<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
夏至のスエットロッジ報告 @ 普光寺 森ヶ谷 グラウンド
6月21日
夏至の前日、スエットロッジをしました。
今回もご縁の皆が集まり、祈りと浄化の時を共に過ごせたことに感謝しています。


今回は凄く、パワフルな祈りになりました。
今までも数え切れないほどのスエットロッジに参加してきましたが
おそらくベスト10には入るくらい今回はパワフルでした。
ゴールデンウィークのキャンプの時も同じ石を使っていたのですが、今回は前回よりもロッジの中が大分熱くなった感じです。確かに良く石が焼けていたというのもあるかもしれませんが、明らかにそれだけではない、なにか魂に直接伝わってくるようなエネルギーを感じました。
夏至のせいだからでしょうか?

スエットロッジは母なる地球の子宮を表していて、その中に私達が入らせていただき、生まれ変わる儀式です。
生まれたての赤ちゃんは、命の輝きと力に溢れています。そのような元来のエネルギー状態に私達を調整する働きもあるのかもしれません。
往々にしてスエットロッジの中は凄く熱くなることが多いのですが、それは、子宮の中のエネルギー、本来の命の力を現しているだと感じていました。
今回はなんの説明もいらない位、その力がダイレクトに体感できるものでした。
そして、その力はとても強く愛に溢れていて、自分のエゴや他との違いなどが出てくる余地もなく、ただひたすらにその愛と力に包まれている感覚で、命の源が一つであることをリアルに体験できました。
私達は、あの大いなる力から生まれ、活かされ、そこに帰っていく。
その真実を目の前に、こころは感謝と愛に溢れ、皆と一つのところから来たことを実感していました。

私達は一つ。それはリアルなことでした。

もう、傷つけたり、殺したりはできない。平和の源に目覚めることができたように感じています。


そして、
スエットロッジが終わり、皆でご飯を食べようとした瞬間



完璧なタイミングで虹が出ました。


天は見ている。大いなるものは見ています。

夏至の時、大いなる力に導かれ、天地と繋がる素晴らしい祈りの時を過ごせました。
天地と繋がるがゆえに、私達は命の源と繋がり
一なる命の源と繋がるが故に、私達は一つになり
調和の内に、世界が幸せと平和に溢れていくビジョンを見ました。
皆、愛からできていますね。

これから7月7日〜8月9日まで
7 G Walk for Peace 広島〜上関〜玄海〜長崎を企画しています。

私達が
命の道の上を、美の内に歩んで行けますように。

世界が平和でありますように。
子供達を守れますように、7世代先の子供達に幸せが届けられますように。

おおいなるものよ、私達をお護り下さい、お導き下さい。

ありがとうございます。

ホーミタクエオヤシン。

山田圓尚拝





6月の普光寺 森ヶ谷 グラウンドの予定  6月10〜16日 断食護摩修行  20〜21日 夏至のスエットロッジ
6月の普光寺 森ヶ谷 グラウンドの予定
10日(水)〜16日(火・新月) 断食護摩修行
20日(土)〜21日(日) 夏至のスエットロッジ

(普光寺 森ヶ谷 グラウンド開設ブログ コンセプトや要綱が載っています。

先日のスピリットオブサンダンスキャンプも無事に終了し
6月の準備をしています。

6月10日(水)〜16日(火・新月)まで
7日間の断食護摩修行をします。


以前から7gのブログをご覧の方々はご存知かと思いますが
http://blog.7gwalk.org/?cid=56097
7日間の断食護摩修行期間は毎日
午前5時半 9時 午後5時(最後の3日間は2時)の三回 護摩修行をします。

