<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 9/28~9/29 浜松→浜岡 | main | 10/1~10/4 浜岡→島田 歩くと日常や地元にも新たな発見がありました。 >>
9/30 満月祭@浜岡なごみ
 9/30 満月祭@浜岡なごみ

当初の予定では
浜岡原発と満月をバックにライブが行われる予定でしたが
今日は台風が来そう!
ということで、野外ステージではなく屋内でのイベントになりました。

それにしても凄いメンバーが集まりました。
葦舟の仁さん
麻の中山さん
内田ボブさん
宮城愛ちゃん
フライングダッチマン
地元の皆さんと
そして台風まで来てしまうとわ。

僕達7gもオーガナイズの段階で
このイベントがあるとは知らず、9月30日に浜岡に行きたいのでよろしくお願いします!
と、なごみのタカさんに連絡してみたら、今日の満月祭のことを知って、
バッチリのタイミングでびっくりしたものでした。

とにかく2012年9月30日 満月!
浜岡のこの地に皆が集まることになっていた大いなるお計らいを感じていました。
何かが起こりそう!

午前中は嵐の前の静けさで、雨も降らず、穏やかでした。
なので、7gのメンバーで浜岡原発の見学施設に行ってみました。
相変わらずの展示。
原発を見渡せる、展望台で祈りました。

このウォークで九州の川内や玄海原発、四国の伊方原発でも祈ってきたこと。
「ウランは母なる大地の内臓。その内臓を引き出してしまったのは、
私達が母なる大地との繋がりを見失ってしまったから。
そして、放射能汚染を撒き散らしてしまった。
私達がその悲しみに気づき
悔い改め
母なる大地との繋がりを取り戻し、
ウランや、放射能汚染を癒し
自然にあるがままに、
ウランをもう一度母なる大地に内臓として帰せる日が来ますように」
祈りました。

午後なごみに戻って
しばらくすると嵐が来ました。

台風!
すさまじい風と雨。
だれにも止めることの出来ない偉大な自然の力。
人間て小さい。
でも、なんだか嵐で皆盛り上がって元気!
こんな荒々しい自然の姿をみると改めて自然の偉大さを実感するし
皆ともその感覚を普通にシェアできます。

この、偉大な力を持つ自然に私達は生かされている。
雄大で優しく美しいが、時に厳しく、全てを破壊し、再生する。
悠久の時の中で常に変化し、新しい物を常に生み出す力。
その偉大さや厳しさは
小さな私達の想定などはるかに越えているもの。
壊れたら困るものがあるのは、
自然の法則に反する。
原発は自然の理、命の理に反しているのだ。
そして、今、私達の命を脅かすことになった。

台風の日、感覚的にもそれは明らかでした。
この日、原発を前に
次の時代を示す、道しるべを持った人たちが集まったのです。

最初は葦舟の仁さんのお話。
海の民の古の知恵を
自然からのメッセージとして現代に運ぶ船、
葦舟で大西洋や大海を渡ってきた。
あるときは、海の真ん中で船が真っ二つに割れ
なにも出来ないとあきらめ委ねて
半分になってしまった船で風に任せて10日間漂流し、
近くの島にまっすぐに着いたとき、大いなる意思の存在を確信した話とか
凄い話を沢山聞きました。
海の話にはロマンがあり、人智が及ばない世界が沢山あるように感じました。
地球は海の面積の方が大きいわけだし、その地球に生きている私たち!
海からの視点は凄く大切なのだと感じました。
海から生きたメッセージを届けようとしている
仁さんの話は凄かったです。

麻の中山さんのお話。
麻は日本の文化の中で重要な役割を果たしてきました。
衣など日用的にも便利で
神の名前にも麻の名前がついていることが沢山あります。
今でも、食料や紙や医療など多くの用途があり
しかも生育も早く、日本の風土にもあっている。
本当は麻でのトラブルなんてほとんどないのに
何故かGHQがデッチアゲタ情報で、麻の使用は禁止になってしまった。
最近は世界中で医療大麻が合法になるなか
本当のその価値を日本で見直す必要があるのではないか?
宇宙と植物の神秘!
その神秘と私達の生活を繋げていたのが麻なのかもしれない。
そんな風に感じました。
大地の記憶を蘇らそう!

そして
宮城愛ちゃんと
内田ボブさんのライブ!
さすがな感じ!
愛ちゃんの最後の曲が
内田ボブさんの
「ちいさなトマト」でした。
この曲を最近カバーして歌っていた愛ちゃんと
オリジネイターのコラボ!
なんだか良かったです。
メッセージが継承されていく感じでした。

ボブさんのライブ
「旅が終わったら、きれいな川のほとりで会おう」
という歌詞がぐっときました。


そしてボブさんのライブが終わった頃
台風が過ぎ去りました。
空には明るい満月が!

これは!!!
ということで火を焚いて
サークルを作って
インディアンソングを歌い
皆で祈りました。

素晴らしい!
完璧なタイミング!
なにもかもが、出来すぎなくらい素晴らしかったです。
ホントに皆の祈りが調和している感じでした。

自然にあるがままに行こう!
福島の地震と原発事故でも分かるように
自然の意思は示されました。
その変化に人が着いていくか?どうか?
自然は偉大で朗らかで力強く調和と変化でいつもフレッシュな命の力に満ち溢れています。
その道を共に行こう!

最後はフライングダッチマン!
当初のビジョンの通りになりました。

原発と満月をバックに
真実がたからかに歌いあげられました!

楽しく
力強く
大いなる計らいに満ち溢れた
素晴らしい
満月の集いでした。

世界は自然に変わるから
それを身体全体で感じて
自然と一体な命として
この浄化の変化の時を共に迎えよう!

ありがとう!

浜岡なごみ
素晴らしい満月祭でした。

山田





COMMENT