<< January 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 7.1 横浜→東京 28キロ 東京にゴールしました! 7月10日選挙に行こう Rainbow Walk | main | Rainbow Walk → 選挙 → これから 愛の発酵革命を進めていきましょう! >>
7.2~4 東京 大船観音ファイナルイベント 愛の発酵革命 7月10日選挙に行こう Rainbow Walk

7月2日 代々木公園

ナワカミッグギャザリングの仲間と糸島からふじいもん君が来てくれて、ウォーク歩き終えたあとのホットなバイブレーションと体験談をシェアしました。

木々に囲まれ、深くて愛のある明るいシェアが沢山できました。歌って踊って喜び合いました。

アースガーデンへ移動して

縁ある人達にチラシを手渡しました。

ドリルの松岡さん いつもここぞと言う時にきている、世界の祈り融合シャツは松岡さんにいただいたものです。

VOTEバッチがお洒落です。

7gグッズを作ってくれているユルユルさん達とも再会。

今後またグッズを製作してくれることになりました。9月あたりからまた可愛い7gティーシャツや手ぬぐいなどのグッズが登場しますのでお楽しみに。よろしくお願いします。

選挙フェス@渋谷駅

あいかわらず盛り上がってましたよ〜〜〜!!!!

7月3日 ファイナルイベント@大船観音

今回、お寺とご縁を繋げてくれたジャワ君とお参りです。

大船観音さん!慈愛に溢れたバイブレーションを世界に発しておられます。

大船観音さん平和への祈りも真摯されており、境内には「核兵器もない 戦争もない 平和な世界を」と書かれた碑があったり

広島原爆の火が灯されていたり

長崎の爆心地にあった石が安置されていたり

戦没者の慰霊碑があります。

まさに私達が長崎から東京までさせていただいて来た、平和祈願の象徴ともいうべきよりしろが集まっている境内で最後の祈りをさせていただけることに、深い仏縁を感じました。

アイヌの長老 浦川治造エカシに来ていただき、神々、自然への感謝の祈り「カムイノミ」をしていただけることになり慰霊碑の前に場を皆で準備しています。

カムイノミ

カムイノミは「アベフチカムイ」という神様を先ず呼びます。

「アベ」は火 「フチ」は女性母親 「カムイ」は神を意味しています。

この祈りは火の神様を通して、あらゆる神々に感謝の祈りを捧げ、お供えをします。

先ずは東側に火を焚いて、エカシが神様の名前を一々いいながら祈りを捧げていきました。

独特の動きで手を合わせるその姿は美しく慈愛と力に溢れたものでした。

ここの仏様のお名前、山の名前、関わる人達のお名前も呼んでくださり、それぞれにご加護いただいた神々に感謝していただきました。

私達もお供えさせていただき、恵みをみなで分かち合いました。

エカシの大らかな存在は精妙な雰囲気の中にも笑顔が溢れる心あたたまる祈りをリードしてくれました。

感謝と愛にあふれた素晴らしい祈りの時をすごすことができました。

ありがとうございました。

美味しい食事 かよてさんが素晴らしいお食事を用意して下さいました。

本堂にてトークとお祈り

最初に少しお話させていただきました。

ファイナルイベントにむけてこんな想いが・・・

「皆さんもご存知の通り現代の民主主義のモデルはネイティブアメリカンのイロコイ連邦です。
そのモデルとされている本来の民主主義にはあって現在の民主主義には決定的にかけているものがいくつかあります。

私が特に大切に思っていること!
それは命を生み出す女性性への尊敬と皆が心を一つにする為に輪をつくり、全ての意見を尊重し、調和の内に社会を進めていく社会構造です。

今回のファイナルイベントではそんなことを、先ず私達が体現し民主主義の本来の姿を表現することで未来への平和なビジョンを共有しそれに向かっての一歩としての選挙に行こう!のメッセージを発信できたらと思っています。」

