<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
田植え〜サンダンスへ
命の行進に参加した後
田植えに取りかかっていました。

6月22〜27日

麦を刈った後の田圃を、田植えが出来るように徐々に整えていきます。
赤目自然農塾やシンゴさん達に教えていただいた事が頼りです。


先ずはあぜ塗りをしました。こうすることにより田圃の水が漏れなくなります。
なかなか綺麗に仕上げるのは難しいですが、むかし砂場で川を作って水を通していたのを思い出していました。なんだかワクワクします。


水が入ると急に田圃の雰囲気が変わります。

凸凹を整え、草を刈って、麦わらを敷いて、いよいよ準備完了です。

田植えを開始します。

紐を張って、真っ直ぐに!もうドキドキです。


苗さんも大きく育ってくれました。


一本一本祈りを込めて植えていきます。


時には歌いながら、淡々と、でもワクワク、はまる作業です。

以前、サンダンスで出会ったネイティブが祈りの歌を歌いながら種を蒔くと、障害に負けずセイジが良く育ったことを教えてくれたのですが、
その時に見せてくれたセイジはすごく立派で印象的でした。


僕も、そんな思いや祈りが通じることを自然と信じていまして、歌いながら、祈りながらの作業です。
なんだか、苗さんも喜んでいる気がするし、何より自分が気持ち良いですし、コンスタントに田植えがはかどる感じでした。

育てていた人参も大きくなりました。


水連も咲き、なんだか嬉しく聖なる気持ちです。


27日
綾部にお参りにいきました。
大本教の出口春日さん達を尋ね、初物の人参をお供えさせていただきました。

なんだか嬉しい。

近くの聖山へ

良いお参りでした。

祈りを繋いで行ければと思っています。


ウォーク9をづっと歩いていたカンペイ君のお家にお世話になりました。

カンペイ君!農もしていて、米やら野菜やら、素晴らしくグラウンディングしています。
夜は大パーティーをしていただきました。
大ご馳走!

沢山の志ある人達が綾部に集まってきているようです。
昨年は
春日さんたちが企画した「感謝の祭り」も大成功だったようですし
祈りのある、グラウンディングした文化が綾部で盛り上がっている感じがします。
流石です。

28日 
若狭の小浜町の明通寺さんに行きました。
29日から行われる、「若狭ゆずり木平和祭」の準備のお手伝いです。

ステージ用のティピを建てるお手伝いをしました。



昨年の今頃は大飯原発の再稼動で大揺れに揺れたこの地域。
その時、運動に関わってきた若者達の企画です。

29日 「若狭ゆずり木平和祭」

平和を訴える音楽やマルシェをしたり、
いろんな人同士の対話の場を設けたり
地元でづっと原発反対運動をしてきた住職の中嶌哲演さんのお話など
国宝のお堂が建つ、祈りの場で
平和祭が行われていました。

自転車発電しながらのライブ。
自転車を漕いでいるのは今度の参院選に緑の党から立候補した
兵庫県の松本なみほさん

当日は天気もよく、色んな人が訪れ、和やかでした。
僕はお昼までの参加でしたが、最後までいたヤマチ君の話では
平和な、対話のある、良い集まりになったようです。
詳しくは、またいろんな方の報告を見ていただければと思います。

30〜2日
そして田植えを頑張りました。
自然農の田植えは、普通の田植えの印象とはすこし違って
一本一本に手間をかけるので、少しづつ進みます。
2日からの渡米の準備もしながら、楽しんで田植えをしました。

2日
出発の日になってしまいましたが、とうとう田植え完了です。

やり遂げた!感じ。
こころおきなくサンダンスに旅立てそうです。

大急ぎで関空へ!

午後、皆と合流して、
いよいよ祈りの旅にアメリカへ出発します。

★ ★ ★ ★

今年は昨年ほど歩いていませんが
自然農を学びながら、
昨年ウォークで得た経験を、生活に活かしていこう!としています。
そして、思いやメッセージを共有する活動も
バランスよく続けて行けたらと思っています。

やはり、自然の理と共に生きるのは気持ちがよく、力と喜びに溢れます。

2012年のウォークの時は、一歩一歩の中に、無限にループする命の力を感じ、
自然の理と心身を共鳴させることの素晴らしさを感じていました。
そして、大地自然とも共鳴するような体験を得て、
7世代先の子供達にもきっと通じる、
大いなる愛の内にある循環する命の理を、魂深くで感じ得たウォークでした。
(2012年9月12日 四重の虹@甲府)

