<< May 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 9月15日に帰国してからの日々で感じていること 国会前→金沢文庫芸術祭→秋分のスエット→断食護摩修行 | main | お知らせ<2015年11月23日(祝) デニス師を迎えての祈りのギャザリング@京都 舞鶴> >>
9月30日 断食護摩修行を終えて
photo by masanori terai

昨日お陰さまで無事に7日間の断食護摩修行を満行することができました。
ありがとうございました。

広島〜長崎の戦没者供養のウォーク
そして、アメリカへサンダンスの旅に出かけ
帰国してからは、国会前で戦争法案の強行採決の日にデモに参加し
その後、新たなビジョンを持ち、皆とシェアしながらの護摩修行でした。

私達は戦争法案に反対し、平和を守れるか?どうか?の瀬戸際に立っています。
今までは、与党の方々の良心に少しは期待して、交渉をしていたわけですが
システム上それは不可能であることが、今回判明しました。


でわ、どうすれば良いか?
とにかく、先ずは来年の7月の参議院選挙にむけて
平和を求める、私達が”Unite”しなければなりません。
選挙制度上考えても、私達がしなければならないのは
分裂している戦争反対派が一つになるにはどうしたら良いのか?
を考えることでしょう。

どうすれば一つになれるのか?
それは、エゴを越えていくしかない。

でわ、どうすればエゴを越えていけるのか?
そうする為には
私達は本来自然の理の中、調和の内に
一つであることを思い出すことが不可欠だと思うのです。


今回の修行道場であります京都綾部の普光寺 森ヶ谷 グラウンドは
電気、水道、ガスなど一切通っていない、自然のままのバイブレーションを感じられる場所です。
そこで、このように修行をして、命の真実について考えられるのは有難いことです。

特に最後の3日間は断食断水をして修行します。
毎日三回の護摩修行をしますので、体力的にはなかなかハードです。
photo by masanori terai

でも、私達は最後まで力に溢れていました。
もちろん、先人から受け継いだ行法や智慧に大いに助けれたことは言うまでもありませんが、
命の真実に繋がり治すことで、私達の中にある命の力が沸きあがってくる体験を共有することができたのです。

photo by masanori terai

今回の修行はご縁あってテライさんとユミちゃん最初から最後まで一緒に参加していただきました。
テライさんは山伏修行の経験もあるので、修行者として精神的な強さをお持ちで、修行についてくるのは難しくなさそうでしたが、ユミちゃんは真っ直ぐな心を持っていますが、このような修行は初体験!どうなるのかな?と思いきや、最後の座は

不動明王の浄化の炎の力と
私達の祈りの力が共鳴して、
煩悩を乗り越え、エゴを乗り越えていける
歓喜の光の渦が天に舞いあがっているようでした。

photo by masanori terai

私達は3日間の断食断水中ですので、物質的な力が有り余っていたわけではありませんでした。
しかし、この7日間で心身を研ぎ澄まし、物質以前の力にアクセスするチャンスを得たわけです。

自然界で周りを見回しますと、実はそんな力に溢れています。
植物達は光から常に物質を生み出しています。
私達は、作物や水という物質を通して、その命の恵みをいただいているわけですが
人間もその命の力に物質を介さず、直接アクセスすることができます。
それを、私達は今回、実感したわけです。

photo by masanori terai

この湧き出す命の力に目覚めてこそ、ホントの意味で、この物質世界で分かち合うことが出来るのだと思います。

相対二元の物質の根源は絶対一元の物質以前の力です。
私達はそこから生まれ、そこに帰っていく。

私達は本来、無限なのですから
遠慮なく分かち合うことができるはずなのです。

そのホントの意味で分かち合うことが
ホントに意味での愛と平和に繋がっていくのだと感じています。

photo by masanori terai

それを、仏教では
「色即是空 空即是色」
と表現していますし

大本教では
「宇宙の本源は活動力にしてすなわち神なり。万有は活動力の発現にして、すなわち神の断片なり 」
と説き

ネイティブは
「ワカンタカ トンカシラ」
といいます。

植物はそんな力と常に共にあるわけですし
母なる地球や太陽や水、風や空気も
本来、全てそんな調和の内にあるのです。


私達が、その調和のもとにもう一度気づき治すことができれば
私達は、母なる地球が私達を愛してくれるように、愛し合えるのです。

今回は護摩の浄化の炎に助けらて
その大いなる命の力を感じ、一つになれる体験を共有しました。
私達は調和し、世界の平和のもとをみました。

これは思いがあれば、だれでも出来ることと思います。
むしろ、私達はこの命の力に生かされていない人などおらず、
ということは
大切なのは思い出すことなのです。



そして、ご先祖様のことを考えますと
物質的な面だけでなく、根源的な面も理解して、
初めて世界に調和が訪れることを
本来皆が知っていたということだと思います。
ですから、祈りの無い民族、部族はどこにもないのです。



というわけで
ちょっとしたコツをつかめば
誰でも、この至福の気持ちを思い出すことができます。

もちろん寺井さんのように普段から修行されている方はよりスムーズに出来ますし
純真なユミちゃんのような普通の女の子でもそれはできます。

私達がしている断食護摩修行にもそんな力があります。
今回、私達はそれを証明しました。

もちろん、断食や護摩修行という方法をとらなくても
その、無限の力と調和し、ホントの意味で分かち合い、世界を愛と平和で満たすことは出来ますね。


それをしている多くの人と歩きながら出会ってきましたし、まだ出会っていない人ももちろん沢山いるのだと思います。
そんな、人達と協力してこの大切な時を

平和に向かって
命の道の上
美の内に
祈りと共に
どこまでも歩いていきたいです。

いつもありがとうございます。
お陰さまで愛と希望に満ちています。



ホーミタクエオヤシン

山田拝



COMMENT