 愛の発酵革命を進めていきましょう!

ウォークが終わり、神戸に戻って来て、自然農の田圃の除草をしています。


稲さんめっちゃ元気です。


世間の喧騒など、まったく気にせず順調に自然の理と共に成長しています。
流石です。自然農の田圃にいると元気になります。

僕たちは「選挙に行こう」の旗を掲げ、長崎から東京まで重さ20キロくらいの荷物を背負って2ヵ月半で約1400キロを歩いてみました。

今回の選挙をきっかけに、人間社会が持続可能で愛ある方向に向かって行くひとつの力になればと思い、母なる地球の愛をシェアする為に歩きました。準備期間も含め、自分達の出来ることは選挙にいたるそのプロセスにあると感じ、手から手へ、「愛をもって選挙に行こう!」のメッセージをチラシにまとめて手渡したり、心から心へ、交流会や路上で沢山の対話やライブをしてきました。今は時代の変わり目。このようなメッセージは自然に人間社会に広がっていくだろうとも感じていましたが、その愛の酵母の働きの一部になろうと、自分達に出来ることを精一杯してみました。
皆のお陰で無事に歩ききることができ、今までで一番力に溢れてゴールすることができました。ある意味肉体に起こったこの現象が、この活動が自然の理にそったものだったことを僕たちに示してくれています。
きっと愛の酵母はあちこちで確実に働いていると思います。今回の選挙にその効果が如何に現れるか?その結果を静かに待っています。

私たちは仏教やネイティブの智慧を駆使して、精神と肉体のバランスを取り、自然と調和していれば、無限の力が自然と沸いて来て、疲れることもなく、愛と命の力に溢れることが出来ます。そんな力に溢れていると、なんだか分かち合いたくなります。そんな感じで分かち合いたい人が増えて繋がっていくことが社会を愛で変えることであり、愛の発酵革命を起こしていくことだと思うのです。無限の愛の循環の一部であり、その力を体現し、分かち合うこと。私たちはそれを「歩く」ということで示してみましたし、そんな愛をいろんな形で体現している方々に今回も歩きながら沢山会うことができました。

そして、メッセージを普段よりもう少し広くシェアする為に、路上やあちこちで活動しましたが、やはり現状の厳しさもリアルに感じてきました。「Vote with Love(愛をもって選挙に行こう)」のメッセージにどれ位の人が共感して頷いてくれただろうか?社会の現実は利権の為に選挙に行く人が圧倒的に多かったり、選挙になどはじめから興味の無い人もけっこういるのが事実です。日本国民の大多数が世界は愛で出来ている!って思っていたらなんて素晴らしいのにな〜と思うこともありました。それでもって、道行く人から見れば僕たちは確かに変わり者だということも痛感していました。風貌も異様ですし。現代において、長崎から東京まで歩いて行くなんてあまり思いつく人も、実行する人もいないですものね。しかも喜んで力に溢れて歩き続けている。もはや理解不能の域ですかね?私達は現代社会では非常識であること、それも分かっています。

でも、稲が育つ姿と自分の姿を重ねて見つめたらどうでしょうか?
稲は土と水と太陽と空気の力を繋げて、循環の中で無限に成長していくことができます。
だから、人や他の生き物にもその恵みを惜しみなく分かち合ってなお、稲は栄えていきます。
人も自然の一部であることは同じ、本来、自然の一部であることにはどんな状況でも変わりなくて、そのことと人の意識と肉体がどう繋がっているか?が、本来の生命としての人として生きられるか?そうでないか?人間の社会が持続可能な自然のようになっていくか?なっていかないか?の選択を直接的に左右するのだと思います。

確かに、今の私は現代社会の中では変わり者です。
でも自然界ではいたってノーマル。普通の存在だと感じています。

かって、聖人と言われる方々も皆最初は変わり者だったし、アーティストの世界でも印象派の人達とか、有名な音楽家の多くもかつては皆変わり者です。自然農の福岡さんも川口さんも最初は変わり者でマイナーだった。でも、それがあるとき表現力や理解力や体現力が臨界点をこえて洗練された時、変わり者だったものが珍しいものに変わり、貴重なものに変わり、やがて世界に浸透していく。