護摩修行中は、不動明王の浄化の炎を壇上にお迎えし、御真言を唱えながら祈ります。

断食方法
最初の4日間は精進料理−五穀(五穀断ち)の食事を少しして、
最後の3日間は断食断水で修行をする方法です。
断食明けの復食には、どんぶり約5杯の人肌の水に梅を溶いて一気に飲みます。その間にキャベツ半玉くらいを味噌をつけて生で食べます。そうする事によってたまった老廃物と共に直ぐに排出し、胃腸が洗浄されます。その後、お粥と味噌汁頂くのですが、ピカピカの胃腸からエネルギーが入ってきて力に溢れ、断食の意味が何倍にも感じられ、そうすることで一気に復食し、元気に次の日から動くことができます。
この方法は比叡山のお師匠さんに教えていただいたのですが、インドの行者さんもこのような方法で伝統的に修行されているいるそうで、最近でもアトピーの体質改善にも活用させれいるそうです。
確かに、私も肌の調子はよく、艶々です。やはり胃腸が綺麗だからでしょうか?

前回一緒に断食明けした参加者もかなり気持ちよかったようで「画期的な方法o(^-^)oで、また是非やりたい☆彡」と喜んでいました。精神修行が根本にありますので、リバウンドを防ぐことも念頭にありますし、心身を清めることは、良い暮らし、良い社会への着実な一歩になるとなると確信しております。そんな素晴らしい、断食の修行方法の智慧も皆さんと分かちあえればと思っています。

断食護摩修行の目的

断食は修行の方法であって、目的ではありません。
目的はあくまで、「宇宙と一体になること」、密教的に言うと「仏の三密(身口意)と私達の三密(身口意)を一体にすること」です。
断食をすることによって、その修行の本質的な助けになります。
「本来、私達はみんな仏である」(一切衆生悉有仏性)というのが仏の教えであり事実かと思いますが、その本来の私達に近づく為の修行とも言えると思っています。
その体験は以前にも7gブログで報告させていただいていますので、是非ご覧下さい。
http://blog.7gwalk.org/?cid=56097

断食修行、ご参加希望の方があれば是非、ご連絡ください。
全日程参加はもちろん歓迎ですし、
最後の座(16日の2時から)のみお参りいただけるのも大歓迎です。ご都合の合う時だけ参加も大歓迎です。一緒に修行の功徳を分かち合いたいです。護摩札をお書きす事もできます。ティピの中で一緒に修行できる人数には限りがありますので、最高でも20人くらいまでが定員と思っておりますが、臨機応変に対応させていただきますので、お気軽にご連絡くださいませ☆彡宿泊のご案内などもさせていただきます。

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

スエットロッジ


6月20日(土)グランド整備・スエットロッジの準備とトークサークル
6月21日(日)夏至のスエットロッジを行います。

グラウンド整備

現在、コンポストトイレが一棟出来上がっております。なかなか快適!と評判も良いです。

以前からある、小屋も良い感じです。
今後は、もう二つ、コンポストトイレを作り、井戸も掘りたいと思っています。水はけを良くする為の溝も必要です。
大人数が入れる大きなティピもデニス師が来たときなどに必要かと思っています。
そんな、作業も皆で協力して出来ればと思っています。
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m


これから、クローバーの種を撒く予定です。場内の居心地を良くしていきたいです。

スエットロッジ

スエットロッジは
ネイティブアメリカンに伝わる浄化と再生の儀式です。
ロッジは母なる地球の子宮を意味しています。
その中に焼けた石を招きいれて水をかけます。
祖父である石の声を聞きます。そして、もう一度私達は母なる地球の子供であることを体験的に思い出します。そのように生まれてきた命として私達は皆同じで一つであることを思い出すのです。
今年の11月にもデニス・バンクス師をこちらにお迎えする予定です。
今まで師より教えていただいてきた、教えを守り、深め、実践して行く為に定期的にスエットロッジを行って行きたいと思っています。

ご興味のある方はご連絡くださいませm(_ _)m

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 


7 Generations Walk の活動では今まで、歩きながら、7世代先まで続く社会を目指した智慧やメッセージを共有してきました。今後は、この普光寺 森ヶ谷 グラウンドという祈りの場を持つことを合わせ、両面からの活動をしていけることに、大きな希望を感じています。

普光寺 森ヶ谷 グラウンドは
ネイティブ、仏教、大本教の教えが、自然の中で融合する場所。
「自然の中の祈りの場」です。私としては、私達が母なる地球と繋がりなおし、祈りを命にもう一度深く繋げる場所にしていきたいと思っています。


