<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 6月20日 白糸の滝〜朝霧ハートランド | main | 6月22日 朝霧〜富士吉田 >>
6月21日 夏至の日 ブレイク
6月21日 39日目 夏至の日 ブレイク

今朝は、2時半に起きて朝霧アリーナへ4km程歩いて、夏至のお祈りに向かいました。
1

2004年に朝霧でおこなわれた祈りの集いWPPDから、毎年夏至の日に富士山のまわりで海老原よしえさんなどWPPDに関わる人たちでお祈りを捧げられてきました。

今年は、7年経ってWPPDのDVDができ、初心に戻りたいということで、また朝霧で集うことになったそうです。
7 Generations walkでは、もともと参加する予定をしていたわけではないのですが、私たちが宿泊しているハートランドからとても近いことや、ブレイクの日であったことなど、いろいろなことが重なって、人のつながりの縁で一緒に祈らせていただくことになりました。
2

朝靄の中、みんなでサークルになって、ネイティブ・インディアンの聖なる儀式であるタバコとシダーを火にくべ、ひとりひとりが思い思いのお祈りをしました。そして、ハグサークルでお祈りを終えました。

その後、みんなでお茶を飲み、円になってトークサークルをしました。
4

よしえさんは、イベントとしてではなく、シンプルにただ祈るだけの集いを持ちたいとおっしゃっていました。

日がだんだん明けてくるのを感じ、見えなくてもどこかで祈っている人が世界中にいて、つながっているのだということを静かに感じること。

トークサークルでしたシェアリングも感謝の気持ちであふれていました。
3

世界中のどこかで、見えていなくても祈っている人がたくさん、たくさん、いるかもしれない。

祈りは、目には見えない。
その見えないことを感じられる心が、見えないものまで愛せるようになる心なんだと思う。

7世代先の子どもたちは、私たちが生きているうちに会えることはない。
目に見えない私たちの子どもたちのことを近くに感じ、愛することができればできるほど、今の私たちの選択や行動も変わってくるのではないだろうか?

目に見える範囲だけにとらわれるのではなく、つながりをもっと近く深く感じられるようになっていけば、今、何をどうしていくことが愛なのか、おのずとクリアになっていくと思う。

トークサークル中に富士山が、また姿を現してくれました。
5

1

太陽が一番パワフルになるのが、夏至の日と言われています。
2
太陽が出てくると一気に暖かくなりました。
太陽のパワーを手のひらに受け取って、みんなとても元気!

この場をもたせてくださった、よしえさんに感謝です。
3

歩いて、また朝霧アリーナに戻っても、まだ9時!
5
朝早く起きると、日がとても長くなったように感じられます。

ブランチをみんなでつくり、また19日から夏至の日まで断食断水した瞬くんの断食明けです。
1
動いていない胃腸を停滞させないため、ぬるま湯に梅干しをといたのと、生のキャベツをかじって、溜まっていてものを流します。最初はおいしいのだけれども、なみなみどんぶりに注がれた水をだいたい5リットルくらい飲むのは、結構大変です。

断食をして、瞬くんもとってもすっきりしたようです。
食べなかったり、飲まなかったりするだけで、自分の身体や心にどんな影響があるのかを知ることだけでも本当に新しい視野が広がります。

2

少しお昼寝をして、午後からはRocomoonちゃんが案内してくれて、富士聖地にお祈りに行きました。
3

この場所では、世界中の国旗があり、月に1度は1万人以上の人たちが集まって世界の平和を祈っています。
広いお祈りの場所で、ちょっとリラックス。
4
世界には、政府が認証しているだけで192カ国あり、一度も聞いたことのない国名などもいくつもありました。
私たちもお祈りをさせてもらいました。

夕方、Rocomoonちゃんが帰るのを見送りました。
ハグだんご!
5

夏至の日。
1年で日が一番長くなる日。
今日は、一日ずっとお祈りできて、とてもよい日になりました。
この思いを忘れず、歩きながらつなげていきます。

COMMENT









Trackback URL
http://blog.7gwalk.org/trackback/1244519
TRACKBACK