今回、長崎から東京まで歩いてみて、確かに今までに比べ、多くの仲間たちと深く繋がり、愛も分かち合えた素晴らしいウォークになりました。それはホントに嬉しいことだったし、これからもこの道を進んでいきたいと思っています。
でも、それが社会の中で臨界点をこえて広がっていけるほどのものだったろうか?と考えると、それは、どうかな?まだなのかな?と思うこともあります。臨界点をこえたか?どうか?は今回の選挙の結果でも分かると思っています。

確かに、東京の三宅洋平さんの選挙フェスはおもしろい!議員さんになったら力強いと思いますし、メッセージのひろがり方も素晴らしいと思います。僕も都内に選挙権があるので、もちろん彼に投票したいと思っています。
ウォークで出会ってきた、神奈川や名古屋の女性達も素晴らしいし、神戸の皆も真剣に未来について考え繋がりを深めています。福岡や国東の皆の文化度も高く、長崎や広島にも深い祈りがあり、岡山にも確実なピースムーブメントがあります。もちろんその他にもいろんな所に素晴らしい愛の酵母のような人の繋がりが広がっています。今までブログなどでも色々シェアさせていただいてきました。

今回の選挙をきっかけにそのメッセージは広がり、その思いは愛の酵母のように皆の心に浸透したのではないかと思います。これから、大切なのはその酵母をどう保ち育て分かち合い、その繋がりを社会を愛で変える臨界点までもっていって、世界を愛で変えるか?ですね。ガンジーの革命はインド国民7%の支持者の協力で成しえたと言われています。この社会を愛で変えていくムーブメントは自然の理にそったものであると確信していますが、かつて、世間では変わり者とされていた本物たちも、自然の理にそっていたからこそ、世間の批判などはあまり関係なく持続可能で、その意義を全うされていったのだと思うのです。先ずは臨界点まで頑張りましょう!そこまで歩み続けましょう!

今回の選挙でもしも平和を真に求める人達が議席を伸ばしたら、今度はその方向性を増強させ、安保法制の廃案や、平和憲法を深く学び直し、戦争を放棄して平和外交で国を守る方向性の政策をより進めていく為に、私たちはより真摯に活動を続けていかなければならないと思います。
憲法前文には「平和を愛する諸国民の公正と信義に信頼して、われらの安全と生存を保持しようと決意した」とあります。先ず、私達が世界を平和にするような愛を理解し実践することが平和憲法の理念を実践していく上でとても重要なことですね。そこが今までの日本の政治に決定的にかけてきたところですし、これからは、そこが私達「愛の酵母」の役割になっていくと思うのです。
庶民の側に立つ人達が議席を増やすことを心から祈っています。

しかし、今回の選挙の結果がどうあれ、次にすべきことは私達にとってあまり変わらないとも思っています。もしも、改憲勢力が3分の2以上になったら、改憲が発議されて、国民投票になるでしょう。その時も同じように私たちは平和憲法の精神を学び直し、ただ、憲法を守るだけでなく、その平和の精神を如何に実践していくか?までクリアーにした上で、国民投票にのぞまなければなりません。
今回のウォークでも、政治にからむムーブメントをしてくのであれば、普段から政治を意識してどれくらい活動できているか?が問題なのだと思いました。多くのメディアは残念ながら庶民の味方でないことは明らかです。大手メディアがあまり期待できない分、自分たちの草の根運動は確実ながらも、浸透のスピードは早くないので、もう今からでも、その動きを始めなければなりません。
選挙の結果次第では、状況はかなり厳しくなることは分かります。でも、どんな状況になっても私は諦めないです。

ホントに世界を愛で変えていくのであれば、選挙期間中はもちろん、選挙の後の普段の生活でこそ、政治に私たち一人一人がさらに深く関わって行かなければならないことは明らかですし、選挙だけが政治でもありません。今回の選挙は、関わった皆にとって政治というものに普段から愛をもってさらにリアルに関わっていく大きなきっかけになったと感じています。
選挙が終わって少し休憩して、俯瞰的に現状を把握したら、また直ぐに始めましょう!