今は、その体験を、また違った形で、生活の中で活かしていきたい!というのが僕の願いです。
自然農をしていると、そんな暮らしに着実に近づいていけている感じがして有り難いのです。

ちょっとこの前福岡正信さんの「わら一本の革命」の言葉を耳にしました。
http://youtu.be/aBtaRJvvsK0

「革命というのは
このわら一本からでも起こせる。
このわらは軽くて小さい。
だが人々はこのわらの重さを知らない。
このわらの真価を多くの人々が知れば、
人間革命がおこり国家社会を動かす力となる(わら一本の革命より)」

僕の浅はかな理解ながら「なるほど!」と思っていました。
「わら一本の価値を、凄さを、奇跡を理解し感じるところから、革命は始まる」

ウォークの時に一歩一歩に感じた奇跡を思い出しました。

福岡さんや川口さんや自然農を志す皆さんが起こした革命は進行中です。
僕も、物質至上主義文明から抜け出す生き方がしたいです。


母なる大地と繋がる
ネイティブのサンダンスの祈りの体験は
そんな、僕の願いの根底を支えています。

本来、母なる地球や太陽、宇宙の恩恵に100%依存しているのが
人間であり生物です。

母なる地球と共にあること。
本来の自分、人間に戻り
そこから未来を考える。

大地と共に在る時、その瞬間を深くそのままに感じられるのであれば
大きな愛に生かされいる、感謝と感動が溢れます。
地球、宇宙!その大いなる命の循環の中にある自分の命。
あまりの大きさに、自分の小ささに愕然とする事もありますが、
そんな小さな自我を手放して、その大いなるものと、謙虚に、ひとつであることを感じられた時、
大いなる力と共鳴する感動を得ることがあります。
そして
「感謝してもしきれないものに感謝しようとした時、僕の中に祈りが生まれたました」

感じられれば、私達は、
全ての瞬間、その奇跡の内に生かされていることに気づくのです。

しかも、
その感動の中にいるのは自分だけではない。
皆、そうなのです。

その感動をシンプルにシェアすることに
凄く長けているのがネイティブだと感じています。

(2012年 サンダンス ミシガン)

そしてウォークは
その祈りから、メッセージを皆に届ける為に生まれたのかしれません。

私たちは皆で生きています。
原発も私たちの地球、日本、暮らしの一部です。
あらゆる紛争や戦争、欲に溺れた人達とも同じ世界に生きています。
だからこそ、その祈りと喜びを
シェアすることが大事なのだと思います。

どんな人でも
本来、大いなる命の循環の中で
生かされているのは同じ。
そのことに深く気づいている
人達が作り上げていく
暮らしや、コミニティーや地域や国はどんななのだろう?!

考えただけでも、ワクワクします。

自分が常に命の理と共にある暮らしをし毎日を送ること
そして、その感動と喜びをあらゆる人とシャアすること。
自然の理をお手本にし
そのままに生きようとするならば
それが、自然に起こってくる人間社会の流れなのかもしれません。

全ての人が命の理と共にありますように。

ネイティブに謙虚に学び
祈りを深め
私に繋がる全てのものに
この祈りを捧げます。

そして、母なる大地からのメッセージと共に
日本に戻りたいと思っています。

ありがとうございます。

ホーミタクエオヤシン

山田

7月3日 デトロイト空港近くのモーテルより



麦の脱穀&唐箕(とうみ)しました。
先週皆で収穫した、麦をはざかけして天日干しをして一週間たちました。

6月17日
いよいよ脱穀します。
ユルユルさんのご縁でいただいた、足ふみ脱穀機の登場です。


麦が穂からみるみる取れていきます。


人力の農器具!
素晴らしい活躍をしてくれました。

6月18日
朝、田圃にある水蓮が花を咲かせました。

今日は唐箕(とうみ)をかけて
昨日穂から取れた麦を
風の力を利用して皮と実に分けます。


これが凄い威力!

麦が出来ました!

