<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< いのちのパレード&サンライズセレモニー | main | デニスからのメッセージ >>
10月21日 ハンガーストライキ6日目
 
ハンガーストライキ6日目です。
みなさんからの声、届いています。ありがとうございます。

ぜひ上関の問題を自分の問題として、自分の学んで、自分の言葉で、周りの人に伝えてください。
伝えてもらった人も、また学んで、次の人に自分の言葉で伝えれば、もっと近く心に届くと思うのです。そうやって、みんなの意識が変わっていけば、世界も変わっていきます。

今日は、少し小雨が降っていました。

FMラジオJWAVEでLOHAS SUNDAYという番組のパーソナリティーをしているココさんがブースに来てくれました。心強く応援してくださっています。


大学の先生が授業などで、上関原発のことやハンガーストライキのことなども話してくださっているということで、名古屋学院大学の生徒さんもブースに来て、話を聞いてくれました。


COP10会場の隣、熱田生涯学習センターでは、ホットスポッターズミーティングと言って、実際に環境や地域活動をしている人たちが集まって、これから実際により効果的に活動していくにはどうしたらいいのかということを話し合いました。


子供たちも話を聞いてくれました。自分で考えて、自分で知ろうとすることが学ぶということだよねという話をしました。きれいな海の方が楽しいし、うれしいし、気持ちがいい。そんな当たり前のことのために私たち大人は、どうしてこんなに話をややこしくしなくてはいけないのでしょうか。

この子たちの子供たちも、その子供たちも、きれいな海で遊べますように。

夜は、世界のNGOが集まるサイドイベントで上関町の原発問題についての発言をさせて頂きました。
各国で、色々な問題がありますが、このCOP10で集まって、利益や国の立場ではなく、本当に自然を守りたいと思っている人たちと繋がり世界の注目が集まりつつあります。

実はこの発表が奇跡を呼びます。

僕たちが話せる!ということで
同じ時間に13人のグランドマザーやおむすび村の皆や
本当に沢山の方々が祈ってくれました。

この発表で出会った海外のNGOの方々が、会議の議長さんだったり、すごくコアで力強いメンバーが集まっていました。

みな凄く感じてくれて共感してくれて、協力してくれることになりました。
この時記者さんも一緒だったのでこちらにも記事が載っています。
http://eco.chunichi.co.jp/column/column12/2010/10/post-10.html

この皆の祈りから未来が開けて行きました。

ありがとう

大いなるもの
多くの仲間
すべてのものに感謝します

ありがとう




COMMENT