私達の未来は、私達の今の在り方にかかっています☆彡
私達の在り方を本来の命の在り方に帰することができれば、
自然が今まで何代にも渡って命を培ってきた姿にもどり、
7世代先(永遠)に続く未来へ確実に繋がっていくと感じています。

本来の私達は、自然と一体であり、仏と一体であり、宇宙と一体です。
そんな事実に基づいて、今の現実に向き合っていける、
命の力を深いところから共鳴させていくことがとても大切なのではないかと思っています。

ぜひ、普光寺 森ヶ谷 グラウンドの活動にもご参加くださいませm(_ _)m
どうぞよろしくお願いします。

いつもありがとうございます。

ホーミタクエオヤシン

山田拝

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

7gウォーク・普光寺 森ヶ谷 グラウンドの運営資金に是非ご協力下さい。どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。

http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
お問い合わせ

7 Generations Walk 
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/

 


スピリット オブ サンダンス キャンプ @ 普光寺 森ヶ谷 グラウンド 報告
スピリット オブ サンダンス キャンプ報告

今回のキャンプは最近私達が開いた場
自然の中の祈りの場、普光寺 森ヶ谷 グラウンドで
5月2日〜5日の4日間行われました。

この地での初回のキャンプということで、準備などに戸惑うこともありましたが、
結果的には、素晴らしい体験を皆で共有することができ、大成功でした。
ありがとうございました。

普光寺 森ヶ谷 グラウンドに、皆の謙虚で真摯な祈りのバイブレーションが注がれ、神仏、自然、精霊が応えたような瞬間が何回もありました。
この、愛に満たされた、精密で、無限の命の力に溢れた、祈りのバイブレーションが波紋のように広がり、世界が平和でありますように。子供達を守れますように!
これからも精進していきたいです。


今まで、ウォークで実感し伝えてきた、
7世代先まで(永遠に)続く、自然と調和した、人の在り方を確認し合うことができました。
原発や戦争や自然破壊にはもちろん反対ですし、今までも声を上げてきましたし、これからもアクションをしつづけます。
その上でさらに重要なことは、それでは、反対して、自分達はいったいどっちの方向に進みたいのか?ということを明確にしていくことです。
その方向性を具体的に形にし共有していくうえで、命、自然と共にある祈りは、生活や運動の礎となるべきもので、不可欠なものだと思ってきました。
その、祈りを共有できる場ができて、これから真の平和への道が更に明るく照らされ、
命の道の上を、美の内に、力強く歩いていけそうです。

大いなるもののご加護とお導き、この地を貸してくださる地元の方々、精霊、ご先祖様、大自然、ご縁の方々に心から感謝しています。ありがとうございます。

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★

オープニングセレモニー
ネイティブと大本と仏教、そして諸々の祈りを融合させたセレモニーをしました。
心開いて、わになって、共に祈れば、形や式次第は良い形に調和できるものです。

出口春日さんによる、大本のお祈り


仏教の祈り


沖縄出身のタバーンさんがエイサーを奉納して下さいました


ハルさんは
ネイティブとの繋がりも深い
日本山妙法寺の祈りをリスペクトして真摯にお題目をお唱えいただきました。

その後はネイティブの祈りを!
パイプなどは撮影禁止なので写真はありませんが
ホントに力強く素晴らしい祈りになりました。

昨年のスピリットオブサンダンスキャンプに来ていただいた
メディスンウーマン、ライナハートさんにも祈りを捧げました。
実は今年の初めに癌で急逝されました。
ライナさんが伝えてくれた、女性の教えは、崩れてしまった現代の男性性と女性性のバランスを取り戻す為にも、とても大切なものです。その教えと祈りを心からリスペクトし、無理を押して昨年その教えを届けてくれた愛に感謝して祈りを捧げました。
祈り通じたのか、ライナさんのスピリットがこの地に降りてきたことも感じることができました。普光寺 森ヶ谷 グラウンドに今後もライナさんのスピリットのご加護があることと思います。

