<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2020.3月メッセージ vol.2 バランスについて考える | main | 2020.3月メッセージ vol.4 手放すことについて >>
2020.3月メッセージ vol.3 精神と肉体の統合が社会に与える影響について

316

20203月メッセージシリーズの3回目です。

 

1回目は癒しには「心、体・社会、自然」の三つが「調和」していることが必要

http://blog.7gwalk.org/?eid=1262721

2回目は「心、身体・社会、自然」の「バランス」を如何に取るか?ネイティブではバランスは尊敬を表していて、対話が大切

http://blog.7gwalk.org/?eid=1262722

という風に進めてきました。

今回は、心・意識と肉体の統合についてお話ししたいと思います。

 

 

コロナウィルスの影響が以前拡がり、ヨーロッパでも猛威を振るっています。人類の歴史上今まで何回も疫病は蔓延してきました。疫病は現代社会の中においても当然のリスクです。そのリスクへの備えが充分でなかった地域や国で大きな混乱が起こっているようですう。

 

 

病はお釈迦様の時代から向き合ってきた人類が抱える根源的な問題の一つです。病には個人的にも社会的にもしっかりと向き合うべきであり、癒しを分かち合う必要があります。その答えを先人達も求め、その答えを後世の私達に伝えて来てくれました。

 

ですから、人類にはその答えの蓄積があり、もしも、私達が普段からそのことを忘れずに、しっかりと生きていたのであれば、どんな病に遭遇しても精神的に混乱することはないはずです。仏教には「如来如去(にょらいにょこ)」の教えがあります。これを病に向き合う場面にあてはめて考えてみますと、「生老病死の苦しみは無くなることはないが、同時に命の力も常に私達に降り注ぎ、沸き上がっている。それを見つめて、不安を取り除き、受け取り、手放しなさい」というふうに理解できると思います。そのことをずっと伝えてきたのが仏教でもあり、ネイティブの教えも、他の教えでも同じことを昔から伝えている方々は沢山います。その理を如何に思いだし、今に生きるか?が本当の癒しに繋がっていくと思うのです。「現象は変わっていくが、理・法は変わらない」というのが事実だと思います。「変化することなく、変化に対応できるのが真実」とネイティブも教えています。

 

その理を、精神、肉体、医学、社会、に如何に統合していくか?それが統合されているのが、あるべき姿であり、目指すべき姿でしょう。あるべき姿が明確であればあるほど、癒しは起こりやすくなると思います。

 

病が起こる前から、今ここにある命の力に目覚め、受け取り、分かち合っていくことが備えになり、真の癒しに繋がります。東洋医学では未病という考え方もあり、病気になるまえに、対処していることが大切です。逆に病になってから、疫病が流行ってから、焦っても遅いということになります。日本の社会、政府は後手後手で、備えが充分ではなかったことが露呈しています。本来ならば、こんな時だからこそ、皆で助け合って、協力して困難を乗り越えていこう!というふうになるのが、健康な社会であると思いますが、そのような雰囲気があまり感じられないのはなぜなのか?今の社会は、病に弱く、健康ではないことが明らかになっています。そのことをしっかりと見つめ、改善していける方向性を見出していけたらと想っています。

 

 

ロンゲストウォークというお手本から体験する

 

精神と肉体と自然が調和した個人的な体験も多くあります。それを理と照らし合わせながら、皆と分かち合っていけたらと願っています。

 

先ず最初にお伝えしたいのが、ウォークの体験です。デニス師の勧めで2006年に初めてアメリカ横断のセイクレッドランに参加しました。リレーで走ってアメリカを横断する体験です。走って横断していくのですが、でも、そこには祈りがあり、コミニティーがあり、社会との関わりがあり、もちろん自然の中を走り、精神、肉体・社会、自然の全てと関わる統合的な活動でした。デニス師の導きを信頼していたということもありますが、この活動に深く納得し、ワクワクしながら走っていました。その中で自分を閉じ込めていたような既成概念が壊れていきましたし、分かち合う皆の行動に心が開かれていきました。そして、母なる地球に繋がった感覚を体験し、コップ一杯の水の中にある奇跡にも気づくことができました。それは自分にとっては深い癒しの体験でした。2008年と2011年にはロンゲストウォークに参加し、今度は歩いてアメリカを横断する活動に参加しました。ロンゲストウォークにはネイティブの生きる権利を守ったという社会的な功績もあり、本当の意味で統合された活動であったことがお手本として示されています。

