<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< ゴール映像! | main | 元ちゃんの感想 >>
釣りちゃんの感想!
 今回、大阪から東京まで一緒に歩いた釣りちゃんの感想です。

六年続けた美容師を9月30日で辞めて、10月1日に7gが若狭から大阪へやってきて、合流した。
本当に必要なものだけバックパックに積んで。
バックパックの背負い方さえぎこちない。「釣ちゃんは足が地から浮いてるね」とよくよく言われてきてるくらい、ふにゃふにゃ歩きで、アメリカを横断したり、歩き慣れているメンバーの中、大丈夫だろうかと不安も多少ある中なんとかなるだろうと心は軽く、参加した。

歩きだして早速、奈良の峠を越える。

案外いけるかも、と思った。きっとずっと立ってる仕事だったからだぁ〜、と調子に乗り、
「釣ちゃん大丈夫?」
と気にかけてもらっても、
「全然大丈夫、余裕です!」
と答えた瞬間、体がガタガター!!って、痛みを発狂した。
「おれら、がんばってんねん、行きなり歩くから、びっくりしてんねん!」
と体が言ってるようで、どんどんきつくなっていく。。
そこから体と話すようになり、
「あ〜、がんばってくれてるね、ありがとう、もうちょっと、進みたいねん。よろしくね。」
とそこで初めて自分はこの肉体とともに生きてるんだと実感する。

だんだん痛みが足首に集中するようになり、少しの坂道や、降りの階段が本当に恐ろしくなる。変な歩き方を続けると、さらにおかしくなりそうだ。
それでも歩く、歩いて歩いて歩き、歩く。
歩くスピードは、やさしく、呼吸もしやすい。今まで聴いてきた音楽が励みになる。どんな場所でもある空と、ゆれる木々と、体の中も通過する風。途中休憩で、体を暖かく包んでくれる太陽の光と、そしてみんなと奏で歌う音楽。すべてが筋肉をほぐし、体と心を癒した。


歩き方にも気づきがあった。
どこを見て、歩くかだ。
遠すぎず、近すぎず、でも案外近いところを真剣に、集中する。の周りの筋肉はゆるめても、見るところは鋭く見る。それさえできれば、どんなに体がぼろぼろになってきても、進むことができる。どこを見るかが大切なんだ。それは今起こっている、今見つめるべき世界と一緒のようだとも思った。私は、見るべきこと、向かうべき今をしっかり見つめ、進んでいこう。

段々、歩けるようになってきた。
まっすぐ、リズムよく、しっかりと。
本当に、嬉しかった。歩けることが嬉しい。進める、東京まで行きたい。
当初は富士山までの参加だったのを、最後の東京までに変更する。
もっともっと歩きたい、陸さえあれば、どこへでも行けるかも!
またもや調子にのってくる。
そこへ、静岡に入り、太平洋が現れる。


感じたのは、

「あ、海は歩けないや。」
だった。ずっと瀬戸内海育ちだから、太平洋の広さに、大きさに圧倒された。
でもスコンと入った。歩ける大地は本当に小さく、地球はほとんどが海なんだ、水なんだ。
特に今いる日本は小さな小さな海に囲まれた島であって、このわずかな大地を大切にしなければならない。
決して汚してはいけない。私たちは、生きていけない。
海から教えてもらった。
調度その夜は満月で、みんなの息もそろい、最高のウォークをする
今まで室内で過ごすのがほとんどだった生活から、毎日太陽に挨拶をし、ともに歩き、沈む夕日に感動し、そして月に挨拶をする。
存分に光を浴び、そして歩くことで、体の調子もさらによくなっていく。

毎日出会うべく人と出会い、色んな暮らしを知り、想いを知り、して別れ、また出会う。
一緒に歩くみんなとは、頼ったり、ひっぱったり助けてもらったり元気をもらったり、大くの愛をもらった。

やまちゃんが最後の方で言ってた言葉、「PureなOne Drop」。
私もそんなひとしずくになろう。
ゆっくりやさしく、限りない広がりを持ち、すべてと溶け合う。
私たちは、地球の一部である。


すべてに感謝します。
ありがとう。


COMMENT