ライナさん!いつもありがとうございます。

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★

トークサークル

毎日トークサークルを開いて、ネイティブの教え、大本の教え、仏教の教えをシェアしました。
これらの教えが融合出来るのは、
全ての教えが命を思考し讃え、命の根源を祈りの対象としているからです。
命の根源は一つなので、真に近づけば近づくほど、その表現方法は違うけれども、理解しあえるのです。今回のトークサークルでは、厳かな雰囲気の中にも笑顔が溢れ、私達はひとつなのだと腑に落ちる瞬間も沢山ありました。

ハルさんからは主にネイティブの教えが語られました。
ハルさんはサンダンスやウォークの道の良き先輩です。
2004年のWPPDのオーガナイズをされていて、上の写真のホワイトバッファローカーフウーマンの教えをシェアしていただいたり、ハルさんより以前から如何に、その祈りが日本の人に伝承されて来たかということなど、お話していただきました。

出口春日さんからは大本の教えの入門編をお話いただきました。

大本が信仰の対象にしているのは
「生命の根源である神であり、だからがゆえに、全てのものは神の断片である」こと。
そして、大本の信仰のあり方の一面に
天地、自然、生命を深く観察して、神の姿や働きを知ろうとしていること。

全ての教えの根源は一つであるという「万教同根」という教え。
言霊のことなど、深く共感できることばかりです。

山田は仏教者ですが、ネイティブの教えに触れることによって、それまでは、どうしても得ることの出来なかった、命の実感が、ウォークやサンダンスで得られたこと、そして、その体験を仏道修行に持ち帰ったら、自分の仏教に魂が宿った体験談などをお話させていただきました。
また、先日の7日間の断食護摩修行の時も、大本さんの「宇宙の本源は活動力にしてすんわち神なり」という教えに深く共感したお話などもさせていただきました。

参加者からも活発なお話が出て、お互い凄く勉強になったと思います。





スエットロッジ


キャンプ

コンポストトイレもサハラさんの尽力もあり無事に完成し、
お天気にも恵めれて、良い時間を過ごすことができました。

決して贅沢ではないですが、祈りの日々の中、皆で一緒に食べる食事はホントに美味しく、
私達を満たしてくれました。

ドラムサークル



クロージングセレモニー
最後のトークサークル。皆それぞれの良い体験や学びの報告が聞けて、よかったです。

4日間のキャンプの無事に感謝し
神仏、精霊、全ての繋がるものへ祈りを捧げました。












大本 愛善荘にお礼参り
ホントにいつもお世話になっています。大本の神々、春日さんや地元の方々が良くして下さるが故に、こうして祈りの場を私達は持たせていただいています。感謝を込めて皆でお祈りさせていただきました。

素晴らしいご縁の中で
信仰の違いを越えて、祈りと教えが融合できた素晴らしいキャンプになりました。
神仏、精霊、自然からの祝福もいただき、
自分達が目指していきたい方向性もより明確になったと思います。

これからも
命の道の上 祈りと共に 美の内を 共に歩いていきたいです。

この祈りが世界の平和、そして子供達の幸せに繋がっていきますように。

ご縁の皆様、
本当にありがとうございました。

ホーミタクエオヤシン

山田拝



普光寺 森ヶ谷 グラウンドをバランスを取り戻す場所、自然の中の祈りの場にして行きたいです。

乗り物や、現代社会の都会的暮らしは便利で確かに素晴らしいものです。
しかし、その快適さの反面では風の気持ちよさや、太陽のありがたさ、空気の清々しさなどを直接感じる機会を奪ってしまい、自然との繋がりが希薄になってしまっているのではないでしょうか?
以前、私もそんな、生活の中で「何か満たされない」という状態が続き、もっともっとと貪り続け、いつしか身体の調子も優れず、心も晴れず、それでも尚、求め続けて、さらに心身は荒廃するという状況だったと思います。
しかし、それでも何かを求め続け、音楽を通してご縁が繋がり、デニス・バンクス師とネイティブの教えに出会うことが出来ました。
サンダンスやウォークやイベントを通して、本当に多くの事を教えていただきました。
その中で、自分の価値観を大きく変えた体験や教えがいくつかあるのですが、その内でもっともインパクトが強かった教えの一つが「一杯の水の中にある奇跡」でした。



