<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 釣りちゃんの感想! | main | デニス・バンクス師 イベント報告 鎌倉編 >>
元ちゃんの感想
 

 若狭から東京まで約800キロ
全行程歩いた元ちゃんの感想です\(^o^)/



このウォークに関わった全てに感謝します。

そしてお世話になった皆様本当にありがとうございました。

元気に歩くことが出来ました。

 

今回福井から東京まで歩いて一番衝撃だった事は、体と語り合えた事。

正直、今まで体の声を無視してきた。

何とかなるでしょうと、いつもそんな感じで生きてきた。

だけどそんな甘い考えも出来ないぐらい、

今回のウォークで足が痛い日が何日も続いた。

 

重い荷物が足にマメをつくり歩き方を見直させられる。

精神的には大丈夫。

 

「七世代先の子供たちの為に歩く」

 

だけど何日もこの痛みと付き合うのはごめんだ。

じゃあどうする?

 

無になるしか知らなかった。

歩いているときは心を無にして足の痛みさえも無にした。

 

だけど根本的な原因を消す事には繋がらなかった。

 

40キロ歩くある日、無になる選択肢をやめた。

しっかり体の声を聞いて一歩一歩向き合いながら歩いた。

足の指一本一本に集中して歩いた。

語り合っていた。

 

すぐにではないけれど痛みが無くなってきた。

かなりの嬉しさにそれからテンションがアゲアゲになり、

生きていること、歩けること、全てが感謝で

感謝でしか喜びは表現出来ないんだなぁと思った。

 

今現在もテンションは高く、喜びに満ちている(笑)

 

 

僕が言いたいのは、

地球も声を上げているという事。

 

体と心のように切り離されていないかなぁと、

 

自分と地球は別のものだと、

なんとかなると、

 

だけどもう限界にきているこの地球と、

もう一度つながり、向き合い生きていきたいと強く思った。

 

みんながそう思えば、

まず自分からでもそう思えば、

七世代先につながる感謝が喜びになって

今の世界がハッピーなものになるんじゃないかなと思う。

 

ウォークはそれが出来る方法だなってあらためて思った。

 

それでは皆様

また来年のウォークで会いましょう!!

 

ありがとうございました。

 

げんちゃん

 

 

COMMENT