<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 7GWalk 2020 official goods 販売 | main | お話し会&勉強会 on Zoom スケジュール >>
2020.4月メッセージ vol.1 目覚めを如何に生活に活かしていくか?

 

目覚めを如何に普段の生活に活かすか?

 

前回は目覚めることについてお話ししました。

 

自分の中の地水火風空のバランスを取り

それを、世界に遍満する地水火風空と繋がっていることを観じて

そのエネルギーと同調し、本来の自分に戻るということが

目覚めであるということです。

そして、本来の自分に戻るということが癒しということです。

 

その体験と理を持ったまま、普段の生活に戻ると、とても生きやすくなります。

 

 

分かりやすいのは、歩いている時や走っている時です。

ストレスを感じる時も、このバランスを取り戻すように心がけると大分リリースできます。

 

同じ事をしていても、疲れや、得ることが違ってくるのです。

良いエネルギーを持つ人を観察すると、このエネルギーが整っていることが分かります。

同じ、トレーニングをしても、その結果が変わってくるのは、このバランスを如何に保っているか?が関係しているからです。

 

私達はウォークの活動を通して、「歩く」という普通の行為の中にある、深遠な学びを受け取ってきました。エネルギーを整えたり、バランスを取ることによって、歩き続けることができます。長い距離を歩き続けると、自分の良い部分も悪い部分も拡大して見えてくるので、微細で、そして隅々までの調整ができるのです。そして、ゴールに達することが目的ではなくて、一歩一歩の中に答えがあることを発見してきました。大切なのは答えを出すことではくて、答えであり続けることでした。歩く中で、その事に気づき、とても長い距離を疲れることなく何度も歩ききってきました。そして、時にはその在り方に天地が応えてくれました。

 

 

心・肉体・社会・自然は相似形で出来ていて繋がっています。

これは、仏教の教えの中の「一念三千」やネイティブアメリカンのサンダンスの教えにも共通しています。

現れ方はもちろん違いますが、その全てが地水火風空のバランスの中にあることには変わりありません。

 

精神と肉体のバランスを取ることについては今までも伝えさせていただきました。もしも、興味ある方は、一緒に体験したり、深めたり出来る場も用意していますので、ぜひご一緒しましょう。

 

 

 

社会の地水火風空のバランスを取るというのはどういうことか?

今の時代は、バランスが男性性に傾いていると言われています。戦争が多い事や、地球温暖化という現象を見ても、そのエネルギーが火の男性性の方に傾いてしまっていることは一目瞭然です。

 

しかし、命は水と火の完璧なバランスの内に産まれ、バランスの内に育まれ、バランスの内に存在しています。どんなに社会のバランスが崩れても、命が存在すること自体がバランスの内にあることは変わりようがないので、社会のバランスが悪いと不調和が生じ、色々なことに問題が起きて、調整せざる終えなくなります。また、その不調和が影響して、問題が肉体や精神にも表れたりします。精神・肉体・社会は別々のものですが、繋がっていますので、密接に関与し合ってしまいます。

 

 

「風の人、土の人」という考え方があります。

https://ameblo.jp/deijma/entry-12351191809.html

元信州大学名誉教授であり、農学者だった玉井袈裟男氏(19252009)が立ち上げた「風土舎」の設立宣言にその考え方がよく表れています。

 

風土という言葉があります

動くものと動かないもの

風と土

 

人にも風の性と土の性がある

風は遠くから理想を含んでやってくるもの

土はそこにあって生命を生み出し育むもの

 

君、風性の人ならば、土を求めて吹く風になれ

君、土性の人ならば風を呼びこむ土になれ

 

土は風の軽さを嗤い、風は土の重さを蔑む

愚かなことだ

 

愛し合う男と女のように、風は軽く涼やかに

土は重く暖かく

 

和して文化を生むものを

魂を耕せばカルチャー、土を耕せばアグリカルチャー

 

理想を求める風性の人、現実に根をはる土性の人、集まって文化を生もうとする

ここに「風土舎」の創立を宣言する”
(玉井袈裟男)

 

以上引用終わり。

 

 

土の人と風の人

という概念が良い感じで表現されています。

 

地水火風空の五輪をベースに考えると、他にも水の人、火の人、空の人

というのが存在するということになりますが、これは色々な人を観察すると良く分かります。

 

地の人 育む 〜農家さん 植木屋さん 大工さん など

水の人 癒す 循環する 〜お医者さん 漁師さん など

 

火の人 動かす 運動能力 〜政治家さん リーダー など

風の人 伝える 智慧 理想 メッセージ 〜教師 学者 ストーリーテラー 芸術家 など

 

空の人 無限の可能性 〜聖職者 仙人 など

 

もちろん、一人の人が一つだけの職業や性質を社会で果たしているということではなくて、大工さんであり、芸術家という人もいますし、その方がバランスが取れている在り方なのかもしれません。

 

