<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< <お知らせ>7 Generations Walk 2019 〜命の事実に目覚めよう Wake up to the facts of life〜 9月28日〜11月12日 福島→長崎 | main | 敵の為に祈ってから始めたネイティブの活動の成功例から学ぶこと >>
No War Yes Peace 〜今は皆で協力して全力で戦争を止めましょう〜

 

アメリカとイランが戦争しそうになっています。

日本の自衛艦もなぜか中東に派遣されそうになっています。

 

もしも、アメリカとイランが自衛艦のそばで戦闘状態になったら、アメリカの同盟国ということで危険になります。集団的自衛権をもしも行使したら、日本も戦争に巻き込まれてしまう、せっぱ詰まった状態のようです。

 

 

集団的自衛権を行使できるように安保法案が可決してしまったのは、2015年の919日でしたが、このような時がいつか来ることは予測していました。

http://7gwalk.org/images/news201510.pdf

 

私達も秘密保護法が可決した直後の2014年から7 Generations walk for peace の活動を始めました。http://blog.7gwalk.org/?cid=56102

 

全国の戦没者供養碑を巡礼し、体験者からお話しを聞いて「戦争とは何なのか?」ということを学んできました。

その中でも鮮烈に記憶に残っているのが、東京大空襲の語り部の二瓶さんのお話しです。

二瓶さんは言いました。

「私は戦争というものがどういうものか知らない人が戦争を起こすのだと思います。
色々な視点があると思いますが、庶民の目で見た戦争、その中に本当の戦争の姿があるです。戦争とはどういうものなのか?それを伝えて、戦争だけは食い止めなければなりません。」

 

 

第二次世界大戦

 

東京大空襲では約10万人

広島原爆では約14万人

長崎原爆では約7万人

日本全体では約70万人が日本国内で犠牲になりました。

 

海外で亡くなった日本人は約240万人と言われていますので、

第二次世界大戦で亡くなった日本人は約310万人です。

 

その人数分だけ、命の軌跡があり、親の愛があり、残酷な悲劇がありました。

決して数では捕えきれない庶民の無念と絶望を忘れてはいけないのです。

 

そして

アジア全体では約2200万人の方が犠牲になったと言われています。

戦争を起こすと、本当に沢山の方が巻きこまれてしまいますし、

一旦、戦争が始まってしまったら、自分だけは大丈夫という例外はないことを覚えておかなければなりません。戦争はすなわち、私達の大切な人の命を危険にさらすことです。

 

戦争になったらどうする?ではなくて

戦争になっては絶対にいけないのです。

 

その為の努力をしなくてはなりません。

戦争になったら、平和を唱える者には、なすすべはほとんどなくなってしまいます。

 

 

戦争では大切な者を守ることはできません。

むしろ、敵も味方も皆不幸になります。

想像を越えた絶望的で残酷な悲劇だけがそこにあったようです。

 

そのことは第二次世界大戦を見ても、他の戦争を見ても明らかです。

 

 

ある退役軍人の方が言っていました。

「現代の戦争は戦争ではない。戦闘員ではない女子供まで大量に殺してしまうのだから、大量虐殺と言った方が良い」

ホントにそうだと思います。

 

 

素手か刀くらいで侍達が戦っていた時代はまだ「戦い」という事が言えるのかもしれません。でも、もう鉄砲が出来てからは、戦争は戦闘ではなく「虐殺しあい」になってしまいました。指ひとつ動かせば人を殺せてしまうのですから、命の重要性に目が向かなくなってくると、兵隊は戦士ではなくて、虐殺者ということにもなっていきます。

その鉄砲が爆弾に変わり、その爆弾は核爆弾にまで進化してしまいました。今は広島に落とされた原爆の約8000倍の威力のある核爆弾まであるそうです。次に本気で人類が戦争をしたら、人類は滅亡してしまうでしょうし、地球上の生命体そのものが危険です。そんな破滅的な選択をするべきではないと思います。

 

人や生命は各々が毎瞬間、精一杯に生きています。それはとても尊く美しいことです。

 

 

本当に家族や大切なものを守ろうと思う強き者は、もはや「戦争」という手段は選ぶべきではないことは明白です。現代の本当の戦士たちはそれを知っているのです。

ですから、現代は特に、非暴力という行動が大きな意味を持つようになりました。

 