2006年私はデニス師がリードする「Sacred Run」に参加しました。数人のランナーがリレーで走りアメリカを横断しながら「All Life is Sacred」などのメッセージを伝え、環境保護などを訴える活動です。私は出発地点のアルカトラズ島から参加しました。

そして、多くのランナーと共に走り続け、途中、カリフォルニアのジョシュアツリー国立公園近くの砂漠を走りました。一人10マイル(16キロ)づつ走ります。もちろん砂漠の中を走るのは初めての経験です。前のランナーからスタッフ(聖なるバトン)を受け継ぎ、500mlの水を持ち、走りだしました。皆は10マイル先まで車で行き待っていてくれています。
さすがに喉が渇きます。あっという間に水は飲み干してしまいました。目の前にあるのは砂漠と空と道と地平線、そしてジョシュアツリー(U2の歌でも有名、不老不死の木)とサボテンのような植物が少しあるだけ。
(写真は2008年のLGW3の時アリゾナにて イメージ参考)

車もほとんど通らず、とにかく大自然の中で走り続けました。
そんな中、心身はどんどんグラウンディングしていきます。一歩一歩!母なる地球の上を走っている!!という確かな感覚が!肉体的にはけっこう辛かったようにも記憶していますが、とにかく心は無限に広がる大地や空のように開いていきました。


★★
★★★
★★★★
そして、私が次のランナーにスタッフを渡すゴール地点が見えました。皆が待っていてくれています。すごい声援!皆がランナーの献身を讃えています。無事に次のランナーにスタッフを渡せました。
そして、ネイティブが「This is your Life」と言って500mlの水を差し出してくれたのです。私は空を見上げ、母なる地球に感謝し、無心でその水を飲み乾しました。
「おいしかった!!!!」なんとも嬉しく、ありがたく、身体に水分が行き渡り、「満たされていく」感じ!すごく感動して、喜びに溢れました。仲間も凄く讃えてくれています。
今までこんなに満たされたことあるか?!いやなかった!でも今はこんなにも「満たされている!」そんな初めての感覚を鮮烈に覚えています。

今まで、都会で何でも手に入るような生活の中でさえ「なんだか満たされない」感覚に苦しんで来た私でした。それで、もっともっとと求め続けて来ても満たされなかったのに、「なんで?!水一杯でこんなに満たされるんだろう!」

一杯の水は確かに奇跡です。それは以前2013年の命の源を巡るウォークでもお伝えしました。

太陽が水を蒸発させ雲となり、雨となって大地に降り注ぎ、その水が浸透して湧き水となって川の水源になります。雨が大地を通り浄化され湧き水になるまでに富士山なら約100年、他の土地でも何十年かかかります。その水が川を辿って、村や町に行き届き、私達の口に入るわけです。
その壮大なプロセスは大自然、大宇宙の法則なくしてはありえない訳ですし、水が巡る瞬間瞬間を想像すると、ホントに水は、自然を巡る命の源、一杯の水は奇跡の賜物だと思えるわけです。

砂漠で走ったことにより、私の心は開き、私の状態が変わり、その奇跡に気づき、満たされることが出来たのだと思います。
そして価値観は変わりました。もっともっとと求めることでは幸せにはなれない、先ずは目の前に奇跡に気づける状態になり、それを保とう!


しかし都会では自然との繋がりが希薄だった為に、私は目の前にある奇跡、感動にそれまで産まれてこの方気づくことが無かったことが残念でした。
そして、さらに悪いことには、もっともっとの欲望の中で、このかけがえの無い命の源の水を汚してしまった。環境も汚染し、その巡る命のサイクルも破壊してしまいそうです。一杯の水の本当の価値に気づけなければ、これからも環境汚染は続いていくでしょう。人の心が母なる地球から離れてしまったことで、多くの現代社会の問題は現れています。

でも、もしも、その心を取り戻し、普段の生活、毎日の仕事に戻ったらどうでしょうか?都会生活に戻ったらどうでしょうか?