美しい麦!
人生で初めて
種を蒔いて、お世話して、収穫した
麦です。

なんという有り難い感動!
しかも
機械を使わず、すべて人力で出来ました。

自然の理の中で生きたいという願いが
少しづつ実現されていきます。

やはり、自然の摂理に添って、健康に感謝と共に生きたい。
化石燃料に頼らず、
自分の心身と智慧を使って
生きていく。

大量消費社会
物質至上主義から自立して、
自然の理と共に生き
その恵みを皆で分かち合う。

その暮らしに現代の形で立ち戻ることが、
今の社会問題の根本的な解決策になると感じています。

しかも、
そこには感謝と喜びと
溢れる命の力があり
真の幸せがあるように思うのです。

その暮らしを実現していくことが
7世代先の子供たちに
幸せを届けたいという
祈りを実現させていくことなのかもしれせんね。

この感謝の祈りを
私に繋がる全てのものに捧げます。

ホーミタクエオヤシン

山田
麦刈りをしました\(*^▽^*)/
麦がたわわに実りました。

金色に輝くようなその姿は本当に美しい!

6月10日〜12日、皆で麦刈りをしました。
 

冬に種を蒔いて以来、いつも心には麦さんの事があったように思います。
芽が出ては喜び、冬の寒さに耐えられるの?と心配したり、
だんだん大きくなって来た時は成長の早さが気になったり、
穂が出てきて、小さな花が着いた時は、本当にワクワクしていました。
色々な事はありましたが初心者の僕たちでも、種を蒔けば
こんなにも大いなる恵みと喜びを、母なる大地は分け与えてくれる。

自然や大地は本当に凄いな!と思います。
よく考えると、奇跡のような事が起こっているのだなと、
実感して感動していました。

種を大地に下ろすと、その種はいつか実の時を迎え何倍にもなってしまう。
人は自然の理により添って、すこしだけ手をかすだけで
大いなる恵みを自然が私達に分け与えてくれます。
そしてまた
麦わらを大地に還したりして、その恵みを循環させ、
自然の理に添うことを心に大地と共にあれば、
年をおうごとに大地は更に豊かになっていく。

そんな自然と命の理と共にある
自然農の在り方をリスペクトし、心から共感しています。

無限の命の恵みの循環がここにあります。
本当にありがたいです。

ウォークの時も、自分の内と、自然が繋がり
エナジーの無限ループを感じていましたが
その、喜びがここにもありました。
感動です。

自分が自然の一部であることを実感できることは
一番幸せを間近に感じられる時だと思います。

命の力と喜びがここに集約されているようでした。

最終段階で鳥が凄くたくさん麦を食べにくるのでネットをして防御していました。
ほんとに色々ありましたが
ネットもいよいよ外して、収穫の時を無事に迎えることが出来ました。

葉山からモモちゃん、コズちゃん、も来てくれて
感謝と喜びモードで麦刈を始めます。





昼は畑で持ち寄りでお弁当を食べます。
是がまた美味しい!
輪が収穫の喜びとエナジーに満たされている感じもします。

快晴の天気の中

11日の夕方。
もう少しで麦刈り完了です。
モモちゃん、コズちゃんが来てくれたお陰で
楽しくスムーズに麦刈りできました。
皆でやったら、やっぱり楽しいし、力に溢れるし
喜びもシェアできて、有り難いですね。

シンゴさんに、はざかけの仕方を教えてもらっています。

近くに自然農にづっと携わってこられた
信頼できる先達がいてくださるのは本当に有り難いことです。
お世話になっております。

無事にはざかけ完了!
天日に干して太陽にかざして乾燥します。
もう少し、乾燥させて、
そして脱穀して、小麦粉にしてみたいと思います。

まだまだ楽しみは続きます!

      

11日の夜は皆でパーティーを!
皆で美味しいご飯を料理して食べて、
葉山から愛ちゃんも来てくれて大盛り上がりでした。

12日は
愛ちゃんとえっちゃんも合流してくれて
シンゴさん達の畑をお手伝いさせていただきました。
感謝の歌を歌ったりしながら、本当に喜びに溢れて、麦刈りが出来ました。

愛ちゃんも麦刈りをしたのは初めてだったようで、
「いつも食べている麦が美しく実っているのを見て感動した!」
と言っていました。

そんな恵みを直に味わい、
母なる大地と共にあった人本来の暮らしに戻ってこれた気がしました。

そして
大いなる喜びと感謝を込めて
歌を歌ったりしながら収穫し
皆でその喜びをシェアする!

