<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 断食護摩修行5日目報告@普光寺 森ヶ谷 グラウンド | main | スピリット オブ サンダンス キャンプ @ 普光寺 森ヶ谷 グラウンド 報告 >>
断食護摩修行6日目7日目 満行報告@普光寺 森ヶ谷 グラウンド
7日間の断食護摩修行
断食断水で行ってきた最後三日間の修行も無事、満行することができました。
最後の座は、リョウタさんとヤマチ君と三人で修行しました。素晴らしい時間でした。
神仏の加護、皆様のサポートに心から感謝しています。ありがとうございましたm(_ _)m

断食断水をしていると、普段ある力は当然なくなります。
あ!あの力は、食べ物や水から頂いていた力なのだと実感します。
頂いていた力を、自分の力と勘違いして、遠慮なくその力を使っていました。
そして、その勘違いから、作為的に行動し、なにか繋がらない、満たされることの無い欲望を元にした行動をしてきてしまった事にも気づきます。


今は、断食断水のお陰様で、その頂いている借り物の力が無く、自分自身がクリアーに見えます、変な作為も起きる気力もありませんし、自然に、ありのままに、考え、声を発し、身体を動かします。
本来、人は神仏に近い存在です。勘違いを取り除けば、仏たる自分の正体が見えてきて、無限の力が発動します。変な方向に行かないように、しっかりと導いてくれるのが、仏のご加護、行法の力、です。有難くも、仏と一つである有難い心境に今回も導いていただけました。心から感謝しています。


特に最後の座では炎が大きく燃え上がりとても熱かったです。炎がぐっと自分に近づいてくる感じがしました。そして、その炎の熱さと自分がシンクロしました。炎のエネルギーをダイレクトに感じて、あ!世界はエネルギーで出来ている!自分もそのエネルギーと一体なのだ!と感じました。そして、であるが故に、世界と一体であり、仏と一体なのだという感覚になりました。動作や言葉が世界と共に動いている感じ!一体感に溢れる力を感じながら、こんな風に祈りは常に届いていたのだという実感を得ました。有難い一体感!でした。

仏と一体に成る、のではなく、仏と一体である境地が見えています。
本来ある私達の命の姿は、生まれたての赤子のように光り輝いているからです。
それを曇らせる為に毎日を過ごすのではなく、いろいろな助けをいただいて、更に光を増し、分かち合う為に生きていきたいものです。



そして、断食断水が終わりましても、この気持ちをキープしいくのが理想です。仏の意と繋がったままでいる。そして、本来、食べ物や飲み物は、この人の真の行いをサポートする為に、与えられている有難いものです。食べ物や飲み物は頂いている仮ものです。実は、私の身体も仮ものです。食べ物や飲み物、そして空気は、環境そのものであり、母なる地球からの恵みです。ですから、本との意味で、その恵みに感謝することは、母なる地球と繋がることになります。あらゆるものに感謝しながら、天命を全うしたいものです。
人間は複雑なことを考える思考能力を与えられている分、勘違いにも陥りやすいようです。
その、勘違いを払拭する為にも、この修行は随分役に立ちました。
今は、無限の力に溢れています。有難いことです。



世界には輝いている人が沢山います。多くの方がもう気づいておられると思います。
護摩修行はそれに気づく為の一つの方法であって、全ての人に向いているわけでは無い事も承知しています。

今回、参加者の一人は六日目で断食断水修行を止めました。この7日間の断食護摩修行は思ったより厳しいようです。私は、何年もの鍛錬の結果、何気に良い感じで修行できていますし、その効果を皆と分かち合いたい気持ちで一杯ですが、この修行に参加する為には準備が必要なのかもしれません。止めてしまった参加者が言うには、護摩の意義がちゃんと分からない、お経も聞きなれなくて、断食断水の状況の中でモチベーションがついてこなくなってしまったようでした。もしも、この断食修行に参加したいと思う方がいたら、このブログのカテゴリーの「修行」の記事を読んでいただけたら嬉しいです。この効果や感覚を分かち合えればという気持ちで今までも記事を書いてきました。



この修行をしっかりすれば、凄い効果があります。無駄についた迷いや脂肪も落ち、身体が軽くなりますし、自然な一体感を感じることができ、無条件の喜びが心に入ってきます。生きている、生かされていることへのダイレクトな感謝が湧きます。もっと、もっとと求め続けている人達とは方向性が変わってきます。満たされる為に求めることはない、すでに満たされていて、大いなるものと一体である!だから、それを分かち合う為に生きたいと思います。


そんな気持ちで自然を見たら、もうキラキラしていてしょうがないです。世界は愛と感動と感謝のかたまりです。自然は自分の本分を忘れることがありません。木は木であるし、鳥は鳥であり、その中で与え合って、自分の役割を果たして自然界は調和しています。人間だけが、何になろうか?!迷っているのかもしれません。そう考えると、自然は偉大な先生です。木も石も大地も空も!そのままであって、大いなるものと調和して満たされている。
護摩修行は炎から学び気づかされている部分が多くあります。


今回は、この普光寺 森ヶ谷 グラウンドで7日間の素晴らしい修行ができました。
自然の中の祈りの場!このように炎や大地や太陽や風や水から、目の前の命の真実が学び易い場です。
是非、皆と、こんな命の喜びの内に、祈りや良い時間を共有していきたいです。

私達の心が本来の自分に気づき、命の力に溢れ、癒され、この地が癒され、この祈りが世界に届いて、本来の姿、愛に溢れた、人間社会が現前しますように☆彡

今後ともどうぞよろしくお願いします。
ありがとうございました☆彡

ホーミタクエオヤシン

山田拝


COMMENT