自分達の暮らしは、本来、奇跡と感動に囲まれている!と思えるのではないでしょうか?一杯の水の中にも奇跡が詰まっているのですから!

その中で、本来自分の命のもっている価値を見直して、奇跡に気づき、限りない感謝と喜びと幸せに溢れることが出来るのではないでしょうか?
そして、その幸せを分かち合うことが、自然環境を護り、社会の平和に繋がっていくのだと思います。

じっと深く感じること=今ある自分の命の奇跡に気づく、そして、行動=分かち合うこと!
静と動、
止と観、
祈りと行動、
女性性と男性性、
様々なバランスを取り戻す場に、この普光寺 森ヶ谷 グラウンドがなっていったら嬉しいです。断食護摩修行やネイティブの祈りなどを通して、実践的に実感的に母なる地球、命、命の源と繋がり直す場になっていったらと思っています。

命のそのものは奇跡です。自然の中で命を見つめるとそんな気づきが心にふっと入ってくる体験が沢山ありました。そんなことに心から感謝している状態になることがで出来ます。そうしたら、自然と根底から社会は変わっていくのかもしれません。





そして、ウォークは今まで続けて来たように、その価値観から社会と関わり、持続可能な未来に繋がる、人の状態と希望をシェアする活動にしていけたらと思っています。


7gの活動も、静と動の側面を、それぞれに深め、よりクリアーなメッセージと未来へのビジョン、幸せを分かち合っていくものにしていきたいです。
そんな意味でもこの普光寺 森ヶ谷 グラウンドでの活動はとても重要だと感じています。
これからも、色々な祈りのギャザリングや精神修行やイベントの機会を設けていきます。
是非、この地を訪れて下さい。お待ちしています。
どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

山田拝

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

★今後の日程(変更あり)
4月20日〜26日 7日間の断食護摩修行 
4月28日〜5月1日 Spirit of Sundance Camp 準備キャンプ
5月2日〜5日 Spirit of Sundance Camp 
5月6日 文化交流イベント
6月10日〜16日 7日間の断食護摩修行
6月21日 夏至のスエットロッジ

9月23日 秋分のスエットロッジ
9月24日〜30日 7日間の断食護摩修行

11月22日〜23日 デニス・バンクス師をお迎えして、スエットロッジ、文化交流イベント
12月22日 冬至のスエットロッジ

★イベント等の参加希望・お問い合わせは山田宛にメールをいただければと思います。

mail 7gwalk@gmail.com


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

ウォークの運営資金に是非ご協力下さい。どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。

http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
お問い合わせ

7 Generations Walk 
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/

 
綾部市 志賀郷町 普光寺 森ヶ谷 グラウンド を開きました。
今回、京都府綾部市志賀郷町に
「普光寺 森ヶ谷 グラウンド」という
自然の中の祈りの場を開かせていただく事になりました。


デニス・バンクス師もご縁をいただき
2015年から頻繁に綾部に訪れ、イベントやスエットロッジなどを精力的に行ってきました。
特に、出口春日さんをはじめ大本教の方々との出会いには深いご縁を感じておられます。
母なる大地を讃え、命を尊び、平和を重んじる事など
信仰や教えの面でも通じるところが多く、感覚的にも深い部分で共感されています。
私達7gもご縁をいただき、交流を繰り返している中で、このような素晴らしい場所を
祈りの場としてお貸しいただける事になりました。



私達は今まで「歩き」ながら、多くを学び、感謝し、祈り、伝えてきました。
これからは「自然の中の祈りの場」を自分達で保ち、「母なる地球と繋がり直すこと」を大きな目的の一つとして、祈りや教えや体験をシェアする活動も平行して行っていけることなりました。すごく有難いご縁に感謝しつつ、凄く張り切っています。
今後ともどうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

