<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 命の源を巡るウォーク 一日目 | main | 命の源を巡るウォーク 3日目 上根来〜山水人 >>
命の源を巡るウォーク 二日目 大飯原発が見える浜〜上根来
今日は大飯原発の見える浜から上根来まで20キロの行程です。
image.jpeg
朝五時から浜で瞑想とお祈りを皆でしました。
まだ暗いうちから、だんだん赤のグラデーションに染まっていく空を、波の音に包まれながら、静かに眺めていると、なんだか今ここにある奇跡を感じてしまう瞬間があります。

繰り返す波は何億年も休まず打ち寄せ、でも決して「同じ波」はなく、そして、その波は繰り返し命をずっと育んできたんですね。

この、「今ここに生かされている奇跡」を感じていると、何とも気持ち良く満たされた気分になります。
他に何もいらないと思ってしまう事もあるくらいです。

しかしながら、浜の向こうに大飯原発が見えます。
与えられている、今この瞬間の命の奇跡に感動している人達が多い社会であれば、原発のような、余分な物はあまり作らずにすむのではないかな?と思ったりしていました。

とにかく朝の素晴らしい時間を皆で祈り共有できたのが凄く嬉しかったです。

image.jpeg

朝皆で元気に出発!

天気がよく、今日も暑い一日になりました。

image.jpeg

美しいリアス式海岸!

海水も透き通っていて、かつてはここで鯖が沢山とれたのかな?と想像していました。

そして、その恵は鯖街道を通り関西に届けられていたのですね。

image.jpeg

小浜の街が見えて来ました。

image.jpeg

若狭一の宮

若狭姫神社にお参りしました。

ここの湧き水が美味しかった、暑いなか歩いて来たので身体に染み渡るようでした。

image.jpeg

「鵜の瀬」に皆でお祈りしました。
ここは毎年三月二日に「お水送り」という儀式が行われている聖地です。ここから送られた水が、地下を通り、奈良の東大寺に届けられると言われ、東大寺では「お水取」の儀式が同じ時期に行われます。面白い伝説もあるので是非検索してみて下さい。

このような聖地で美しい水に触れ、なんだか浄化された感じ!
皆で水への感謝の祈りを捧げました。
「私達の心がいつも水への感謝の気持ちで満たされ、水を汚さず、いつまでも水が清らかでありますように、どうか私達をお守り下さい、お導き下さい」
僕が捧げた祈りの言葉です。

image.jpeg

上根来に無事に到着しました。

自然豊かで美しい村!

でも、住んでいる人が今は大分少なく限界集落になってしまっているようです。

何とかこの村を守りたい!と色んなプロジェクトが行われているようです(^_^)☆

そのプロジェクトのいっかんのゲストハウスに私達も泊めていただきました。

お世話になった、

鳥居さんやアコさんに色々お話を伺いました。ワクワクするような企画も多くあるようで、なんだか嬉しかったです。



このような自然豊かな場所で山の恵と共に暮らすのが僕の希望でもあります。日本の大地の本当の宝は、山や森の恵みや、その山から湧き出る豊富な美しい水なのではないかな?思いますし、山や森や湧き水を守ることは私達にとって本当に大切なことだと思いました。

今日も一日、美しい自然に触れながら歩き、充実したウォークになりました。

Walk in beauty !

ありがとうございます☆彡

ホーミタクエオヤシン

山田
COMMENT