<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 追悼 ダン・ギンリン(陳炯霖)君 | main | いよいよ明日から「山水人・命の源を巡る、祈りのウォーク」です。 >>
7 Generations Walk presents 山水人・命の源を巡る、祈りのウォーク 2013.8.28~9.7 お知らせ。
7 Generations Walk present
山水人・命の源を巡る、祈りのウォーク
若狭〜山水人〜京都〜大阪〜神戸

2013年8月28日(水)〜9月7日(土)

(photo on 7gwalk 2011 .若狭〜東京)

原発問題、放射能、TPP、憲法改悪
日本に住む私達、人間に迫っている危機を意識すればするほど、
今こそ、本当の私達はなんなのか?!
常に心に強くとめておかなければならないと感じます。

生命として、私達はお互いとあらゆる命との関わりの中で生きています。
私たちを生かしているのは、母なる大地や、水や、太陽や、自然、あらゆる人、あらゆる命、あらゆる存在、
その全ての中にある愛であり、その全てが関わり、繋がり合って私達は生かされています。

今だからこそ、命の繋がりを思い出していたい。
こんなハードな時代だからこそ、その基本を常に心にもっていたい。

同時に私達は小さく、すぐその危機に心を奪われ、その大事なことを忘れてしまう。

正直、私も危機を目の前にして、恐怖し、忘れてしまいそうな時もあります。

だからこそ、また歩きます。
心を開いて、母なる大地との繋がりを、いつも思っていたい。
思い出していたい。
そして、愛から、言葉を発し、行動していきたい。

きっと、その愛が繋がって、世界が愛の方向に進んでいく事を信じています。

今回は、お知らせも遅くなってしまったし、
肉体的にハードなウォークになりそうなので、全工程を誰でも参加できる感じではないかもしれません。
でも、
僕や、ヤマチやタカチャン、チーちゃんや7Gのコアなメンバーが一緒に歩くし、
部分参加や、ご飯だけ一緒に食べるとか
そういう感じも大歓迎だし、
少しでも、皆と、愛と、祈りをシェアできたら嬉しいです。

どんな時でも、希望を!そして、私達は愛から出来ている、ことを思い出していたい。

そんな祈りを、私に繋がる全てのものに捧げ
お知らせします。

ホーミタクエオヤシン

山田


(photo on 7gwalk 2011 .若狭〜東京)

7 Generations Walk present
山水人・命の源を巡る、祈りのウォーク

若狭〜山水人〜京都〜大阪〜神戸

2013年8月28日(水)〜9月7日(土)

日程案
8月
28水 高浜原発〜大飯原発
29木 大飯〜明通寺〜鵜の瀬〜上根来
30金 上根来〜鯖街道〜山水人
31土 山水人
9月
1日 山水人
2月 山水人〜朽木村
3火 朽木村〜鞍馬
4水 鞍馬〜京都市内
5木 京都市内〜吹田
6金 吹田〜大阪
7土 大阪〜神戸

(photo on 7gwalk 2011 .若狭〜東京)

朽木村、生杉で行われる生命の祭り「山水人」と7gウォークの共同企画です。
私達の命の源である水。その水は山々から湧き出し、清らかな川を通り、人々が暮らす町に届きます。流域という視点で暮らしを考えればその大いなる命の流れを共にする私達は生命共同体なのです。
現在、若狭15機の原発は関西の町に電気を送り、若狭と関西の繋がりは電気の繋がり?という印象を覚えます。
しかし、古来より若狭湾の豊かな海の恵みは、鯖街道を通り、関西まで届けられ、鵜の瀬の清らかな水は、お水送りの儀式のもと、奈良の東大寺に通じ、山水人近くにあるブナの原生林は関西一円の水源であり、自然の恵みや文化を通し若狭と関西は繋がって来ました。
本来、私達を生かしているのは、母なる大地と水と太陽、大自然です。
命の源を巡り歩き、水が如何に湧き出すか?その水は如何に行き渡るか?
その姿を実際に見、その流れを体感し、一滴の水の中に奇跡を感じ、命の繋がりを再び実感することが出来ればと思います。
そして生命共同体としてのメッセージをシェアし命の繋がりを取り戻せますように、
祈りを込めて
この山水人・命の源を巡る、祈りのウォークを企画します。


7gwalk代表 山田俊尚

参加希望、お問合せは
メールにてご連絡下さい。
7gwalk@gmail.com
COMMENT