命の視点、命の力で
母なる大地、自然の理と共に生きる
持続可能で、7世代先の子供達にまで幸せが届けられる
暮らしへ一歩また近づけたようでした。

おおいなるもののお導きとご加護に
心から感謝の祈りを捧げます。

ありがとうございます。

ホーミタクエオヤシン

山田







自然農で育てた麦が大きくなってきました。
結い旅から帰ってきて
早速、畑に行きました。

持続可能な生活をして
自然の理と共にいかに暮らしていくか?
と考えた場合
やはり、自然農の考え方は理にかなっていると感じますし、
山間部では里山の智慧を活かしていくことが大切なのだと感じています。
私たちもそれを実践していきたいと思い
神戸のモーニングデューファームのシンゴさん達にお世話になりながら
赤目自然農塾に通い、自然農を勉強させていただいています。
たまに、自分の無知さに唖然としますが、
自然農はとてもやりがいがあり、気持ちよく
コンセプトも聞けば聞くほど納得な感じです。
実践方法として完成されていて、
肉体と精神の使い方という点でウォークで培ってきたものも応用できるので
自分としてもシンクロしやすく有り難いです。

昨年末に種まきした麦がグングンのびています。
穂ができると急に麦らしくなります。
なんというかイトオシイ!

春先に植えた小松菜もワサッと生えています。
間引きながら、頂いています。
ありがたくて、美味しい!!!
大地に種を蒔いて
雨が降り注ぎ
太陽が照らして
食べ物が出来る!
なんて、不思議で凄いことなんだろう!
そんな奇跡的な自然の恵みの一部であれる感謝が
身体の奥から沸いてくる感じです。


稲の苗代も作りました。
結い旅に出発する前に作っていったのですが
スズメさん達に入られてしまったので
念の為にもう少し作り足しました。



大鹿村のアキさんに去年いただいた
HOPIコーンも
祈りと共に植えてみました。
大きく育ちますように。

なんにしても野菜や穀物は自分で作るのが一番。
出来た作物がいとおしいし感謝も喜びも全然違います。
もしも、作れない場合は
安心して食物が得られる、信頼のネットワークが必要ですよね。

★ ★ ★ ★

最近TPPのこともあり
いろいろ食べ物のことも勉強しています。
遺伝子組み換えのこと
添加物のこと
残留農薬のこと
調べれば調べるほど恐ろしくなります。

日本の奇形児の出生率は最近約2パーセントまであがり
他の国と比べても世界トップクラスに悪い状況にあります。
これは福島原発事故の前からそうだったので
おそらく添加物などの影響は多大だと思います。
日本の添加物の種類も、農薬の量も、他国にくらべてやはり圧倒的に多いのです。
原発事故の後、放射能の影響も考えると
これから子供達の健康を守っていく為には細心の注意と連帯が必要です。

最近は買い物する時も
添加物や遺伝子組み換えに更に気をつけています。


皆さんご存知のように
TPPは表向きのイメージとは違い
大企業の世界統治を決定着けるもののようです。
TPPは地産地消も結局は許したくないのです。
結局は大企業が儲ける為のものなのですから。

TPPが表向きに言っている世界基準よりも
地域にあった食の安全性をまもる智慧が日本には沢山あるのです。
季節にあった食べ物は健康を守ることになるし
発酵食品の智慧とか保存食とか。
地域地域にある智慧を世界基準に合わせて考えようとする事自体ナンセンスです。
私達に必要なのは世界基準を強制されることではなく
その土地にあった地域や里山の智慧を復活して森や自然を守り
小さな地域で自給し
あまった分をシェアして生きていく方向性なのではないでしょうか?

私達の足元にある豊かな大地に目を向け
せっかく、安全な食べ物を自分達で得ようとしても
それを妨げてくるのがTPPのようです。

詳しくは、また
お互い調べあって、なんとか、世界を良い方向に向けて行きましょう。

参考HP


★ ★ ★ ★

TPP反対に反論している学者さんや政党もあります。

彼らが何故TPPを推進したいのか?
考えてみるのも良いことかもしれません。

問題の根幹は物質至上主義だと思います。
その象徴は原発です。
お金が沢山あればあるほど幸せ!という価値観が根底にありますが
それは間違いです。

もちろんお金も必要です。
でも、それは道具としてであって、目的ではないことを
しっかりと意識しなくてはなりません。



★ ★ ★ ★

(4月20日 アースデイ東京にて ラウンドダンス)

私達の幸せは
母なる大地との繋がりを実感し
食べ物や仲間に対する
「感謝」の中にあり、
それを「分かち合う」ことによってその喜びは増し
エネルギーが循環する円になって
持続可能になっていくのです。

その繋がりを取り戻して生きましょう。

子供達を守れますように。
7世代先の子供達に幸せが届けられますように。

ホーミタクエオヤシン

山田