<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 8月26日 二日目 | main | 8月28日 四日目 >>
8月27日 祝島3日目

祝島の朝。

原子力発電所の建設予定地、田ノ浦の上から太陽が顔を出してきました。
なんとも美しい。パワー注入〜!!

島は朝日に照らされて真っ赤に色づいてきました。

祝島にあるお墓は山の斜面にあり、朝日が出てくる田ノ浦の方を向いています。
昔から田ノ浦は祝島の人達のとって太陽が顔を出す神聖な場所だったのかもしれません。

その田ノ浦で、原発を建てようとしている・・
先人たちはどんな想いで見つめているんだろう。


そんな事を感じながら始まった、27日。



まずは、海岸のゴミ拾い&草刈りからスタートです。


山ちゃんとよっちゃん、公衆トイレ周辺の草刈り中。



流れついた海のゴミを回収する、虹のカヤック隊らん☆ぼう。


分別もして、


8時に出発するゴミ回収の船に乗せることができました。
この日の回収をしていたのは、元島の住人、金田芳人さん。
今は、原発を止めるために田ノ浦に引っ越されたそうです。
「うちなるやさしさを 忘れないで 不動明王」と書かれた
Tシャツと人柄がマッチしているように感じました。素敵すぎ!
 
回収したゴミは柳井という街まで運んでいるそうです。


このように島の人達は協力し合って生活しています。
他にも、生ゴミは島全体で集めて、氏本農園の豚さん達のご飯になっています。

島に3ヵ月前に移住してきたタカコちゃんの師匠、民ちゃんは、いつもオートバイに乗っていて
島で困った事がある人のお手伝いをしています。そんな民ちゃんのオートバイのカゴには、
カマやら軍手やら・・七つ道具がいつも入ってました。本当にパワフルでキラキラしてる女性です。





朝ごはんは、お留守番のマイマイとおにぎりが松井旅館の畑で採れたゴーヤで
美味しい朝食を作って待っていてくれました。
お祈りをして・・いただきまぁす。ありがとーーー。

少し休んで、続いては祝島マラソンコースの整備に出かけます。

荷台に乗ってGO!






帰りの荷台にはクワガタさんも搭乗してました。山の中だったもんなー。
マラソンは無事に終了してるかなぁ。。


みんな極楽さまです!


一仕事終えたら、やっぱり海へ


水深13mまで見ることの出来るキレイなこの大海原。
熱帯魚のようなかわいい魚ちゃんたちもいっぱいです。

おじゃましまぁす!




午後にはノブさんが、船で魚釣りにつれて行って下さいました。




田ノ浦の海で大漁だよ〜♪
コンチ隼人くんの替え歌を唄いながら、たくさんの鯵と鰯を釣らせて頂きました。
途中、鰯が急に海面を飛び出したかと思うと、その後をスナメリが追っかけているでは
ありませんか!多様なこの海を肌で感じました光景でした。






シャイで優しいノブさん。
ありがとうございます。


タカコちゃんと氏本農園のマキちゃん(犬)も手伝ってくれて、お魚をキレイに洗い、



祝島のひじき煮はタカコちゃんお手製。
蛸も差し入れていただき、豪華な晩御飯を頂きました。
大地の恵に感謝せずにはいられない!


今日も大自然と共に暮らす島の方たちの暮らしに触れ、心と体が満たされました。

これから、ここ祝島は、太陽光発電100%の島を目指して
「祝島ファンド」というプロジェクトを掲げているとの事。

28年間も原発問題に取り組みながら、前向きに明るく助け合いながら生活してる
祝島の人々と出逢いえた事に心から感謝します。

これは、私たち一人一人が解決していく私たちの課題。

まずは仕組みをしって、
そこから語り愛たい!

そんな事を強く感じた島の生活でした。

私たちを受け入れていただき、ありがとうございます。
歩きながら、一人でも多くの方に祝島や上関原発のことを伝えていきます。









虹のカヤック隊のみんな、よろしくお願いします。


国弘さん、夢をいっぱい語ってくれてありがとう!えっきーさんまた逢いましょう!



愛がとうございます。


なつめ

COMMENT









Trackback URL
http://blog.7gwalk.org/trackback/1261855
TRACKBACK