ありがとうございます。

ホーミタクエオヤシン

山田拝


綾部市 志賀郷町
「普光寺 森ヶ谷 グラウンド」

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

コンセプト

自然の中の祈りの場
母なる地球と繋がり直そう

男性性と女性性

思考と感性

大宇宙と内宇宙

相対二元の現世のバランスを取り戻し
本源たる絶対一元の境界に目覚めよう

ありのままの命の奇跡
全てのものに神は宿る

大地 水 火 風 空

世界が愛で出来ているのは本当の事だ
その事実のままに
私達の心が癒され
人間社会が癒される

癒しとは繋がりを取り戻すことだ
とネイティブは教えてくれた

私達は大いなるものに生かされています。
感謝し 祈り 学び 瞑想 修行しましょう。

自然のままの、私のままの、あなたのままの、ありのままの
奇跡と事実に気づき

讃えあい  歌いあい  踊りあい
喜びあい  分かちあう為の

母なる地球の上の祈りの場です☆彡

(文 山田圓尚)
★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★


普光寺 森ヶ谷 グラウンド 要綱

★このグランドは京都府 綾部市 志賀郷町の地主さんにご縁をいただき
7G Walk の山田圓尚と大本教の出口春日さんが主体となり2015年4月から10年間貸していただけることになりました。
2013年からネイティブアメリカン長老のデニス・バンクス師を綾部に迎え文化交流イベントを開催してきました。「自然や命を大切にする」文化は大本教や仏教に通じるところも多く、イベントやキャンプを通じた実践的な学びの場として、この地を大切に使わせていただければと思っています。どうぞよろしくお願いします。

Spirit of Sundance Camp 運営委員会 山田圓尚 出口春日




注意事項
★グラウンド内は
No Violence、No Alcohol、No Drug、No Sexual harassmentでお願いします。

★食料やスペースや仕事など、所有するのではなく、分かち合う精神と実践を推奨します。(
縄文式)

★グラウンドには電気・水道・ガスはありません。
自然の水が利用できる水場とコンポストのトイレなどを作成します。
現代生活から考えると大分不便な環境ですが、意図的に自然にあるものを最大限に利用し
実践的に母なる地球と繋がる体験を共有できる場にしていきたいです。

★下水もありません。ですので、基本的に、洗剤を禁止します。
もしも、この地の下流で自分がこの水を飲んだとしても、大丈夫だと思うものだけを川に流すようにしましょう。

★宿泊は各自テントを持参するか、最寄の宿泊施設をご利用下さい。

★雨対策は各自充分にして下さい。

★経費と参加費について
デニス師から伝えられたネイティブの智慧 「聖なるものには値段はつけられない」 という教えを尊重し、参加費に金額を定めていません。しかしながら、食費、場所の整備・維持費、水場やトイレなどの制作費、イベントの運営費などの経費はかかります。経費を公表して、その分を参加者皆でまかなっていければと思います。今後、この場を整えたりする為にも是非ドネーションにご協力いただけるとありがたいです。参加者全員がこのグラウンドとイベントやキャンプの主旨を理解し、祈りと実践のうちに、 皆で作りあげる場になっていくことを希望します。 野菜や食料、その他物資の提供も歓迎いたします。 (食料を提供していただける場合は買出しの都合もありますので事前にお知らせいただければ幸いです)どうぞよろしくお願いします。



★今後の日程(変更あり)

4月20日〜26日 7日間の断食護摩修行
4月28日〜5月1日 Spirit of Sundance Camp 準備キャンプ
5月2日〜5日 Spirit of Sundance Camp
5月6日 文化交流イベント

6月10日〜16日 7日間の断食護摩修行
6月21日 夏至のスエットロッジ

9月23日 秋分のスエットロッジ
9月24日〜30日 7日間の断食護摩修行

11月22日〜23日 デニス・バンクス師をお迎えして、文化交流イベント
12月22日 冬至のスエットロッジ

★イベント等の参加希望・お問い合わせは山田宛にメールをいただければと思います。



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

ウォークの運営資金に是非ご協力下さい。どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。

http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 
お問い合わせ

7 Generations Walk 
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/