これは、心に愛があり、私達はご先祖様、繋がる仲間達、自然や全てのものの愛によって生かされているという事実を知っている者たちの理論です。

 

しかし、人の中にはこのような基本的な知識もなく、戦争で富や名声や地位を得たい者がいるようです。己を知らなければ満たされることはないのです。満たされないからさらに貪欲なり、戦争がエスカレートしました。そして、誠実な人の無垢な子供達が犠牲にでもなったら、その親たちは仇をうったりして、不の連鎖は果てしなく、もう手のつけようのないくらい悲劇が巨大化し、皆が巻き込まれていってしまうのが戦争なのだと感じています。

 

しかも報復できたとしても、相手の兵隊も命令に従っただけであり、命令を出した者も欲望にまみれているだけ(-_-;)では、どこに本当の敵がいるのか?自分の子供を殺した本当の敵はだれなのか?

 

 

戦争をしたい人

その人の命令に従ってしまう人

犠牲になる人

戦争に巻き込まれる人

 

この全ての人が気づかなければ、戦争は終わりません。

 

 

ですから、私は全ての人が気づくように祈りたいと思います。

デニスバンクス師は自分達の権利を奪おうとしている、大統領と大統領の家族の平和と幸福を祈ってから、ロンゲストウォークを始め、最終的に平和的に皆の協力と愛の基に、ネイティブの権利を守りました。私も師の道を継続して歩きます。

 

 

本当に自分の大切な人が大切なのであれば、今この時に戦争には全力で反対するべきです。戦争は他人の国で起こっている事などと思っていたら、こっぴどく痛い目にあうのは、第二次世界大戦で日本の庶民が体験したことですし、今、世界中で起こっている戦争を見ても同じです。

 

 

戦争になる前に、戦争を食い止め、平和を守る方法で効果的で良いと思うのは、「身近な人と話すこと」だと感じています。戦争をしっかり庶民の視点で理解して、話し合うべきでしょう。自ずと答えは出てくると思います。

 

 

あるビジョンが見えます。

オリンピック期間やその周辺でテロが起き

その報復の勢いで日本が一気に戦争に突入していく。

 

オリンピックでなくても、今の法体制では日本がテロや攻撃の対象になる可能性は充分あります。

 

 

9.11の事実が意外なものだったということもあります。

https://www.youtube.com/watch?v=0d5L8gzIsT8&t=13s

 

戦争のきっかけになる事件は私達の想像を越えた、びっくりするようなこともあります。戦争をしかけたいのであれば、日本のオリンピックでテロを起こすことは効率的なダメージの与え方だと思います。

 

 

自分や自分に繋がる者たちが犠牲にならないように気をつけるべきです。そして、自分の子供や大切な人を殺された人が、報復の為に戦争をしよう!と言う時に、「戦争をしても、自分達の大切なものは守れないから、戦争はできない」という事をしっかりと言えるか?そのような世論になるのか?そこが問題です。

 

 

メディアの力は強大です。世論を戦争の方に引っ張り扇動するでしょう。

第二次世界大戦の大本営発表がかなり偏った報道だったことは有名ですが

最近の日本の主なテレビや新聞も同じような状態であることは、この文を読んで下さっている方はよくご存じだと思います。

そのメディアよりも強い力を持たなければなりません。

 

 

その力は

己を知る力

私の命は奇跡で、全てと繋がっているということを自覚している力

母なる地球と繋がっていて常に沸き上がる新鮮な力

独りで立っていると同時に、全てと共にある力

 

脅しに負けない力

ドグマに毒されない力

利己主義は満たされないことを知る力

 

そんな力で、今、この危機を乗り切っていきたいのです。

 

 

そんなホントの力をつける為に私達もウォークや活動を続けてきました。

暴力の渦や狂気の中でもぶれずに、生命を守れる強さを分かち合いたいと願ってきました。

 

綺麗な言葉を並べてみても、そこに実行力が無ければ、言葉は意味を失ってしまうでしょう。ですから歩き、言葉を行動に移し、己の力で実現する力を鍛えてきました。

 

 

当然のことですが、機械や車は道具であって、己ではありません。しかし、乗っている車を自慢したり、誇りに思いすぎてしまう人、車があることを当然のように思っている人は、無意識のうちに車を己に置き換えてしまっている可能性が高いのです。車をお金に置き換えても同じことです。己を見失うと満たされないので貪欲になり、争い、戦争に加担していくことになります。

