<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 9月29日 36日目 都祁 農業体験 | main | 10月1日 38日目 京田辺 〜 京都 >>
9月30日 37日目 都祁 〜 京田辺
伊川くんのところで過ごした3日間もあっという間に過ぎて出発の朝です。
毎日移動、移動のウォークですが、こうして一カ所に留まれるうれしさもみんな感じ、伊川くん、塚ちゃん、リオくんの笑顔とお茶畑に癒されました。ありがとう。

今日は、自然の恵みである雨です。
雨の日は、歩いていると視野が狭くなるぶん、内面的で集中できやすい。
雨も雨で楽しいウォークです。

笠で頭が濡れないだけで、本当に歩きやすい。

途中の山を越えるとこんな景色が。
遠くに見えるだけでは、わかりませんが、奈良の山には不法投棄のゴミが本当にたくさんありました。
法律では取り締まっていますが、まだまだ問題は残っているようです。
きれいな自然の中に、捨てられているゴミを見ると心が痛みます。
この山の上に降った雨は、ゴミを抜けて山に沁み、その水が街まで流れてくるのです。
山の問題は、水も街もすべてに影響してきます。

私たちも、もっとゴミの出ない生活を心掛けていこうと思わずにはいられません。
また売られている製品もシンプルなパッケージや、自然に分解できるような素材を使ったのものを使うように変換していかなければ、これから自然をどんどん壊していってしまうばかりです。

まずは、知ることと、自分の行動を変えていくことから始めよう!

奈良市にやってきました。

ちょっと休憩。朝ごはんに、塚ちゃんとリオくんがにぎってくれたおにぎりをいただきます。
ありがとうね。

奈良公園。鹿です!
鹿がたくさんいます。

東大寺の大仏殿。
ほんとうに大きい。昔の人は、山の中を旅してきて、この都の大きな建物を見て、きっとすごくびっくりしただろうなぁ。
人は、機械を使わなくても、道具だけで、こんなこともできる技術があるんだなぁ。


どんどん歩いて、京都に入りました!

木津市に入ると、田んぼが続く道が続いていました。

国道は避けて、山田川の横を歩いて行きます。

祝園駅でお昼休憩。

そして、30キロ程歩いて、京田辺へ着きました!

今日、お世話になる亜紀ちゃんがBig SmileとHugで迎えてくれました。
ありがとう!

亜紀ちゃんが子供のころは、ここも一面緑で、なんの開発もされていなかったそうです。
電車に乗っても、みんなどこの誰かわかっているくらいの小さな町だったのに、今ではこうやって、大きな道路も通り、斜面が全部削られて宅地になってしまった。
沈む夕日を眺めた山の景色も、今ではコンクリートで塗り固められています。

写真の亜紀ちゃんは、みんなに会えてうれしくて満面の笑顔で指さしてくれていますが、開発が進んで、自然が壊され、また人のつながりが薄くなっていったことが残念だと話してくれました。

今日は、神田家にお世話になります。


夕食は、亜紀ちゃんのお母さんが、餃子の具を作っていてくれて、みんなで包みました。
お母さんの手さばきと速さにはかないませんが、みんな、なかなかの腕前です。
みんなで作るとすごく楽しい。

「スタミナをつけてね」というお母さんのお心遣いで、餃子とバンバンジーの大ご馳走です!

ほんとうにうれしい!

神田家の末っ子、マルチーズのジュリちゃんも、たくさんのwalkerに大興奮。
私たちがワイルドな匂いがするのか、靴下に夢中で、いたずらっ子のジュリちゃんは、くわえて離さず、遊んでいました。

また、おばあちゃんも私たちが来たことを喜んでくれました。
第二次世界大戦の頃は満州にいらして、おばあさんの経験では、当時、中国の方がとても親切にしてくれたと教えてくださいました。何のための戦争なのか、戦争をしてはいけないと私たちにメッセージをくださいました。

3世代の女性におもてなしされ、7世代もそんなに先のことではない!と実感。
お腹もいっぱい、癒されました。
ありがとうございます。

ブログは拝見していたのですが、コメントは初めてです。
先日はWalkに参加させて頂き、ありがとうございました。信楽〜伊賀までの山道にも、沢山の自然と共に、似つかわしくないゴミがありましたね。
私は急用で帰宅した翌日、近所の駅前のゴミ拾いをしてみました。1人でwalkするのは大変ですが、1人で出きる事をやっていきたいと思います。
皆さん、雨が続いていますが、この雨も恵みの雨!どうか体調に気をつけてください。
みか@滋賀 | 2010/10/09 23:45
COMMENT