<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 5月28日〜6月3日日程詳細予定 | main | 5月26日 13日目 大鹿村 農業体験 >>
5月25日 12日目 非持 → 大鹿村
5月25日 12日目 非持 → 大鹿村

お世話になったナオキさんの家の横にある諏訪神社をスタート!
1

2日ぶりに晴れて気持ちがいい!!
2

マッポン、休憩の1曲!!
3

休憩中、
4

森に溶け込むジーさん。
5

昼過ぎに分杭峠
零磁場に到着する。
ここは、最近テレビでも紹介されたそうで人気のスポットです。
1
説明書ではプレートが二つ重なりあう所で磁場が相互さようしていてゼロ磁場なる現象が起こるそうです。

零磁場ポイント!
2

零磁場水を汲もうと盛り上がる人たち。
3

遠く離れて冷めている二人。
4
ま、ひとそれぞれ感じ方は違うようです。
健康なら他にもいろいろな要素がありますもんね。

聖地とは求めに行く所ではなく
感謝しに行くところ

私たちはすでに全てを与えられている
水も大地も人が作ったものなどなにもない
もしもそこが聖地であるならば
この与える力がすさまじく清らかで強いということだろう
だから人は感謝にあふれるはず
感謝にあふれる人は自動的にしてもらったことと同じことをしたくなる

だから聖地では求めない
聖地では感謝していたい。

求め合い奪い合うのが地獄
与えあい感謝しあうのが天国だ

零磁場は与えあう場所だろうか?
そんな場所ではない

問題は場所なのではなくて
与えあう心だ
与えあう心があればそこが癒しの場なのだと感じた


ま、皆それぞれいろいろ感じながら更に歩きました

大鹿村はいたるところに土砂崩れの跡があり、
5
それをコンクリートで修復している。

でもね、自然は凄く豊かなのです。
植林していたり、人の手が中途半端にはいっているところは自然がむごい感じに見えます。

大鹿には豊かな自然が残っています。

だからが故に、豊かさとむごさにコントラストがはっきり見えてしまうのでしょう。

大鹿村を歩いて行きます。
1

いろいろ考えたりしますが
凄く気持ちよかったです。

今夜お世話になるゲタさん宅に到着!
2

その土地で採れた山菜を調理し超豪華な晩御飯でした!
3

夜はゲタさんのお話を聞かせていただきました。
4
大鹿村の山の上の森の中にお家がありますが、ご自身で家を作ったり、道を整備したりいろいろ大変な苦労があったそうです。

また、「ふりだし塾」という学びの場もこの場所で主催されていて
自然の中でもう一度原点にもどろう!
というコンセプトに共鳴して多くの若者が集まっています。

僕が一番印象に残ったのは

「田舎暮らしは持続するのが一番大切だから
最初から頑張らない事が大切。
始めから上手くいくはずはないので
始めの一年はなにもしないでボケっと昼寝でもしながら
ゆっくり考えながら暮らしを軌道にのせていくのが好いんだ!」
と言っていました。

ん〜なるほど!

その気負わない感じが余裕のある柔らかな貫禄をかもしだしていました。

他にもいろんなお話を聞けて充実!

また明日も楽しみです。

ありがとうございました。
COMMENT









Trackback URL
http://blog.7gwalk.org/trackback/1236102
TRACKBACK