 

平和を求める時も、同じ危険性があります。戦争に反対し、平和を求めても、今も尚世界から戦争がなくならないのは、その危険性の意味する障害に妨げられているからなのかもしれません。それは、何かに「反対」しすぎて、己を見うしなってしまうという危険性です。「己を見失う」という点では、「貪欲」も「反対」も同じ可能性を持っています。

 

 

仏教にはこのような言葉があります。

「仏道をならふといふは、自己をならふなり。自己をならふというは、自己をわするるなり。自己をわするるといふは、萬法に証せらるるなり。萬法に証せらるるといふは、自己の身心および他己の身心をして脱落せしむるなり。」(道元禅師 正法眼蔵より)

 

今の私なりに意訳してみますと

「仏道を学ぶとは、自分について学ぶということです。自分の事を知ろうと思うと、我から離れて、俯瞰的に自分を見つめる必要があります。俯瞰的に自分を見つめると、自分は母なる地球、水、太陽、空気、自然、全てのものとの繋がりの中で生かされていることを知るでしょう。全てのものと繋がっていることを自覚し、それを心と体に落とし込むことができたら、私とあなたとの境界線はなくなり全ては一つであることに気づくでしょう」

 

私も長年の仏道修行の中でこのようなことを体験させていただいてきました。

 

もしも、これに気づけば、自分は「個にして全 全にして個」ということが分かるでしょう。そうなると、あなたが私であり、私があなたであることになります。そうなると、もう戦争も虐殺もできなくなります。戦争を止めたくなるでしょう。

 

このことは事実でありながら、表現が難しい。それは命そのものが奇跡のような存在だからです。しかし、この奇跡を表現し共有し、相乗効果でさらに命を輝かせる為に、芸術が産まれ、文化が育まれてきました。

 

 

現代のウォークという文化の中で私も多くを学ばさせていただいてきました。

昨年の福島から長崎までの10周年ウォークの時も、自分と母なる地球が繋がり、無限に力が沸き上がってくる体験をしました。その力で、長崎まで約1400キロを元気に祈りと共に歩ききることができました。「個にして全 全にして個」「色即是空 空即是色」の体験をすると清々しく力が身体にみなぎります。そのような状態である時は自分が満たされていることを実感できます。

 

スエットロッジも同じような体験ができます。

ネイティブの教えには、ナショナリズムが入っていないので、純粋に母なる地球や全てと繋がっている自分に立ち戻らせてくれます。ですから、スエットロッジを全国でしています。

 

そして、そのような感覚を人との関係性や社会の中でどう活かせば良いのか?その為の知識を共有する為にネイティブの「7つの美徳」を学ぶシェア会もしています。

 

これからもこのような活動は続けていきます。その予定は7Gのホームページをご覧ください。http://7gwalk.org

 

 

私達は私達の方法でそのような事を分かち合っています。

きっと皆さんも別の方法で同じようなことをしていると思います。

このようなエネルギーは交わると共鳴し、相乗効果で増大し、さらに拡がっていくようです。皆さんのことも教えてください。皆さんと魂の交流をしていきたいです。

 

 

反対ばかりしていても戦争は終わりません。

平和の明確なビジョンを示し、実践しなければなりません。

 

己を知り、

そこから自然に声を発し

大いなる自然の流れに乗って

清々しく満たされて

愛を分かち合う

 

世界は一つに繋がっているから

仲間の安全を祈り

敵と思われる者の為にも祈る

 

自然をモデルにして考えると

調和と循環の中で全ての命はあることが理解できます。

平和です。

 

一人一人が平和であり

平和な社会を築きましょう。

 

 

今は皆で協力して全力で戦争を止めましょう。

 

ニカニガナ

 

山田拝

 

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

7Generations Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

 

7GWalk Schedule http://blog.7gwalk.org/?eid=1262665

 

今年も、仏とネイティブの教え、光と力が融合する活動をしていきたいです。 http://blog.7gwalk.org/?eid=1262686

 

大鹿村のリニアについて http://blog.7gwalk.org/?eid=1262658

 

上関原発の現状について http://blog.7gwalk.org/?eid=1262664
 

 

 

 

JUGEMテーマ:幸福に生きる

 

COMMENT