<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 元1級プラント配管技能士平井憲夫さんの著書より | main | ハンガーストライキ5日目 10月20日 >>
10月19日 ハンガーストライキ4日目

声明文

山口県上関町田ノ浦原子力発電所予定地の埋め立て工事の一時停止を求めます。
要求が受け入れられるよう、ハンガーストライキ(断食、断水)を続行します

Statement

We ask to stop reclamation work of ocean in Tanoura, Kaminoseki-cho, Yamaguchi prefecture, the planned site of the Kaminoseki nuclear power plant. Until the demands were met, we launch a hunger strike.


ハンガーストライキ四日目が過ぎました。
本当に多くの方々が賛同・応援して下さっています。
本当にありがとうございます。
詳しくは7Gウォークのホームページをご覧ください。
賛同者のお名前も載せてあります。
http://7gwalk.org

ハンガーストライキは状況を踏まえて4日ごとを一区切りとし声明を出し工事の一時停止を訴えていきたいと思っています。

またハンガーストライキする人の体調や活動の内容を考えて何人続けるかも判断します。
今まで6人がハンガーストライキをしていました。
当然ですがハンガーストライキをすると体が動かなくなってきます。二人は知らせる活動を優先する為にハンガーストライキを止めました。
一人の女性は生理がきた為休止中です。

山田は断食断水を続行し、あと二人、山口のひろみちゃんと大阪の元ちゃんが断食を続行することになりました。


山田は以前僧侶として12年間で21回の断食修行をしました。この経験やサンダンスの経験を通して断食断水をして願い祈り訴え行動することは自分の全てを捧げて願う方法の一つだと感じ、
そうすることで人が願い祈る力の強さを信じているのでハンガーストライキという方法を選択しました。

今田ノ浦の美しい自然が死に絶えようとしている。また現地の方々の命がけの思いを感じ、自分と田ノ浦の自然と未来が繋がっていると感じるので同じ苦しみを負うことにしました。

なぜかと言うと、地球温暖化や生物の絶滅のスピードやいろいろな状況を考えて、今まさに社会の未来の方向性の選択が迫られています。
田ノ浦の原発の問題は自然に与える影響や知名度、社会が自然と共に生きるかどうかの選択を考えると

大きなキーポイントなのです。

今に未来の子供達の命がかかっています。

海を埋め立てられればあの美しい海は死に絶えます。瀬戸内海で唯一残った手付かずの自然を破壊することは、私たちはもう自然を全て破壊していくという宣言を自然に対してしているようなものだと感じています。
田ノ浦に原発ができれば毎秒190トンもの水が7℃温められて排出されることを考えれば近隣の海の生態系のバランスも崩れてしまいます。
僕たちが歩いて実感するのは田ノ浦の海と私たちが繋がっているということです。
そんなに遠くにある他人事ではありません。
もちろん事故の危険性もあります。
原発から出る放射性廃棄物の管理は何世代先の子供たちにもその負担を負わすことになります。
しかも管理者は必ず被爆し、多くの被爆者を生むことにもなるのです。あまりにも犠牲が多すぎる!

私たちの体はほとんどが水で出来ており、大地や水や太陽や生命の繋がりの恩恵の中で生かされています。
私たちの体は環境で出来ているのです。
環境を侵されることは自分の体を侵されることと同じです。

未来の子供たちが放射能汚染や地球温暖化、環境破壊でどうしようもない苦しみを負うのであれば
今なんとしてでも止めなければなりません。

今ならまだ間に合います。

今が分岐点なのです。
田ノ浦の海を守ることは社会全体の方向性を決める大きな鍵であると感じます。

そして、田ノ浦の自然を守ることをきっかけに原発問題を含めた大きな社会の方向性を考え直すべきだと感じています。

皆で自然と共にある明るく楽しく持続可能な未来を選択しましょう。

今と未来の命がかかっていることの重大性を伝えるために
この一命を捧げてハンガーストライキを続けます。

是非行動し続けましょう。

是非、中国電力や山口県、上関町にもその一時停止を求めるメールや電話やファックスを工事が一時停止するまでしつづけて下さい。

お願いします。

中国電力
TEL 082-241-0211
 FAX 082-523-6185

中国電力 上関原発準備事務所
 0820-62-1111

井森工業(「地盤改良船」の業務)
 0820-22-1500

山口県知事への提言
TEL 083- 933-2570
FAX 083- 933-2599
メールフォーム
https://cgi01.pref.yamaguchi.lg.jp/gyosei/koho/chiji-teigen/3teigen.htm

また、賛同のお名前をホームページに掲載してもいいという方は、メール7gwalk@gmail.comでお知らせ下さい。
皆の意思を伝えましょう。

★ ★ ★ ★


ハンガーストライキ4日目報告

今日は午後1時から記者会見がありました。
長島の自然を守る会の高島さんがいかに田ノ浦の海に貴重な生き物が生活しているかを伝えてくださいました。カンムリウミスズメの雛が泳いでいる映像はなんとも美しく可愛らしく素晴らしいものでした。 詳しくは長島の自然を守る会のホームページをご覧ください。



山田もハンガーストライキの思いを伝え皆で祈りの歌を皆で歌いました。

いろんなブースでも勉強したりチラシをまいたりしています。




4時半からは会議場の中で海外向けに記者会見をします。
今皆で準備中!

記者会見です。大きな会場!

いろんな方が今日もブースに来てくれました。
天空オーケストラの岡野さんです。
賛同してくださって大阪の方でも広めてくださるとのことでした。
心強い!
本当にありがたいです。

夜、熱田神宮で行われていた13人のグランドマザーの円卓会議にも行って見ました。

色んな人に出会えて、色んな人に伝えることが出来ました。
多くのエルダー達に助言もいただけ有難い限りです。

その後は栄の葦舟の完成会に行ってスピーチさせていただきました。
その危機感と、皆で未来に向かって自然と共にある明るい未来を選択していこうと伝えました。

ネイティブの語べ、アラスカのボブサムさんとも出逢いました。
ハンガーストライキのことや自然と共に生きたいことを伝えました。
ボブさんもすごく賛同してくださってサポートして下さると言って下さいました。
アラスカにも同じ問題があるらしく自然を尊敬する思いと共に深い共感を分かち合いました。

会の最後にボブさんがスピーチした時にお祝いの言葉と皆が太古の命と魂を取り戻したことを称え
僕を横に呼んで下さってサポートすることを皆に伝え
僕に力を授ける祈りの言葉を下さいました。
感動!

皆でAIMソングを歌います。

皆で完成のお祝いと未来の希望で団結しました。

ありがとう!

山田
わざわざメールをいただき、ありがとうございました。

わたしも、こども3人とかーちゃんといっしょに、解雇撤回を訴えて、ドクターストップがかかるまで、夢中でハンストを打ったことがあります。

その頃のことを思い浮かべながら、遠く、埼玉のはずれより、あらためて声援を送ります。

去年の11月、野宿しながら“田ノ浦”から“祝島”へ行って以来、上関原発には、怒りを持って、反対しています。

田中洌 | 2010/10/21 05:26
COMMENT