<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 3月22日〜23日 高江→今帰仁 | main | 3月25日 鹿児島 >>
3月24日 沖縄最終日
 本部の海岸で最後の夜を過ごし
朝無事にキャンプ出発!

海岸を歩きます。

本部港到着
ここから鹿児島行きのフェリーに乗ります。
いえ島に行っていた詩織ちゃんたちとも偶然会えてご挨拶しました。

げんちゃんは一度大阪に戻り、阿蘇あたりで再び合流予定ということで
7gのバックパック用のバナーをカッカちゃんに引継ぎました。

いよいよお別れ。
鹿児島には山田とカッカちゃんとヒロミちゃんの三人で向かいます。



沖縄ありがと〜〜〜!!!


また会う日まで。

いろいろ勉強になりました。

沖縄は歩いてみると、戦争のことを沢山考える機会を与えられたウォークになりました。
やっぱり歩くと、綺麗な海とリゾート以外の面に触れることが多くなります。

読谷や糸満で集団自決のあったガマや、戦争の碑をお参りしたり
金城実さんとの出会いも強烈でした。
第二次世界大戦の悲劇をリアルに考えさせられました。

そして今の戦争!
11〜14日まで高江のマーティ君たちと一緒に歩き、座り込みの裁判の判決に同席しました。
理不尽な判決。
どうみても、権力が民衆を弾圧しようとしている様に、現在の戦争、今自分が関わっている戦争についても考えさせられました。

2011,3,11以後、皆気づいてきているから大丈夫!と思ってきたけど
やっぱり、もっと自分たちの気づきをもっと深め、皆と繋がって、ちゃんと現実をみないといけないと思いました。
思いが形になって良い方向に社会を向けるのには、もっともっと本気の思いと祈りと行動が必要なのでしょう。

沖縄での人との出会いも素晴らしかったです。
高江のイサさん!
座り込み裁判で訴えられたりしていますが、実は音楽好きのめちゃめちゃ優しい紳士です。
非暴力でやんばるの自然と高江の生活をまもろうとしている素晴らしい方に出会いました。

それとマーティ君や高江の清水さん
マーティ君とはホントに仲間になりました。
すごく力になってくれて、ほんと有難かった!!!
今後も一緒に頑張っていきたいです。
それとウォーカーズは皆高江の清水さんのファンになってしまいました。
一緒に歩いて、沢山ご飯も作ってくれて
なにより歌がいいんです。
「虹のわ」という曲があるのですが、ウォーカー皆共感しまくりで、沖縄ウォークのテーマソングになってしまいました。
高江のコウジさんはじめUAさんとか意識の高い人たちが沖縄には沢山いることがしれて嬉しかったです。

それから工房アマムのユキさん!
ユキさんにはホントお世話になりました。
三線が素晴らしかったし!久高島の夜が忘れられません。

三線と言えばマホちゃんも!
辺野古や高江でも超お世話になって
マホちゃんの歌が忘れられません。

もちろんYOGUファミリーや哲也君ファミリー!
もっちん君たちやマー君とか皆皆すごく会えて嬉しかったです。


沖縄の戦争の歴史や基地問題に揺れながらも実直に前向きに生きてきた沖縄の人たちと
移住していった皆が仲良くなって

強くて高くて前向きな意識で、子供達に明るい未来を残していくのだろうな!
と感じていました。

沖縄には御嶽の文化をはじめ
自然と祈りと生活が一体だった、元の人の生活を感じ思い起こすこともでき
なんとも学ぶことも多かったウォークでした。

本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
ここには書ききれませんが、ホントに沢山沢山の人にお世話になって沖縄ウォークすることができました。
ありがとうございました。

この学びを活かして、7gウォーク2012歩いていきます。

本当にありがとう!
沖縄!!!!

山田でした。


COMMENT