 

 

その中で精神と肉体が繋がり無限に歩ける体験もしましたし、仲間達とホントに心繋がった喜びもあり、社会的な交流も愛に溢れたものになり、活動に天地が応えてくれるような体験がありました。ウォークという活動の中ではホントに満たされた体験を何度もさせていただき、あ〜普段の生活もこんな感じでいられたら良いな〜という体験を、心、肉体・社会、自然が共鳴するという、観点から味わい、その理が真実であることを確信しています。その感動を暮らしに統合する為にも今も活動を続けています。ウォークという一つの現代における実践的な知恵を師から与えられたと感じています。

 

 

 

その後、自分一人でも日本中を歩き始めました。そして、デニス師の啓示もあり、2009年から日本で7 generations walk を始め、デニス師のお手本を念頭に置きながら、祈り、行動、社会、自然を統合した活動を心がけてきました。

 

 

しかし、歩いていると色々あります。もちろん、最初は往年のウォーカーや歩ける人と一緒に歩いていましたので、その人をお手本に歩きました。皆で歩けば歩ける!というのももちろんあります。師や先人達と一緒に歩くことで、人が歩けることは理解できました。

 

 

それから、一人で歩いたり、ウォークをリードするようになるとまた違った気づきが必要になります。

 

毎日の目的地の設定をどうするか?毎日だけでなく、毎週・毎月の行程を力が消耗する方法ではなく、力がどんどん溢れていく方向で如何に進んでいくのか?精神と肉体が繋がるということは、自然とも繋がり、自然のように力が循環していることを意味しますし、そのように循環してなければ、社会にその活動が波及しないことも意味しています。

 

 

祈りと行動を結びつけること。

 

まず、その前に全ての命は真実の上に存在しているということを忘れずにいたいと思います。命がここにあることは本当に凄いことです。感動するほど凄いことで、理解を越えるほど偉大なことです。ですので、祈ることはその真実に目覚める為であり、祈ったから真実であるということではないことを意識しています。ですから、祈りは感謝から始まります。

 

その事に目覚めていればこそ、歩き続けることが出来たと言っても過言ではありません。7gウォークでは毎日20キロ近くの荷物を背負って平均30キロくらい歩いて行きます。一日二日ならこれをすることは割と出来ると思うのですが、一週間、一か月、五か月続けるとなると、そこには色々なことが起こり、色々な事が明らかになっていきます。もちろん途中で肉体的に不調が生じて歩けなくなる人や、精神的に難しくなって止めてしまう人も多くいました。それも一つの学びとして参加者の皆さんにも受け取ってもらえていると思います。

 

でも、たった150年くらい前までは日本の庶民達は皆歩いて旅をしていました。江戸から長崎まで旅をした人も多くおられるようですし、女性や子供も京都→江戸くらいは皆歩いていたのです。道の状況など様々な違いはありますが、長い距離を歩くといのは人間本来誰もがもっている能力なのです。その能力に目覚めることは、本来の自分に目覚めることになります。

 

 

 

人の心の力というのは偉大です。

統合的に理解し、心が決まると、今まで眠っていた力が目を覚まします。しかし、これは無理をする!とか、頑張る!というのとは意味が違います。無理や頑張りが持続するのは短期的なものなので、長期間を歩いていくことには向いていないのです。ですから、頑張ったり、無理している人はいずれは歩けなくなってしまいます。しかし、歩く意味や、喜びをしっかりととらえ、繋がっていく人は歩き続けることができました。もちろん「歩く」というのは一つの行為ですので、歩けないからその人がダメな人ということを言いたいのではなくて、「歩く」という行為を通して、人生における道をしっかりと歩き続ける為の知恵として、この事を御伝えしていますので、「歩く」を「生きる」とか「人生の道を歩む」みたいな感じに置き換えて理解してもらえたらというのも今回のシェアの要点なのですが、「歩き続けられた」ことから、妄想的とか机上の空論ではなく、精神と肉体の両方から得たの現実的な知恵を皆さんと分かち合えたらと願っています。ですので、「歩く」のを止めて、統合するというコンセプトから違う方法を選んだ仲間は沢山いて、その仲間達を尊敬しています。要は心が目覚めれば無理なく本来の力が発揮できるということです。

 

 