私は平和の歩みを続けます。皆さんと共に進んでいきたいです。愛の発酵革命を進めていきましょう!
どうぞよろしくお願いします。

ホーミタクエオヤシン

山田拝

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

7Generations Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/

7.2~4 東京 大船観音ファイナルイベント 愛の発酵革命 7月10日選挙に行こう Rainbow Walk

7月2日 代々木公園

ナワカミッグギャザリングの仲間と糸島からふじいもん君が来てくれて、ウォーク歩き終えたあとのホットなバイブレーションと体験談をシェアしました。

木々に囲まれ、深くて愛のある明るいシェアが沢山できました。歌って踊って喜び合いました。

アースガーデンへ移動して

縁ある人達にチラシを手渡しました。

ドリルの松岡さん いつもここぞと言う時にきている、世界の祈り融合シャツは松岡さんにいただいたものです。

VOTEバッチがお洒落です。

7gグッズを作ってくれているユルユルさん達とも再会。

今後またグッズを製作してくれることになりました。9月あたりからまた可愛い7gティーシャツや手ぬぐいなどのグッズが登場しますのでお楽しみに。よろしくお願いします。

選挙フェス@渋谷駅

あいかわらず盛り上がってましたよ〜〜〜!!!!

7月3日 ファイナルイベント@大船観音

今回、お寺とご縁を繋げてくれたジャワ君とお参りです。

大船観音さん!慈愛に溢れたバイブレーションを世界に発しておられます。

大船観音さん平和への祈りも真摯されており、境内には「核兵器もない 戦争もない 平和な世界を」と書かれた碑があったり

広島原爆の火が灯されていたり

長崎の爆心地にあった石が安置されていたり

戦没者の慰霊碑があります。

まさに私達が長崎から東京までさせていただいて来た、平和祈願の象徴ともいうべきよりしろが集まっている境内で最後の祈りをさせていただけることに、深い仏縁を感じました。

アイヌの長老 浦川治造エカシに来ていただき、神々、自然への感謝の祈り「カムイノミ」をしていただけることになり慰霊碑の前に場を皆で準備しています。

カムイノミ

カムイノミは「アベフチカムイ」という神様を先ず呼びます。

「アベ」は火 「フチ」は女性母親 「カムイ」は神を意味しています。

この祈りは火の神様を通して、あらゆる神々に感謝の祈りを捧げ、お供えをします。

先ずは東側に火を焚いて、エカシが神様の名前を一々いいながら祈りを捧げていきました。

独特の動きで手を合わせるその姿は美しく慈愛と力に溢れたものでした。

ここの仏様のお名前、山の名前、関わる人達のお名前も呼んでくださり、それぞれにご加護いただいた神々に感謝していただきました。

私達もお供えさせていただき、恵みをみなで分かち合いました。

エカシの大らかな存在は精妙な雰囲気の中にも笑顔が溢れる心あたたまる祈りをリードしてくれました。

感謝と愛にあふれた素晴らしい祈りの時をすごすことができました。

ありがとうございました。

美味しい食事 かよてさんが素晴らしいお食事を用意して下さいました。

本堂にてトークとお祈り

最初に少しお話させていただきました。

ファイナルイベントにむけてこんな想いが・・・

「皆さんもご存知の通り現代の民主主義のモデルはネイティブアメリカンのイロコイ連邦です。
そのモデルとされている本来の民主主義にはあって現在の民主主義には決定的にかけているものがいくつかあります。