そして、長崎から東京まで歩いてきて尚力に溢れていることをシェアしました。

仏教やネイティブの智慧から、全ての命は循環の中で無限であることを学んできましたが、その教えを意識しながら、今この時の日本を歩いてみて自分がどうなるのか?そこにも意識を向けてきましたが、今回は今までのウォークの中でも一番力が溢れています。

サポートカーもほとんどなく、20キロ位の荷物を背負い、約1400キロの道のりを平和祈願と選挙に行こう!の旗を掲げて、いろんな人と対話しながら歩いてきました。

厳しい現実と向き合いつつも、大きな希望を同時に感じ、自分達の精神と肉体の状況は最高で無限の愛に溢れている感じがしていることをシェアしました。溢れているので分かち合いたくなります。分かち合うのが愛です。僕達は歩くという行為でその愛に溢れていますが、全国でそれぞれのあり方で愛に溢れて分かち合おう!としている人が増えています。そんな、愛が広がり、奪い合う世界でなく、分かち合う世界がくることを愛の発酵革命と呼んで私達は提唱しています。

そんな長崎から歩いて運んできた、愛の酵母をみなさんと今日は分かち合いたいです。

観音経を唱えます

僕達は毎朝、瞑想して観音経と般若心経と御真言を唱えて無事を祈願して歩きだしています。

大船観音さま、道中お護りいただいた観音様のご加護に感謝して皆でお経を唱えました。

アイヌの祈り、仏教、ネイティブ、そんな祈り合わせをさせていただきました。

「どんな祈りやお経も、根っこは命に感謝する思いでつながっている。全ては愛なのです。命そのものに繋がるので、全ては一つに調和できるのです」

観音様は慈愛の仏さま。

♡念彼観音力♡
<突き抜けてる無限の愛の力と一つになる。>
という意味をもつ観音経の一節。

皆で心から祈りました。

トークサークル

エカシからアイヌの歴史など、意味深いお話を沢山お聞きすることができました。アイヌに対する弾圧や差別などの歴史を聞き、私達は多くの学ばなければならないことを知りました。

ホントにこの日本の大地と繋がり直したいのであれば、この大地と繋がっていた人達に何が起こったのか学ばなければ、ホントに繋がることは難しいと思うのです。素晴らしいご縁をいただき有り難く思っています。

そして富士山の「フジ」はアイヌ語の「フチ(女性・母親)」がなまったものだと教えてくれました。私も富士山にいつも手を合わせて拝みますが、富士山はやはり女性の山だったのですね。

他にも色々お話いただきました。もっと今後とも学ばせていただきたいです。ありがとうございます。

富士山から2012年のウォークの時、特にお世話になりました御師のキコリさんが駆けつけてくれました。「御師」とは富士山に登る行者さんたちを先導するお役目の方々です。

富士山には「吉田胎内洞窟」というものがあり、富士山に登るだけではなく、この洞窟の中で祈る胎内くぐりという修行で、富士山の中に入り「生まれ変わる」という信仰があります。

これは富士山の溶岩とその時にあった大木の組み合わせで自然にできた洞窟なのですが、その中はまさに乳や肋骨のような形をした場所もあり、ホントに胎内を彷彿とさせるものがあります。私達はそんな富士山の文化や自然を守る活動をしています。

日本にもこうして生まれ変わりの儀式があります。ネイティブのスエットロッジやサンダンスもまさに生まれ変わりの儀式であり、こうして「生まれ変わる」という体験の中で人は命というものを生きている間に何度も見つめ直してきたのだと思うのです。

私達の生活のサイクルの中にこのような体験を復活させていくことも、命の文化を取り戻す大切なファクターなのかもしれません。

レインボーパレードの初代理事長のカワチダさんもご参加いただきました。

カワチダさんは私がデニス・バンクス師に出会った1999年のイベント「レインボーパレード」の理事長さんです。もしも、このパレードがなければ僕はデニス師に出会うこともなく、こうしてウォークをしていることもなかったと思います。こうして、ファイナルイベントにもご参加いただき、なんだか縁の有難さと、奇跡をかんじておりました。

