<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 2020.3月メッセージ vol.3 精神と肉体の統合が社会に与える影響について | main | 2020.3月メッセージ vol.5 春分の体験 目覚めること >>
2020.3月メッセージ vol.4 手放すことについて

 

318

20203月メッセージの4回目です。

コロナウィルスの影響の最中ですが、こんな時こそ、個人的・社会的に向かうべき方向をもう一度見直すことが必要ですので、対話しながら、未来への明るく持続可能なビジョンを分かち合っていけたらと願っています。

 

1回目は「心、肉体・社会、自然」が調和して、揃った状態で進んでいくことが大切

2回目は「その三つのバランスと対話と尊敬し合うことが大切」

3回目は「精神と肉体の統合が社会に与える影響について」

という風に進めてきました。

 

今回は「手放すこと」についてお話ししたいと思います。

 

 

前回のお話しの最後にも手放すことの重要さを御伝えしました。現代社会は特に人類の貪欲さが科学技術の助けを得て、精神的、肉体的学び抜きにその貪欲さが現実化され満たされることによって、その欲望がさらに増長し手がつけられなくなってしまっているように見えます。そのような幻想と妄想が肥大して、現代物質至上主義の中で「自分とは何か?」ということが分からなくなってしまっている人が多いのだと思います。

 

 

「自由」という日本語は英語の「Liberty」と「Freedom」の両方の意味を持っています。

https://whitebear0930.net/archives/6471

Libertyは他の抑圧からの自由、Freedomは自分の意思で行動することを意味しています。

Libertyはもちろん、国の悪政に苦しめられたり、誰かに支配されていることからの解放を意味していますので、社会的な意味の解放です。

そして、Freedomは自分の意志の通りに行動出来ることですので、より個人的な意味が強いと思います。これは外面的、内面的両面の解放があって始めて自由と言えるということになると思います。

外面的な自由はある意味、形として分かりやすいのかもしれません。しかし、自分の意志と言った場合、先ず「自分とは何なのか?」という疑問に当たると思います。自分が分からなければ、当然の自分の意志というものが明確になってきません。欲望というものも、他から植え付けられたものが多分に含まれている場合が多いので、注意が必要です。むしろ、欲望に支配されてしまうと自分が見えなくなってしまいますので、欲望からも自由になることが必要です。

 

自由が分からなくなってしまえば、せっか守られてきた自由がまた奪われてしまうでしょう。

 

 

自分を知るというのはとても重要なテーマであると思います。

仏教にも、道元禅師が説いた正法眼蔵の中にこのような言葉があります。

「仏道をならふといふは、自己をならふなり。自己をならふというは、自己をわするるなり。自己をわするるといふは、萬法に証せらるるなり萬法に証せらるるといふは、自己の身心および他己の身心をして脱落せしむるなり。」

仏道も己とは何なのか?という所から始まります。

 

 

「癒しとは繋がりを取り戻すこと」とネイティブは伝えていますが、これは別の視点から同じことを言っていると理解しています。前に述べた、仏道では、自分を知り、我を手放すと、全ての者と繋がり、一つになれる」という風に進んでいきます。ネイティブは「繋がると、本当の自分に目覚め、内なる力が発動し、癒しが起こり、本来の自分に戻れる」という事ですので、どちらから入るかは違うのですが、内面と外面が調和していることを良しとしているのです。その姿が、人、生命の自然な姿であり、あるべき姿であるといううことなのでしょう。

 

 

そのことを実践的に学ぶ方法として、今回、ご紹介したいのが、スエットロッジと断食護摩修行です。毎年、春と秋のお彼岸の時にこの二つを綾部の普光寺森ヶ谷グラウンドでさせていただいています。

 

 

スエットロッジ

はネイティブの浄化の儀式で「生まれ変わりの儀式」と言われています。

母なる地球の子宮に見立てたロッジの中に入り、焼けた石の上に水をかけ蒸気を発生させて、男性性と女性性の融合したエネルギーの中で、自分が母の子宮の中で受け取っていたような命の根源の力に触れます。そして、その力の調和することによって、命の原点に戻り、生まれ変わるように、自分を浄化します。このエネルギーが凄く強く感じる時があります。しかし、考えてみると、自分の命がここにあるということは、数えきれないご先祖様と、先人たちのスピリットから受け継がれ、大地・自然万物の命の循環の中で生かされていきたわけですから、そのエネルギーは本来、広大で強力なわけです。しかし、その広大さや強大さを肉体と精神という鞘に収める形で、調和した平穏な毎日を送っているのですが、たまにはその鞘からその中身を出して、その力を味わなければ、その鞘が何の為にあったのか?さえ忘れてしまい、自分達の暮らしが迷走してしまうわけです。私達の中に普段からある、その大いなる命の力は本当に偉大なものです。無限であり、愛に溢れています。その力を体験的にも意識的にも理解して、感動して、一体化しているか?どうか?これが人生や社会の健康度に大きく関わってくると思います。頭で理解し、体験し、一体化してこそ、命の道を清々しく進んで行けるのだと感じています。

 

 