私が特に大切に思っていること!
それは命を生み出す女性性への尊敬と皆が心を一つにする為に輪をつくり、全ての意見を尊重し、調和の内に社会を進めていく社会構造です。

今回のファイナルイベントではそんなことを、先ず私達が体現し民主主義の本来の姿を表現することで未来への平和なビジョンを共有しそれに向かっての一歩としての選挙に行こう!のメッセージを発信できたらと思っています。」

そして、長崎から東京まで歩いてきて尚力に溢れていることをシェアしました。

仏教やネイティブの智慧から、全ての命は循環の中で無限であることを学んできましたが、その教えを意識しながら、今この時の日本を歩いてみて自分がどうなるのか?そこにも意識を向けてきましたが、今回は今までのウォークの中でも一番力が溢れています。

サポートカーもほとんどなく、20キロ位の荷物を背負い、約1400キロの道のりを平和祈願と選挙に行こう!の旗を掲げて、いろんな人と対話しながら歩いてきました。

厳しい現実と向き合いつつも、大きな希望を同時に感じ、自分達の精神と肉体の状況は最高で無限の愛に溢れている感じがしていることをシェアしました。溢れているので分かち合いたくなります。分かち合うのが愛です。僕達は歩くという行為でその愛に溢れていますが、全国でそれぞれのあり方で愛に溢れて分かち合おう!としている人が増えています。そんな、愛が広がり、奪い合う世界でなく、分かち合う世界がくることを愛の発酵革命と呼んで私達は提唱しています。

そんな長崎から歩いて運んできた、愛の酵母をみなさんと今日は分かち合いたいです。

観音経を唱えます

僕達は毎朝、瞑想して観音経と般若心経と御真言を唱えて無事を祈願して歩きだしています。

大船観音さま、道中お護りいただいた観音様のご加護に感謝して皆でお経を唱えました。

アイヌの祈り、仏教、ネイティブ、そんな祈り合わせをさせていただきました。

「どんな祈りやお経も、根っこは命に感謝する思いでつながっている。全ては愛なのです。命そのものに繋がるので、全ては一つに調和できるのです」

観音様は慈愛の仏さま。

♡念彼観音力♡
<突き抜けてる無限の愛の力と一つになる。>
という意味をもつ観音経の一節。

皆で心から祈りました。

トークサークル

エカシからアイヌの歴史など、意味深いお話を沢山お聞きすることができました。アイヌに対する弾圧や差別などの歴史を聞き、私達は多くの学ばなければならないことを知りました。

ホントにこの日本の大地と繋がり直したいのであれば、この大地と繋がっていた人達に何が起こったのか学ばなければ、ホントに繋がることは難しいと思うのです。素晴らしいご縁をいただき有り難く思っています。

そして富士山の「フジ」はアイヌ語の「フチ(女性・母親)」がなまったものだと教えてくれました。私も富士山にいつも手を合わせて拝みますが、富士山はやはり女性の山だったのですね。

他にも色々お話いただきました。もっと今後とも学ばせていただきたいです。ありがとうございます。

富士山から2012年のウォークの時、特にお世話になりました御師のキコリさんが駆けつけてくれました。「御師」とは富士山に登る行者さんたちを先導するお役目の方々です。

富士山には「吉田胎内洞窟」というものがあり、富士山に登るだけではなく、この洞窟の中で祈る胎内くぐりという修行で、富士山の中に入り「生まれ変わる」という信仰があります。

これは富士山の溶岩とその時にあった大木の組み合わせで自然にできた洞窟なのですが、その中はまさに乳や肋骨のような形をした場所もあり、ホントに胎内を彷彿とさせるものがあります。私達はそんな富士山の文化や自然を守る活動をしています。

日本にもこうして生まれ変わりの儀式があります。ネイティブのスエットロッジやサンダンスもまさに生まれ変わりの儀式であり、こうして「生まれ変わる」という体験の中で人は命というものを生きている間に何度も見つめ直してきたのだと思うのです。

