<< August 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 断食護摩修行6日目7日目 満行報告@普光寺 森ヶ谷 グラウンド | main | R134 Native Gathering @ 横須賀 Syokuyabo 報告 >>
スピリット オブ サンダンス キャンプ @ 普光寺 森ヶ谷 グラウンド 報告
スピリット オブ サンダンス キャンプ報告

今回のキャンプは最近私達が開いた場
自然の中の祈りの場、普光寺 森ヶ谷 グラウンドで
5月2日〜5日の4日間行われました。

この地での初回のキャンプということで、準備などに戸惑うこともありましたが、
結果的には、素晴らしい体験を皆で共有することができ、大成功でした。
ありがとうございました。

普光寺 森ヶ谷 グラウンドに、皆の謙虚で真摯な祈りのバイブレーションが注がれ、神仏、自然、精霊が応えたような瞬間が何回もありました。
この、愛に満たされた、精密で、無限の命の力に溢れた、祈りのバイブレーションが波紋のように広がり、世界が平和でありますように。子供達を守れますように!
これからも精進していきたいです。


今まで、ウォークで実感し伝えてきた、
7世代先まで(永遠に)続く、自然と調和した、人の在り方を確認し合うことができました。
原発や戦争や自然破壊にはもちろん反対ですし、今までも声を上げてきましたし、これからもアクションをしつづけます。
その上でさらに重要なことは、それでは、反対して、自分達はいったいどっちの方向に進みたいのか?ということを明確にしていくことです。
その方向性を具体的に形にし共有していくうえで、命、自然と共にある祈りは、生活や運動の礎となるべきもので、不可欠なものだと思ってきました。
その、祈りを共有できる場ができて、これから真の平和への道が更に明るく照らされ、
命の道の上を、美の内に、力強く歩いていけそうです。

大いなるもののご加護とお導き、この地を貸してくださる地元の方々、精霊、ご先祖様、大自然、ご縁の方々に心から感謝しています。ありがとうございます。

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★

オープニングセレモニー
ネイティブと大本と仏教、そして諸々の祈りを融合させたセレモニーをしました。
心開いて、わになって、共に祈れば、形や式次第は良い形に調和できるものです。

出口春日さんによる、大本のお祈り


仏教の祈り


沖縄出身のタバーンさんがエイサーを奉納して下さいました


ハルさんは
ネイティブとの繋がりも深い
日本山妙法寺の祈りをリスペクトして真摯にお題目をお唱えいただきました。

その後はネイティブの祈りを!
パイプなどは撮影禁止なので写真はありませんが
ホントに力強く素晴らしい祈りになりました。

昨年のスピリットオブサンダンスキャンプに来ていただいた
メディスンウーマン、ライナハートさんにも祈りを捧げました。
実は今年の初めに癌で急逝されました。
ライナさんが伝えてくれた、女性の教えは、崩れてしまった現代の男性性と女性性のバランスを取り戻す為にも、とても大切なものです。その教えと祈りを心からリスペクトし、無理を押して昨年その教えを届けてくれた愛に感謝して祈りを捧げました。
祈り通じたのか、ライナさんのスピリットがこの地に降りてきたことも感じることができました。普光寺 森ヶ谷 グラウンドに今後もライナさんのスピリットのご加護があることと思います。

ライナさん!いつもありがとうございます。

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★

トークサークル

毎日トークサークルを開いて、ネイティブの教え、大本の教え、仏教の教えをシェアしました。
これらの教えが融合出来るのは、
全ての教えが命を思考し讃え、命の根源を祈りの対象としているからです。
命の根源は一つなので、真に近づけば近づくほど、その表現方法は違うけれども、理解しあえるのです。今回のトークサークルでは、厳かな雰囲気の中にも笑顔が溢れ、私達はひとつなのだと腑に落ちる瞬間も沢山ありました。

ハルさんからは主にネイティブの教えが語られました。
ハルさんはサンダンスやウォークの道の良き先輩です。
2004年のWPPDのオーガナイズをされていて、上の写真のホワイトバッファローカーフウーマンの教えをシェアしていただいたり、ハルさんより以前から如何に、その祈りが日本の人に伝承されて来たかということなど、お話していただきました。

出口春日さんからは大本の教えの入門編をお話いただきました。

大本が信仰の対象にしているのは
「生命の根源である神であり、だからがゆえに、全てのものは神の断片である」こと。
そして、大本の信仰のあり方の一面に
天地、自然、生命を深く観察して、神の姿や働きを知ろうとしていること。

全ての教えの根源は一つであるという「万教同根」という教え。
言霊のことなど、深く共感できることばかりです。

山田は仏教者ですが、ネイティブの教えに触れることによって、それまでは、どうしても得ることの出来なかった、命の実感が、ウォークやサンダンスで得られたこと、そして、その体験を仏道修行に持ち帰ったら、自分の仏教に魂が宿った体験談などをお話させていただきました。
また、先日の7日間の断食護摩修行の時も、大本さんの「宇宙の本源は活動力にしてすんわち神なり」という教えに深く共感したお話などもさせていただきました。

参加者からも活発なお話が出て、お互い凄く勉強になったと思います。





スエットロッジ


キャンプ

コンポストトイレもサハラさんの尽力もあり無事に完成し、
お天気にも恵めれて、良い時間を過ごすことができました。

決して贅沢ではないですが、祈りの日々の中、皆で一緒に食べる食事はホントに美味しく、
私達を満たしてくれました。

ドラムサークル



クロージングセレモニー
最後のトークサークル。皆それぞれの良い体験や学びの報告が聞けて、よかったです。

4日間のキャンプの無事に感謝し
神仏、精霊、全ての繋がるものへ祈りを捧げました。












大本 愛善荘にお礼参り
ホントにいつもお世話になっています。大本の神々、春日さんや地元の方々が良くして下さるが故に、こうして祈りの場を私達は持たせていただいています。感謝を込めて皆でお祈りさせていただきました。

素晴らしいご縁の中で
信仰の違いを越えて、祈りと教えが融合できた素晴らしいキャンプになりました。
神仏、精霊、自然からの祝福もいただき、
自分達が目指していきたい方向性もより明確になったと思います。

これからも
命の道の上 祈りと共に 美の内を 共に歩いていきたいです。

この祈りが世界の平和、そして子供達の幸せに繋がっていきますように。

ご縁の皆様、
本当にありがとうございました。

ホーミタクエオヤシン

山田拝



COMMENT