自分の中のエレメントのバランスが取れていることは前提で、傾向として、どの部分が顕現しやすか?は人それぞれですので、その部分は自分の前面に出やすい部分なので、それを活かして社会の中の役割を見つけるのが良いと思います。地と水の性質の役割と、火と風の性質の役割を両方持ち、そして、祈りは全ての人が持つと、良いバランスが取れやすいような気がします。

もちろん、一つの職業の中にいくつものエレメントが組み合わさっている場合もありますので、その場、その人によってバランスの取り方は色々だと思いますが、自分自身のバランスに気を付けながら、社会の中でもバランスの取れた役割を果たしていくことが大切だと思います。

 

 

自分自身の中の地水火風空のバランスを取り

社会のバランスを意識した上で、自分の役割を果たし

自然の中の人の役割を考える

 

 

 

「アニシナベ」というのは部族の名前として捉えられている言葉ですが、言葉そのものの意味は「Shaining Being(輝けるもの)」という意味です。かつて、ヨーロッパからアメリカ大陸に来た人が、出会った人に「あなたは何者か?」と問いかけたそうです。そしてネイティブは「輝けるものである」と答えたそうです。それが「アニシナベ」という言葉でした。そのヨーロッパから来た人は「アニシナベ族の人」とその言葉を理解したようですが、ネイティブは「私は輝けるもの=人」と答えただけだったのです。ネイティブは他の生物たちを、四つの足を持つ者、翼を持つ者、地を這う者とか、石の人たちとか、木の人たちと呼びます。その中で人は「輝けるもの」だったのです。自然の中での人の役割を見出すのに大きなヒントがここにあります。

 

 

また日本の天台宗の宗祖「伝教大師最澄」は言いました。

https://ichigu.net/person/

「一隅を照らす 此れ則ち国宝なり」

 

道心を持って、自分の周りを照らすように生きる人が国の宝である。

ということです。一念三千の思想では「五蘊・衆生・国土」の三つの世間カテゴリーに分けて、極小から極大にいたる統一的な相即した宇宙観を表しています。国土世間とは、自然や極大の世界の事を言っていますので、国の宝という解釈を、自然・宇宙の中における人の役割とも解釈できるのではないかと思います。

 

 

自分の中の五元素のバランス

社会の中でのバランスの取れた役割

自然界の中での人としての在り方

 

この三つが地水火風空のバランスが取れた形で調和して、自分という存在があると、満足して、幸せな気持ちで日々を暮らし、人生を進んでいくことが出来ます。そして、死というものを生命の消滅として捉えるのではなくて、大きな循環の一地点であると理解し、受け取ることができるのであれば、過去・現在・未来が繋がった、循環した、幸せな人生と社会が実現できるのだと思います。

 

この観点からお互いが助け合い、そして、この観点から社会を構築していくことが、本当の幸せに繋がっていくのでしょう。

 

山田拝

 

 

 

https://youtu.be/1vzZ0s2H8HQ

 

 

もしもTシャツやステッカーなど購入していただいて、資金サポートしていただけたら嬉しいです。

宜しくお願いします。

7GWalk 2020 official goods 販売 http://blog.7gwalk.org/?eid=1262726 

 

 

2020.3月メッセージ vol.1 癒しについて考える http://blog.7gwalk.org/?eid=1262721 

 

2020.3月メッセージ vol.2 バランスについて考える http://blog.7gwalk.org/?eid=1262722 

 

2020.3月メッセージ vol.3 精神と肉体の統合が社会に与える影響について http://blog.7gwalk.org/?eid=1262723 

 

2020.3月メッセージ vol.4 手放すことについて http://blog.7gwalk.org/?eid=1262724 

 

2020.3月メッセージ vol.5 春分の体験 目覚めること http://blog.7gwalk.org/?eid=1262725 

 

2020.4月メッセージ vol.1 目覚めを如何に生活に活かしていくか? http://blog.7gwalk.org/?eid=1262727 

 

 

7gピックアップ記事

 

人びとを救ったアニシナベ族に伝わる7つの美徳とスエットロッジ http://blog.7gwalk.org/?eid=1262719 

 

 

精神性と信仰の必要性と、宗教との関係と違い http://blog.7gwalk.org/?eid=1262718

 

 

敵の為に祈ってから始めた、ネイティブの活動の成功例から学ぶこと http://blog.7gwalk.org/?eid=1262717

 

 

No War Yes Peace 〜今は皆で協力して全力で戦争を止めましょう〜 http://blog.7gwalk.org/?eid=1262716 

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

7Generations Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412

 

★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★ ★ ★ ☆ ★

 

7GWalk Schedule http://blog.7gwalk.org/?eid=1262665

 

今年も、仏とネイティブの教え、光と力が融合する活動をしていきたいです。 http://blog.7gwalk.org/?eid=1262686

 

大鹿村のリニアについて http://blog.7gwalk.org/?eid=1262658

 

上関原発の現状について http://blog.7gwalk.org/?eid=1262664

 


 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:幸福に生きる

COMMENT