現在も限界集落の町おこしやエネルギー問題などに関わり精力的に活動されています。

水野みさをさん

地球の為になにかしたい!と言う思いと古代フラが結びつき、学び踊ってきました。

そんな活動なかでジョンレノンのイマジンにフラのふりをつけて踊ったりしてきました。ジョンレノンといえばLove & Peace の象徴ですので皆にダイレクトにメッセージが届きます。でも、最近、いろんな所で踊っていると、ジョンレノンのことを知らない世代がいることを知りました。私も踊り通していろんな事を学び感じてきましたが、今後は次の世代に伝承するという意味でも活動を続けていきたいと思いました。

きよみさん

私はマシナハルプリンというダンサーに出会い多くを学び、踊りを通して活動してきました。

二人の子供がいますが、二人目の子供を出産する時は自宅で立って産んだのですが、家族と共にしたその体験は素晴らしく、感覚的にも良いものでした。あの体験を思い出すと20年間くらいは愛に溢れることができます。命を産み出すとはそのようなものなのです。

一緒に沼津から歩いてきた かっかちゃん

今回はホントに良い体験ができました。こうして歩き繋がれることにも感謝することができました。今後も深めていきたいです。

ユリさん

鎌倉を歩いている時に偶然ウォーカー達とすれちがい、FBなどで友達が話題にしていた人達だと気づき声をかけてご縁が繋がりました。

ユウキちゃん

選挙のことを考えると不安になる時もあります。寝る前に子供達と平和の歌を歌って祈るのですが、不安な思いから笑顔になれない時もありました。そんな時に子供が、「平和を願うなら 笑顔でなくっちゃ」と言って手を取って一緒に歌ってくれました。その時に涙がでて、心が溶けていくようでした。

最近は、子供達と駅前で選挙に行こうのチラシを配る活動をしたり、皆で良い感じで活動もしています。

濃くも愛に溢れたシェアが沢山できた、実り多きトークサークルになりました。

女性性をリスペクトし、それを社会に還元していくシェアがしたいと思っていたのですが、そんな方向性を実践的に深め広げていく良い智慧を分かち合えてうれしかったです。ありがとうございました。

7gバンドライブ

最後は打ち上げです。

皆で心から喜びを表現し、分かち合いました。

この命の喜びが自分達の為だけでなく世界の平和に繋がっていると意識するとさらにその喜びがリアルに増します。

自分と言う枠をこえた大いなる命の喜び

そんな愛の無限の力をシェアできて浄化されたようでした。

皆で愛の酵母をいろんな形で分かち合えたファイナルギャザリングになりました。

全てのつながり、道中支援して下さった皆に心から感謝しています。
ホントにありがとうございました。

7月4日 サンライズセレモニー@観音崎

今回のウォークの最後のお祈りを4日の日の出と共に観音崎でパイプセレモニーをして捧げました。

終わりにして新たなる始まり!

放射能、戦争、憲法、TPP、などなど、今、向き合わなければならない問題はありますが、その問題をつつみこみ、世界そのもの、地球をも包みこむような、大きな命の愛の力で私達は生かされ繋がっていることを常に意識しながら、この変化の荒波を皆と共に乗り越えていけたらと思います。

ウォークは終わりましたが、この無限で愛と力に溢れたバイブレーションをキープして愛に酵母をシェアしながら活動を続けます。

7月10日の選挙の日まで聖地で祈りをささげ、路上活動なども続けてしますね。

平和を祈り、今回の選挙にもそれぞれのスタンスで積極的に関わっていきましょう。

つながるすべてへ
ホーミタクエオヤシン

山田拝

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

Rainbow Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/

COMMENT