<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 沖縄、高江の現状を紹介する映像!The Movie "The Target Village" subtitled in English. | main | 3月24日 沖縄最終日 >>
3月22日〜23日 高江→今帰仁
 3月22日
高江を出発して今帰仁市のYogu邸に向かいました。

海が気持ちいい!!


Yogu君&テツヤ君とは10年以上の「はち」バンド仲間。
最近、放射能が心配で、神奈川から沖縄に移住しました。
同じ思いで移住して来ている人は多く、皆意識も文化レベルも高く
良い感じで繋がって、新しいコミニティーを作り上げつつあります。
なんだか、3.11以後、才能ある人々の全国分布図も大分変わったようです。
後は、皆が地元にどう根ざしていくか?
いろんな所に行きますが
地元の方の中にオープンハートな方がいて、
受け入れて下さっている所は、若い人たちがどんどん移住して
元気に新しい文化が花開いていっているようです。

沖縄に移住した皆にも是非、頑張って欲しいです。


23日
今帰仁城跡に向かいます。
皆とお別れ!
元気でね。色々ありがとう。
皆に沖縄で感じたこと伝えるね。


今帰仁城跡に着きました。

山道を登り



丘を越えると


今帰仁城跡に着きます。
世界文化遺産です。
さすがに整備されていてきれいでした。


そして
沖縄最後にお参りしたかった
クバの御嶽に行きました。


沖縄を無事に歩かせていただいた感謝のお祈りを最後にさせていただきたかったからです。
自然そのままを拝む、御嶽の信仰にいつも心を動かされます。
ホントに素直に祈ることが出来ます。
今ここに生かされていることは奇跡。
この命をいかしていただいている、自然の恵みには感謝しても感謝しきれないものです。
その、命の奇跡そのものに祈っている気になれます。
大らかだし、なににもコントロールされていない、真実そのもの。
それは、ごく普通にあることなのかもしれません。
そんな真実の祈りの姿が、沖縄やネイティブには残っているのだと思います。

とにかく祈りました。

「ありがとう、沖縄の神様。そして、沖縄の悲劇を忘れません。」

こんな、深い文化のある沖縄。
自然豊かな沖縄。
意識高い人が集まる沖縄。

そして、
戦争の傷跡も生生しく
そして、今も基地問題で苦しめられている沖縄。

この光と闇の二面性が同居する
沖縄に現代日本の現実が露呈しているとも思いました。
それに、気づかず、のうのうと生きてきた自分が恥かしいです。

これからは
ちゃんと
その美しさと
沖縄の事実を忘れずに
歩いて行きたいと思います。

山田


COMMENT