<< September 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 今年も、仏とネイティブの教え、光と力が融合する活動をしていきたいです。 | main | 「祈り、歩く」という行為の一考察 ロンゲストウォーク5.3出発時、四日間の断食祈願によせて >>
ロンゲストウォーク5.3出発に寄せて〜デニス師の意思を引き継ぎ、この祈りのムーブメントを継承していきたいのです〜。

http://www.longestwalk.us/

 

ロンゲストウォーク5.3に来てみて色々と思うことがあります。
一番顕著に今までと違うのは、デニス師がいないということです。
昨年に亡くなったので当然のことなのですが、その存在感を想わずにはいられません。

デニス師がいればもっと上手くいくだろうなと思うことも沢山あります。
では、デニス師の「何が」ことを上手く運ばせていたのか?それを考えることは、今自分が何を学ぶべきなのか?を知ることに繋がるかもしれません。

デニス師の意思を引き継ぎ、この祈りのムーブメントを継承していきたいのです。
そして、そのことが私達の未来への確かな希望に繋がっていると確信しています。


私は幸運にも日本やアメリカ各地で沢山の時間をデニス師と共に過ごすことができました。
思い出すのは、あの優しい笑顔と深くて強い在り方そして美しい歌声です。

沢山の智慧や言葉もいただきました。その言葉や智慧を手掛かりに、デニス師が個人的にも団体的にも到達していたあの愛と力に溢れていた境地を思い出したいのです。



40年前にロンゲストウォークが起こった時は、ネイティブの方々は生きる権利を奪われそうな危機にあり、その危機を乗りきる為に、サンフランシスコからワシントンDCまで大陸を横断して歩き、署名を集め、その危機を乗り越えました。その時代は暴力がはびこっていましたが、暴力ではない、祈りの力で問題を乗り切ったのが素晴らしいことだったと思います。

 

その象徴として、常に祈りのパイプを先頭に歩き、人のエゴが導くのではなく、大いなるものの導きによって、ウォークが進んで行ったことが、多様で個性的でパワフルな350部族以上もあるネイティブの方々が一致団結することを導きました。

そして、そのメッセージの伝え方が言葉だけではなく、「歩いてアメリカ大陸を横断する」という行動で「私達は母なる地球と繋がっている」ということを在り方で示したからこそ、多くの違いを越え、人種や民族や国籍をも越えた共感を生んだのです。その愛と祈りの力はとてつもなく強く、問題を根底から解決に導いていくものでした。

 



今回のロンゲストウォークで焦点をあてている問題はドラッグと家庭内暴力です。その被害の大きさと広さは聞けば聞くほど酷いものです。

何故、そのような問題がネイティブの間にはびこってしまっているのか?多くの人が廃人のようになってしまっています。原因はなんなのか?色々な問題の原因が複合的に重なりあっています。まず最初は母なる地球と共にある生き方を植民地主義で奪われたこと。人種差別。アメリカンドリームを映画やテレビなどから植え付けられ自分の人生を否定的に考え続けなくてはならないこと。そんな、作り出され、押し付けられた価値観と現実の中で希望を失ってしまったこと。その中で現実逃避の為にドラックや酒に溺れてしまったこと。そして、狂ってしまった心が一番大切であるはずの家族を暴力で壊してしまったこと。そんなことが、内側からのネイティブの生活や文化を脅かしています。

奪われた生活様式や権利が外側から命を脅かし、絶望やお酒やドラッグが内側から命を脅かしているのです。

この二つの問題を解決できる要因は、本来の自然と共にあった人の在り方に戻り、希望を取り戻すこと。そして、78年にデニス師達がしたように、祈りと愛の力を分かち合うことです。

この二つのことを同時に伝え分かち合ってきたものがロンゲストウォークです。
ドラッグ問題や家庭内暴力のような内側の問題にも効くでしょうし、命の水を守るような社会運動にも大きな力となるでしょう。

日本にも多くの問題があります。その問題を根本的に解決するお手本が今までのロンゲストウォークにあり、これからも続くこのムーブメントに今までのように協力し、参加し、学び、助け合うことが、私達の問題を乗り越える根底的な力と希望になると感じています。

2月18日からウォークが始まります。
40周年を迎えるロンゲストウォークに
デニス師のスピリットのお導き、そしておおいなるもののお導きがありますように。

そして、
私達の進む道が母なる地球と繋がり直し、命の力と光に繋がりなおす生き方に導かれますように、私に繋がる全てのもの、仏様、神様、精霊、ご先祖様、にお導きを謙虚に乞いたいと思います。

私達がこのスピリットを日本の皆と分かち合い、それが私達の命の道を照らす光となりますように。祈り歩きます。

ご協力、ご賛同、ご参加をどうそよろしくお願いします。

ホーミタクエオヤシン

 


(2018年2月16日 ワシントン州ルミ族にて 祈りのスタッフに馬の毛を着けているところです phpto by 石川仁さん)

 

山田拝

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ 

 

ロンゲストウォークオフィシャルHP http://www.longestwalk.us/

 

The Longest Walk 5.3 のHPに掲載されているメッセージ訳文 http://blog.7gwalk.org/?eid=1262683

 

ロンゲストウォーク5.3出発に寄せて http://blog.7gwalk.org/?eid=1262687

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ 

 

7 Generations Walk schedule  http://blog.7gwalk.org/?eid=1262665

 

大鹿村のリニアについて http://blog.7gwalk.org/?eid=1262658

 

上関原発の現状について http://blog.7gwalk.org/?eid=1262664

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ 

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ 

7Generations Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412

 

 

 

COMMENT