<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 7GWalk for Peace 2017  11日目報告 3月9日 横浜→東京 27キロ 東京に到着しました! | main | 7 Generations Walk ~Water is Life~ 2017 >>
7GWalk for Peace 2017  12日目報告 3月10日 東京大空襲巡礼

7Generations Walk for Peace 2017 

戦没者供養 平和祈願 〜平和のために 祈り 歩く〜

 

http://blog.7gwalk.org/?eid=1262636

https://www.facebook.com/events/1347299288675040/

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆

朝、西大島駅近くの羅漢寺さんにお参りしました。

こちらの境内にも大空襲の後、約1000体の遺体が安置されていたそうです。

心からお地蔵様にお祈りして戦没者供養をして巡礼を始めました。

徒歩15分くらい

東京大空襲・戦災資料センターに行きました。

http://www.tokyo-sensai.net/

こちらは民間の力で運営されている資料館で、庶民の視点からのリアルな戦争を知ることができます。

 

先ずは東京大空襲のドキュメンタリーをみせていただきました。

これを見ると、東京大空襲の概要がつかめます。

 

そして、今回も、東京大空襲の語り部に二瓶さんにお話を伺いました。

二瓶さんにお話を聞くのは今回で3回目になります。

http://blog.7gwalk.org/?eid=1262464 2015年

http://blog.7gwalk.org/?eid=1262420  2014年)

二瓶さんのお話はいつも明快で、すっと私たちの心にそのメッセージが入ってきます。

そのメッセージはあまりにも重要なものですが、会を重ねて聞く毎に

私もより深くクリアーにそのお話を聞き、メッセージをよりしっかりと受け止められるようになった感じがしています。

なによりも、そのお話の裏にある心をより感じられる気がします。

何度でもお話を聞き、しっかりと学びを深めていきたいと思いました。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★
二瓶さんのお話より

■東京は100回以上空襲された。

■3月10日は何故下町を集中的攻撃したのか?
■東京で一番人口密度が高く木造建築ばかりなのに?
■大きな工場は京浜地区に集中しているのに?
■あきらかに民間人を狙った。
■工場で働いている人や、その家族など、庶民を殺した。
■夜中に空襲して恐怖を植えつける。
■3月は季節風も吹くのでこの時期に爆撃して火事の被害を拡大
■子供は燃えながら走っていた。
■火の粉は横から吹きつけ、背負っていた子供に火がついたり、子供は逃げる時に転んでしまうと、道も火の海なので火達磨になってしまっていた。

戦後から72年。
私は戦争というものがどういうものか知らない人が戦争を起こすのだと思います。
色々な視点があると思いますが、庶民の目で見た戦争、その中に本当の戦争の姿があるです。
戦争とはどういうものなのか?
それを伝えて、戦争だけは食い止めなければなりません。

 

しっかりと過去を見て

現在、駄目なものは駄目と言う

戦争とはどういうものか?

それを学び、どう生きていくか?

が大切です。

 

今は危ない時代になってきている感じがします。

戦後の今が、次の戦争の戦前にならなうように。

絶対に戦争はしてはいけません。

この日に必ず、資料館に来ると言う遺族の方々ともお話させていただき

色々教えていただきました。

やはり、生きた声に戦争の悲しみを一端を今回も感じました。

 

両国の東京都慰霊堂にむかいます。

 

途中の運河でも多くの方がなくなり、無数の遺体が打ち上がっていたそうです。

思いを馳せ祈りながら歩きました。

 

東京都慰霊堂

多くの方がお参りしていました。

 

私たちも真摯にいのります。

 

 

 

そして慰霊堂の裏にある納骨堂の扉も今日は開いていました。

中を初めてお参りしました。

東京都慰霊堂

大空襲の後、各地に仮埋葬されていた遺体は1948年にもう一度掘り起こされ、

火葬されて、身元がわからないものは200体づつ大きな骨壷に入れられ、

身元のわかるものは小さな骨壷にいれられ

約10万5千の遺骨が納骨されています。

 

☆ ☆ ☆ 

 

墨田川や隅田川の橋でも多くのかたが犠牲にりました。

 

厩橋のお地蔵さま。

 

隅田川をさかのぼります。

 

 

すみだ郷土資料館には、

戦災の体験をもとにした絵が展示してあります。

この絵には迫力があり

添えられているエピソードも心に語りかけられるものです。

何回来ても考えさせられる、素晴らしい展示です。

 

言問橋

こちらでも多くの方が犠牲になりました。

http://royallibrary.sakura.ne.jp/ww2/photo/kototoibashi.html

橋のたもとにある慰霊碑で心からお祈りしました。

ここでの祈りはいつもパワフルなものになります。

 

そして、さらに隅田川をさかのぼり東向島へ

ここに周りが火の海の中、焼け残り、現存する長屋があります。

こちらで最後のパイプセレモニーをしました。

 

戦争の悲劇を学び

平和に繋げる

ただ悲劇を知って終わりでなく

しっかりと平和への活動に繋げる。

この学びをなくして

本当の意味の平和はないと思っています。

そして、亡くなった方々の犠牲を忘れないことが

戦没者の供養になり

本当の意味での平和祈願に繋がっていきますね。

 

そのことを心からシェアしました。

 

そして最後は

命の本質を思い出す

「水を清めたまえ」の歌と踊りを奉納し

ギャザリングを終えました。

 

これからも

精霊たちが私達を見守ってくださいますように。

おかげさまで無事に巡礼を終えることができました。

 

浜岡からもこうして歩かせていただき

賛同、参加、協力してくださった皆様に心から感謝いたしております。

 

ありがとうございました。

 

ホーミタクエオヤシン

 

山田拝

 

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

 

参加方法 http://7gwalk.org/walk2012/registration/registration.html

参加要綱 http://7gwalk.org/walk2012/howto/howto.html 

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

7Generations Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412

 

 

COMMENT