断食護摩修行

にも同じような意義があります。

今回は三日間断食断水するのですが、食べ物と飲み物が無いとあっという間に力がなくなります。それまで、自分の力と思っていたものは、食べ物からいただいていた力であり、飲み物からいただいていた力であることが体験的に思い知らされます。その体験からだけでも、自分は「生きている」のではなくて「生かされている」ことを実感できるわけなのです。それでは、自分の中にある自分でないものをその視点から見つめることにして、じゃあ自分とは何なのか?この護摩修行でそこが見えてくるわけです。護摩修行でな壇の中心で炎を焚きます。その炎は、形あるものを灰にしてしまう滅の働きと、同時に命の力を与えてくれる太陽なよう「生」の働きも同時に表しています。「色即是空 空即是色」と般若心経でも説いていますが、まさにその事を体現しているものとして、その炎を見つめ、そのことに目覚めさせてくれるのが不動明王だと説かれています。この理に目覚めると全ての苦しみから脱することが出来ると般若心経にも書いてあるのです。そのような体験が深まってくると「個にして全 全にして個」の境涯に入っていくとも言えると思います。

そのようなことを実感する為に密教では「身口意」を和合させることが重要です。意識をそこの合わせ、真言を唱えバイブレーションを整え、身体バランスを整えて、その三つかが調和すると、リアルに自分と世界が繋がります。それこそ、自己が無限の大いなる命の力に溢れるわけです。

 

仏教の場合は整えてから繋がる。ネイティブは繋がってから整うです。ですから、この両方の経路を持つことがバランスの取れた在り方だと感じています。そこに日本の神仏習合の奥義もあったのかもしれません。

 

 

「個にして全 全にして個」を実感した上で、もう一度「自分とは?」を問いかけてみるとまた違う感じでその問いかけに応えられると思います。この境地を知れば、私が他で、他が私ですから、他の喜びを自分の喜びと出来ますし、他の苦しみを自分の苦しみとするわけですし。自分の喜びは他の喜びですし、自分の悲しみも他の悲しみということになります。自分の気づきは他の気づきとなり、その逆もまたしかりです。その上で、今ここの自分として調和が取れていて、クリアーに輝きを発揮できる在り方を模索することが大切だと思います。他より秀でることや、他より多くの者を持つことには、この観点からはあまり意味がないことが分かります。

 

このような視点を持たないと、あくまでも優劣比較の中で自分を定義することになり、それだけですと本当の自分に気づけなくなってしまいます。あくまでも関係性が社会ですので、個々に違いはあっても、そこに上下は無いことが理と感じています。その上で、自分の役割を果たすという観点から、自分の知識を分かち合い、自分のできることを分かち合う中で、責任を果たせていくことができれば、人間の社会も自然界のように調和が取れていくのだと思います。

 

 

このような観点から、人より多く持ちたい、人より秀でたいという欲が無くなると、

手放せるものが多くあるのでしょう。

そして、それと同時に自分が全部と一つであると実感出来ていると、常に満たされていきます。

物は少なくて、幸福感は増す。そして、人間の貪欲さが収まっていけば、破壊された自然も回復していくでしょう。

このことに気づけば、人類も幸せになり、自然も癒されるという大切な考え方だと感じています。

 

 

コロナウィルスの騒動の後に、癒された調和された社会の構築に向かって、再スタートすることが求められています。このような古からの知恵をもう一度見直すことに、確実な未来への指針となる理が伝えられています。

 

 

20日の春分はスエットロッジ

21日〜23日は断食護摩修行してきます。

 

なるべく自我を手放し、目覚め、大いなるものと繋がって、未来へのビジョンを明らかに出来たらと思います。

また、帰ってきたらシェアしたいと思います。

 

山田拝

 

 

 

https://youtu.be/XnQ-Ea1OU0k

 

 

2020.3月メッセージ vol.1 癒しについて考える http://blog.7gwalk.org/?eid=1262721 

 

2020.3月メッセージ vol.2 バランスについて考える http://blog.7gwalk.org/?eid=1262722 

 

2020.3月メッセージ vol.3 精神と肉体の統合が社会に与える影響について http://blog.7gwalk.org/?eid=1262723 

 

2020.3月メッセージ vol.4 手放すことについて http://blog.7gwalk.org/?eid=1262724 

 

 

7gピックアップ記事

 

人びとを救ったアニシナベ族に伝わる7つの美徳とスエットロッジ http://blog.7gwalk.org/?eid=1262719 

 

 

精神性と信仰の必要性と、宗教との関係と違い http://blog.7gwalk.org/?eid=1262718

 

 

敵の為に祈ってから始めた、ネイティブの活動の成功例から学ぶこと http://blog.7gwalk.org/?eid=1262717

 

 

No War Yes Peace 〜今は皆で協力して全力で戦争を止めましょう〜 http://blog.7gwalk.org/?eid=1262716 

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

7Generations Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

 

7GWalk Schedule http://blog.7gwalk.org/?eid=1262665

 

今年も、仏とネイティブの教え、光と力が融合する活動をしていきたいです。 http://blog.7gwalk.org/?eid=1262686

 

大鹿村のリニアについて http://blog.7gwalk.org/?eid=1262658

 

上関原発の現状について http://blog.7gwalk.org/?eid=1262664

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:幸福に生きる

 

 

 

 

JUGEMテーマ:幸福に生きる

COMMENT