<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< サンダンスの命の世界とTPPのような社会の現実の両面を同時に生きていることを感じています。 | main | 共に生きる 皆に大いなる信頼と愛と祈りを送ります。 >>
サンダンス2013 報告 
サンダンス!
お陰様で
7月14日に
4日間の祈りを終えることが出来ました。
ありがとうございました。
(サンダンスの後、皆で記念撮影)

天候にも恵まれ
途中で虹が出たり
イーグルが祝福してくれたり
素晴らしい時間を過ごすことが出来ました。
ありがとうございました。

祈りの場の中心にある
サンダンスツリーに
皆の祈りをあわせ
己を越えて
母なる地球と繋がる
平和で幸せな時間でした。

日本から参加した皆も凄く良い時間が過ごせたようで
心から感謝しています。


4日間断食をして
踊り歌い祈り
自らを捧げる間に
多くを学び
多くを思い出し
大自然と自分が共鳴していく過程の中で
精神と肉体が調整されていきました。

(セージの生い茂る草原)

ツリーと繋がっている時
己や全ての命は母なる地球と一つであるという
確かな感覚に包まれ
心は静かで平安で幸せと喜びとエナジーに溢れていました。

そして思い出しました
「ずっと繋がっていたのだ!
そして、これからもずっと繋がっているのだ」と



色々なことを心配したり
考えたり
沢山問題はあったりしますが
母なる地球と繋がっていることは
何処までいっても
変わらないのですね。

母なる地球はいつでも私たちと繋がっている
その平安と安心の中で
声を発し、行動し、毎日を過ごしたい。

社会の問題が顕著な今だからこそ
その、平安な気持ちが大切になってくるのだと思います。



母なる地球と一つ!
という本来の命の視点で
メッセージを発し、行動することで
本当に幸せな社会を
築きあげていくことができるのかもしれません。



ミシガンのサンダンスは
「アニシナベ族」の方々の地元です。
でも「アニシナベ」というのは本来部族の名前でなく
「人」という意味なのだそうです。
「人」の中にそれ以上のカテゴリーは存在しません。
人は皆同じ人。
人を分類したのは政府だそうです。



そして
人は自然の中に存在する多くの命のうちの一つ
自然の中には
鷹や狼や熊や鶴やいろんな命が、それぞれ輪の一部のように存在しています。

人は自然の一部なのですから
「人の世界」という境界線に囲まれた人間だけの世界は本来は存在しえないのです。

360度大自然に囲まれ
鳥が歌い
コヨーテが鳴き
美しい世界で祈り続ける中で
そのことを思い出していました。



木を見て祈り続けている間に
木はずっと祈っている!のだと感じました。

光と水と母なる大地を祈りと感動によって結びつけ
愛でその実りを分け与えてくれる木々や草花!
その祈りと愛によって
生かされ出来ている私達。

全ては愛と祈りから出来ています。

それは
町でも自然の中でも同じ。

「All life is Sacred」(全ての命は聖なるものである)
町にいても、その事を忘れずにいきたいです。

(アニシナベ族は湖やカヌーと深い繋がりがあります。15日、友人と一緒にカヤックで川を下りました)

完全に母なる地球と一つだと
感じさせてくれるネイティブの祈りの世界から
町に出ます。

もうすぐ日本は選挙ですね。
TPP、戦争、原発。
日本社会はどの道を選んでもハードな時期を迎えるでしょう。

TPPなどを受け入れれば
大企業やアメリカ政府に権利を奪われ抑圧されるかもしれません。

でも
TPPや戦争を拒否すれば
アメリカ政府や大企業が今まで隠れて行ってきた
支配の構造に本格的に立ち向かう決意をするということになるのでしょう。


このブログを見ている人達は、
皆選挙に行くだろうし、
ちゃんとした選択をすると思います。

そして
今までも
ネイティブ達は祈りと共に
アメリカ政府の抑圧に立ち向かい
母なる地球や
人々が生きる権利を守ってきました。

アメリカンインディアンムーブメントや
サンダンスの祈り!

母なる地球と私たちは一つ!
何処までいってもそれは変わらない。
その平安な力強さと共に
声を発し、行動していきましょう。

僕はそのことを
母なる地球に誓い

私に繋がる全てのものへ
この祈りを捧げます。

ホーミタクエオヤシン

ありがとうございます。

山田

COMMENT