そして、力の入れ方というのもあります。

ウォークでは一歩一歩も大切であり、そしてまた目的地を見据えて、その道のりをしっかり計画することも大切です。今ここと目的という二つのバランスを如何に取るか?ということがとても大切になってきます。これには、仏教の胎蔵界と金剛界曼荼羅の知恵も凄く役にたちます。ネイティブも真実の教えの中で「過程と結果の両方が大切」と伝えています。

 

 

あとは自分の中のエレメントのバランスを如何にとるか?ということも大切です。力の入れ方と抜き方というのもあります。私の場合は、肉体の中にある地水火風空のエレメントバランスを意識したり、走る時は木の在り方を常にお手本にして走ったりしています。方法も大事なのですが、無限というものを常に意識することも大切です。そうすると自然に安心してリラックスできます。木は無限に大きくなりますから、その在り方をお手本に、自分の精神性の成長を意識すると、自分の存在意義を精神的視点から捉えることができます。

 

 

そんなことを意識しながら歩いていると、なんと言うかゾーンに入り、自分が繋がっている感覚を確信しながら歩け、仲間とも繋がり、社会にそのメッセージが届いている結果を見、自然が応える体験をさせていただきました。体験的にあるべき姿を確信した瞬間でした。その体験はまだまだ深まっていくとして、方向性としては、間違っていないことを確信しています。

 

 

そして、その感覚が自分の中のセンサーになります。この方向性であっているとか、何か違和感があるとか、心地好いから良しとするという感覚が皆にあると思うのですが、その感覚が自分の妄想ではなく、如何に主観と客観のバランスの取れたもので、机上の空論ではなくリアルなものであるか?ということが大切なのだと感じています。

 

 

その感覚にしたがって、自分の責任で自分の道を進んで行くしかないのですが、その感覚に自信があればあるほど、ぶれずに、病の時は癒しに、迷いを確信に変化させていけるのだと思います。

 

 

この事の精度を高め、妄想に陥らず、現実に即し続ける為にも違うジャンルの方々との対話が必要です。そして、生命を破壊するものや、アンバランスなものを手放していく必要があると思います。現代社会の問題の原因は貪欲さ、満足を知らないこと、独占欲、などが原因になっています。欲望に溺れた人たちに、欲望を手放せと言っても聞く耳を持たないことがほとんどなので、欲望を手放した清々しさをお手本として示していくことが必要なのだと思います。走る時も余分な考えを手放して、力が入りすぎている所の力を抜くと上手くいくことが多いです。精神と肉体を繋げ、その清々しさを社会に反映させていけたら素晴らしいと思います。

 

 

自分自身を見つめています。自分の存在はあくまでも命の真実の上にあります。そのことは確信しています。ですからそのことは深く感じ、どうやって、それを肉体的、社会的に実践していくか?を自分自身で考え、皆で考えていくことができれば、おのずと、生命が喜ぶ方向に進んでいけるのだと感じています。

 

 

山田拝

 

 

https://youtu.be/umb-r6VfYDU

 

 

 

2020.3月メッセージ vol.1 癒しについて考える http://blog.7gwalk.org/?eid=1262721 

 

2020.3月メッセージ vol.2 バランスについて考える http://blog.7gwalk.org/?eid=1262722 

 

2020.3月メッセージ vol.3 精神と肉体の統合が社会に与える影響について http://blog.7gwalk.org/?eid=1262723 

 

 

7gピックアップ記事

 

人びとを救ったアニシナベ族に伝わる7つの美徳とスエットロッジ http://blog.7gwalk.org/?eid=1262719 

 

 

精神性と信仰の必要性と、宗教との関係と違い http://blog.7gwalk.org/?eid=1262718

 

 

敵の為に祈ってから始めた、ネイティブの活動の成功例から学ぶこと http://blog.7gwalk.org/?eid=1262717

 

 

No War Yes Peace 〜今は皆で協力して全力で戦争を止めましょう〜 http://blog.7gwalk.org/?eid=1262716 

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

7Generations Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

 

7GWalk Schedule http://blog.7gwalk.org/?eid=1262665

 

今年も、仏とネイティブの教え、光と力が融合する活動をしていきたいです。 http://blog.7gwalk.org/?eid=1262686

 

大鹿村のリニアについて http://blog.7gwalk.org/?eid=1262658

 

上関原発の現状について http://blog.7gwalk.org/?eid=1262664

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:幸福に生きる

COMMENT