私達の生活のサイクルの中にこのような体験を復活させていくことも、命の文化を取り戻す大切なファクターなのかもしれません。

レインボーパレードの初代理事長のカワチダさんもご参加いただきました。

カワチダさんは私がデニス・バンクス師に出会った1999年のイベント「レインボーパレード」の理事長さんです。もしも、このパレードがなければ僕はデニス師に出会うこともなく、こうしてウォークをしていることもなかったと思います。こうして、ファイナルイベントにもご参加いただき、なんだか縁の有難さと、奇跡をかんじておりました。

現在も限界集落の町おこしやエネルギー問題などに関わり精力的に活動されています。

水野みさをさん

地球の為になにかしたい!と言う思いと古代フラが結びつき、学び踊ってきました。

そんな活動なかでジョンレノンのイマジンにフラのふりをつけて踊ったりしてきました。ジョンレノンといえばLove & Peace の象徴ですので皆にダイレクトにメッセージが届きます。でも、最近、いろんな所で踊っていると、ジョンレノンのことを知らない世代がいることを知りました。私も踊り通していろんな事を学び感じてきましたが、今後は次の世代に伝承するという意味でも活動を続けていきたいと思いました。

きよみさん

私はマシナハルプリンというダンサーに出会い多くを学び、踊りを通して活動してきました。

二人の子供がいますが、二人目の子供を出産する時は自宅で立って産んだのですが、家族と共にしたその体験は素晴らしく、感覚的にも良いものでした。あの体験を思い出すと20年間くらいは愛に溢れることができます。命を産み出すとはそのようなものなのです。

一緒に沼津から歩いてきた かっかちゃん

今回はホントに良い体験ができました。こうして歩き繋がれることにも感謝することができました。今後も深めていきたいです。

ユリさん

鎌倉を歩いている時に偶然ウォーカー達とすれちがい、FBなどで友達が話題にしていた人達だと気づき声をかけてご縁が繋がりました。

ユウキちゃん

選挙のことを考えると不安になる時もあります。寝る前に子供達と平和の歌を歌って祈るのですが、不安な思いから笑顔になれない時もありました。そんな時に子供が、「平和を願うなら 笑顔でなくっちゃ」と言って手を取って一緒に歌ってくれました。その時に涙がでて、心が溶けていくようでした。

最近は、子供達と駅前で選挙に行こうのチラシを配る活動をしたり、皆で良い感じで活動もしています。

濃くも愛に溢れたシェアが沢山できた、実り多きトークサークルになりました。

女性性をリスペクトし、それを社会に還元していくシェアがしたいと思っていたのですが、そんな方向性を実践的に深め広げていく良い智慧を分かち合えてうれしかったです。ありがとうございました。

7gバンドライブ

最後は打ち上げです。

皆で心から喜びを表現し、分かち合いました。

この命の喜びが自分達の為だけでなく世界の平和に繋がっていると意識するとさらにその喜びがリアルに増します。

自分と言う枠をこえた大いなる命の喜び

そんな愛の無限の力をシェアできて浄化されたようでした。

皆で愛の酵母をいろんな形で分かち合えたファイナルギャザリングになりました。

全てのつながり、道中支援して下さった皆に心から感謝しています。
ホントにありがとうございました。

7月4日 サンライズセレモニー@観音崎

今回のウォークの最後のお祈りを4日の日の出と共に観音崎でパイプセレモニーをして捧げました。

終わりにして新たなる始まり!

放射能、戦争、憲法、TPP、などなど、今、向き合わなければならない問題はありますが、その問題をつつみこみ、世界そのもの、地球をも包みこむような、大きな命の愛の力で私達は生かされ繋がっていることを常に意識しながら、この変化の荒波を皆と共に乗り越えていけたらと思います。

ウォークは終わりましたが、この無限で愛と力に溢れたバイブレーションをキープして愛に酵母をシェアしながら活動を続けます。

7月10日の選挙の日まで聖地で祈りをささげ、路上活動なども続けてしますね。

平和を祈り、今回の選挙にもそれぞれのスタンスで積極的に関わっていきましょう。

つながるすべてへ
ホーミタクエオヤシン

山田拝

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

Rainbow Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/