<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 5月27日 14日目 大鹿村→飯田 | main | 6月4日(金)〜6月10日(木)日程詳細 >>
15日目 飯田市 ブレーク
15日目 飯田市 ブレーク

今日はブレーク日、満月の日、そして旅のターニングポイントの日でもあります。

新月の夜、5/14に長野県別所温泉から歩き始め、ようやく全工程の1/3を過ぎました。
しかし、未だにここは長野県…長野は本当に広いです。そして奥深い。
長野とひと言で言っても、エリアによって感じや文化が本当に違う。



朝10時までは、たけちゃんのお宅の庭で、のんびり。
1
今日は、青鮮やかな陽気で、最高の天気です!


その後、お昼頃には出発して。。。
木漏れ日照らす不思議な小道を通り抜けて、丘を登ると、待っていたのは「もなみ園」
2



そして天使のような子供たちです。
3

保護者の方々の、自主的な活動によって数年前から、生まれたこの場。
見ての通り、園舎のない野外保育の幼稚園です。小川、木花、池、生き物、森の全てが教室なのです。雨でも雪でも合羽を着て外で遊び、丘の端にはフェンスを設けず、子供の自由な遊びの時間をしっかり設けています。「子供の自発的な能力を育むことが、結局は安全性にも繋がる」というような事を、一人の保護者の方がおっしゃっていました。

一緒に音楽をしたり、
4

とても癒された時間でした。
5


午後2時半くらいから、4時くらいまでは、たけちゃんがしている自然農の畑で農作業。
生活にかかわる色んなことができることが「百姓」であることですが、それを体現して自然農をやられている山本さんの田んぼです。
6
自然農についても山本さんからいろいろなお話を伺いました。


土を耕さない方法で作物を育てる自然農ですが、最初の苗のときは、少し手をかけることで育ちがだいぶ違うそうです。

地面に直植えした苗床の草取りをしたのですが、これがとても大変。
7
抜いても抜いても切りがなく、この大きさでこの人数でも40分以上はかかりました。
一粒のお米が、お茶碗半分の収穫になるということで、間違って苗を抜かないように大切に作業していると、この一つの芽がほんとうに尊いなぁと実感します。


農作業の後は、やっぱり温泉!
8
「湯が洞温泉」は、見晴らしのよい高い場所にあって、露天風呂など疲れも吹き飛ぶ好いお湯でした。



そして、今晩は節目のイベントです!
場所は、「メケメケ食堂」←http://www.mekemeke.me/
9
アットホームさとお洒落さがいい感じで混ざった、とても素敵な空間でした。


まずは、腹ごしらえ! 
10
串カツ定食はこちら。←http://let-youquest.blogspot.com/
カレーやちゃんぽんなど、みんなで美味しい御飯を頂きました。



太鼓をたたいて入ってきて、イベント開始♪
11

さっそくサークルを作って、今日の出会いに感謝して、一分間の黙祷をし、いつもwalkで朝出発のときに歌うスターティングアップソングを皆で歌いました。
12


まずは、熱く、熱く、インディアンソングの演奏を交えながら、「なぜ歩くのか?」と問いかけます。
13
なぜでしょう?
実際に歩いている人だけのwalkじゃない。こうやって、各地で支えてくれるみんなや、ブログをみて私たちが学んできていることを一緒に考えたり、思ってくれている人たち、みんなの意識が歩くこの場を支えている。
7 generations walkは、そうやってみんなが幸せをつなげて続けていこう!という思いが集う場にしたい。

皆、真剣です。
14


お話会の後は、walkerの4組ものアーティストの演奏。
山口県上関祝島の原発問題に関わっている隼人くんと、タケルくんの社会への熱いメッセージを心地いいリズムにのせて、胸に響きます。
15


白組のかずやんこと、久多良木一人さんは、メチャおもろいだけではありません。
16
手拍子と歌のかけあいに元気をもらいます。

sabakanのエネルギーにあふれて、しかも優しい歌声で、会場も一つに♪
17


最後は、皆で、輪になって7Generation Walkのテーマソングを♪
18
満月の下、メケメケ食堂は皆の笑顔と熱気に溢れ、多くの新たな繋がりを生み、ますますの熱気を放っていました。


素敵な夜を、皆ほんとうにありがとう。
19


また、明日から歩くぞ!
「平和よ訪れますように」
山ちゃん、そして、きてくれたみんな、ほんとに感謝です!大勢の若者が、未来の為に、優しい魂と力強いエネルギーで 世代を引き継いでくれると思うと、安心です。さて、壮年にさしかかってきた私にはいったい、何ができるんだろ!何をすべきなんだろ、などと考えつつ、そうだ、メケメケは、安全で美味しいご飯をお腹いっぱい食べてもらい、元気をだして、人と人を繋ぐお手伝いをする場所にしよう、音楽があふれ、心踊る時間、山を見て魂癒やす時間、私の力じゃなく、みんながそういう場所にしてくれてる最高にラッキーな場所になりつつあります。みんなありがとう。いつもいろんな不思議な!(笑)人をつれてきてくれる、たけちゃん、ありがとう。タケル君も白組さんも、大好きな声と音でした。ありがとう!
メケメケ | 2010/05/30 06:34
あの満月の夜は いろんなヒトのパワーが 渦巻きながら ひとつになるのを感じました。
メケメケのときに参加させてもらったMichiyoといいます。

あの時は 4年続けている旅行からちょうど2週間だけ帰国していて・・・だからあの場所に行って 素敵な時間をみんなとシェアできたことは ラッキーでしたー。

みんなの口から出る メッセージのひとつひとつが 自分と重なって 最高に気持ちよく、心地よく
そして いろんなことを学んだ夜でした。

ありがとう!!!

Peace on mother earth
MIchiyo | 2010/06/30 21:48
COMMENT









Trackback URL
http://blog.7gwalk.org/trackback/1236462
TRACKBACK