<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 7GWalk Water is Life 大鹿→上関 5.20 阿智村〜中津川 神坂峠越え | main | 5.27 近江八幡→草津 25キロ 7GWalk Water is Life 大鹿→上関 荷物の重さについて考えていました。 >>
7GWalk Water is Life 大鹿→上関  5.24 大垣→米原35キロ 手放すことについて考えていました

http://blog.7gwalk.org/?eid=1262654

 

自由空間ナマステアーティストのアキコさん達と出会いました。

アキコさんのことは以前から知っていた大好きでしたのでここで出会えて嬉しかったです。

自由空間ナマステはオーナーのミワさんと共にすばらしい気が流れる場所です。

 

大垣から米原まで約35キロ歩きました。


旧中仙道を辿っていきます。やはり昔からの道は「歩く」には適していて比較的楽に歩けます。

 

大きな国道は最短距離でいいのですが、車も多かったりして旧道を通るよりも疲れてしまいます。

旧道沿いの一里塚で休憩していたら、東京の日本橋から旧中仙道を歩いて京都まで行く途中のおじ様に出会いました。

なんとなく同じ空気を感じたのか、二人で暫くお話したり、情報交換したり、歌ったりして良い交流の時間でした。おじ様はもとワンダーフォーゲル部だったそうです。その時の経験を活かして今は街道を歩いているそうです。歩いて旅している者同士が共有している、タイム感とか、価値観とかがあります。なんだか、この時代その場所では二人だけが共有している価値観のようですが、旧街道を歩いてきた悠久の旅人の価値観としては、わたし達は普通で皆と同じような気がしていました。

 


途中で醒ヶ井という宿場を通りました。
この町を流れる川の水は、この町の入り口から湧き出る、湧き水からできています。
この辺りからひろみさんが合流してくれました。
祈りを捧げて湧き水を汲んで飲んだらこれが美味しい!平成の名水100選にも選ばれているそうです。


この川の水は美しく、綺麗な川の水の中でしか咲かない「梅花藻」の花が咲いていました。


「Water is Life」淀みない水はホントに美味しいです。



琵琶湖のほとりでキャンプしています。


醒ヶ井や伊吹からの水も流れ込んでいるせいか、ここの水も美しいです。
水は命!この水が多くの人の命を支えているのですね。



足の痛みを「手放す」ことについて考えていました。

今日も足が痛かったです。


自問自答な道のり。ある時に「痛みを手放せ〜」という声を聞いたというか、突然そんな気分になりました。気付いたのは、それまでは足が痛い理由をいろいろ考えて、自分の足が痛いことを正当化して掴んでしまっていたというか、執着にも似た気持ちになっていたことです。そんな感じで「ぎゅっと」痛みを心が掴んでしまっていたので、その掴んでいる心を開いて、力を抜いて、仙骨だけに集中してなるべく脱力しながら、手放しながら歩くことを試みていました。
そうすると、痛みで緊張して足にかかっていた余計な痛みがなくなり、不思議と力が沸いてくるような経験をしました。

命の輝きは瞬間瞬間です。

次から次に光も力もやってくるのですが、今の状態にこだわったり執着したりすると、その湧きだす命の光の出口が狭まったり、蓋をしてしまっている状態なのだと気付きました。
それならばということで、歩きながら、痛み以外もいろいろ手放してみよう!と、してみました。予定を手放す、希望を手放す、光を手放す、闇を手放す、過去の栄光を手放す、いろいろ思い浮かんでくるもの全部手放してみました。
そうすると力が湧きました。体もリラックスして痛みも和らぎました。なんだかよく分からないのですが、とにかく良い感じで歩けました。


手放し続けたら、いまここで湧きだし続けているフレッシュな力が溢れました。
自分の想像を越えた、本来の命の力と共にある秘訣を思い出して、その力で歩かせていただいたような感じがとても有難かったです。

でもそんな気持ちになっても、まだ足の痛みがなくならないです。

気持ちが変わっても肉体や物質が変わるまでにはタイムラグがあるようです。それも経験上知っているのですが、このタイムラグをどうすごすのか?これは人生の大きな謎かけの一つであるのかもしれませんね。この時間で精神的強さが養われていくのも感じています。

光でも闇でもない 
そして
光でも闇でもある 
そんな所に
命が来た所
力の源があるような気がしています


いつもありがとうございます。

今日は雨がふっているので
午前中はゆっくりして、午後から琵琶湖を時計回りにゆっくりと京都方面に進んでみようと思っています。

ホーミタクエオヤシン

山田拝

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

 

参加方法 http://7gwalk.org/walk2012/registration/registration.html

参加要綱 http://7gwalk.org/walk2012/howto/howto.html 

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

7Generations Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412

 

 

COMMENT