<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
九州入り!
シュンです!
夜の10時に大阪駅を出て、山陽道を福岡へ向かいました。
雨が降っていたということもあってか、明かりが無く見づらくて恐ろしい道で、
「ここに電気を使わずにどこに使うんじゃい!」と言いたくなるような命がけの道でした。

4時に山口県のサービスエリアで力尽きて、翌日再び福岡へ向かいました。

福岡市ではカフェTERRA小屋で週に一回行われている集まりに参加させてもらいました。
それは20年以上前からフェアトレードに取り組まれている仲村隆市さんと糸島に住む
藤井さんとが311原発事故以降に環境、原発に関心を持たれているお母さんたちに向けての勉強会でした。


参加者全員の自己紹介を1時間ほどかけて行われ、仲村さんはその日はWebについての話を
予定されていたようでしたが、自己紹介で3人もアメリカ先住民について話す方がいて、
今日はアメリカ先住民について話を聞かせてもらおう!と急遽予定変更で話を聞きました。その中に佐竹さんというアメリカのサンダンスに8回も参加されている方の話は熱く、
興味深かったです。
特に僕が興味を持ったのは街にいても山や森などの自然の中にいても同じであるという話でした。
その後もほぼアメリカ先住民の話で盛り上がりました!
仲村龍一さん、話をできたかた本当にありがとうございました!

それから藤井さんと韓国人で日本語を話すオハイオ君が最近借りた古民家にお邪魔しました。
オハイオ君がEOLAという韓国と日本の交流を深めるイベントで自然農をやられている陽子ちゃんと出会い結婚することとなり、その古民家が二人の新たな生活の場でした。


藤井さんが立ち上げようとしているNPO「いとなみ」のメンバーの方も集まっており、ウォークの話や九州の話を聞かせてもらえました。
ゆかいな夜でした!


NPOは糸島のコミュニティづくりと韓国との交流を目的にしており葦舟で韓国との海の道を取り戻すことも考えています。
この前は韓国の子どもたちを30人受け入れるさっそく活動がはじまっているようでした。

埼玉県出身ジュンちゃんは東京で働いていましたが、こちらで非難されて沖縄、九州あたりで空き家を探していました。
どこか空いている家があるようでしたら連絡を!

そして!トイレに行くと懐かしいものが飾ってありました!
7Gの一回目に大阪から東京まで歩き終えたときに作ったフリーペーパーがありました!
4年も前に作ったものが、いまだに飾られてるのは嬉しいものです。
沖縄高江との連携
 3月11日に沖縄の名護で行われる
ティダノア祭りに参加して、それで出発です。

それで、実は3月14日に那覇で高江のヘリパッドの座り込みの裁判の判決がでます。
それに向けて高江の方々と一緒に、3・11名護から3.14那覇まで歩くことになりました。

詳しくはこちら

座り込みを弾圧するこの裁判。
もしも、座り込みが違法ということになったら、
全国各地での座り込みに大きな影響があるでしょう。

権力が暴走し、暮らしや自然を破壊しようとするとき今まで命がけで行われきた
非暴力直接運動を弾圧することは、すごく危険なことです。

もしも少数の意見を、多数の権力で押しつぶすことがまかり通るなら、それはどうなのだろう?
という疑問をもたなくてはなりません。

自然は一度破壊されたらもとに戻ることはない。

いろんところで、大企業は自社の利益を優先して
人々の為にはまったくならないことを、騙してしようとしてきました。

それを、僕たちは止めなければならない時があります。

政府も間違った方へ行くことがある。

それをとにかく止めて、皆で話し合う時間を作らなければならないときがある。

基地や原発を建てようとしているのは
政府=僕たちです。
政治家を選んだのも僕たちがした選挙ですしね。

その現地の現状を、長期的な真実のビジョンをしらないまま
ほっておくのは危険なことです。

無意識に、戦争に資金を提供し
自然破壊に資金を提供し
原発に資金を提供していた、僕たち。

そんな、ことを間際で食い止めようとしてきた、地元の方々や思いある方々の
非暴力に訴える行動を違法にしてよいのでしょうか?

僕たちは知らなければなりません。

無意識にこれ以上人や自然を殺してはいけない。

この裁判に全国の思いある人々この裁判に注目しましょう。
座り込みを弾圧するのはホント危険なことと思います。

自然や暮らしを守ろうとしている人々を僕たちはサポートします。

知らなければなりません。
このヘリパッドを建てようとしている政治家は僕たちが選んだ人たちで
その資金は僕たちの税金です。

地元の方々は、その僕たちの要求を受けいれるか?どうか?で命を削って考え行動している。
僕たちは無意識にその建設をサポートしてきた。

僕たちは目覚めなくてはなりません。
そんな事を、今まで無意識にしてきてしまった一人としても僕は高江の人たちと一緒に歩きます。

これ以上、自然を破壊してはいけないし、戦争はしてはいけないし、原発もいけない
それを無意識にサポートし続けてはいけないのです。

目をそむけない。
自分たちのしていることをちゃんと知る。

それに目覚めて、ちゃんと選んでいかなくては。

未来はホントは僕らの手の中です。

僕たち精一杯歩きます。

思いある仲間たち兄弟たちよ
心を繋げましょう。

未来への祈りと願いを込めて
この思いをおくります。

山田




広島・山口方面下見ツアー
今7gウォーク2012の準備でいろんな所にまわっています。
ちょっと、日程的にギリギリになってきたのでドキドキですが、とにかくやるしかない。
こんな時です。
出来ることを精一杯やります。

岡山県笠岡市のアルデバランさんにご挨拶に行きました。
ご主人のシュンさんにはCOP10の時もお世話になりました。
昔からウォークに関わってこられている先輩方は実は沢山はいるもので
その繋がりは僕たちウォーカーにも大変心強く、教わることも多いものです。
シュンさんご夫妻もそんな方々です。
今回も色々お話を聞いていただいて
日本の聖なる石を訪ねて」という本をいただいたりして
色々な智慧をいただきます。
今回のウォークは
「大地に祈りを捧げる」
のも大きなテーマのひとつです。
大きなサポートもいただいて、ホントに有難い気持ちになりました。

☆ ☆ ☆ ☆
尾道のれいこう堂さんへ
こちらもCOP10の時に大変お世話になったところです。
主の信恵さん!

良いイベントを地元で沢山していて、素晴らしい方です。
今回も素晴らしいアイデアをいくつも出して下さって、良い感じで受けいれていただけそうです。
ホントに繋がりにいつも感謝せづにはいられません。

そして三原の桜の山農場の坂本さんご夫妻の所へ
実はお二人、去年のウォークの時にお邪魔した伊賀の愛農学園の出身で
いろいろお話も盛り上がりました。
愛農学園は有機農を教える全寮制の高校です。
戦後すぐにこの教育を始めた愛農会の方々はその当時から確信てきで
高度経済成長の時代は、時勢に逆らう感じでしたが、今こそ、時代が愛農に追いつかなくてはならない時がきたのだと思います。
そんな、尊敬するべき皆様。
今回のウォークでも交流できそうです。
有難いです。


☆ ☆ ☆ ☆
そして山口県へ
COP10の時、一緒にあるいていた隼人くん
なんと結婚して、子供もできて、田舎の古民家でくらしている。
3,11以後、ずいぶん心境の変化もあったそうですが、随分ナイスな暮らしをしています。

ここは鶴が飛来するのでも有名な八代(やしろ)という山の中の村

湧き出る水も清く素晴らしいばしょです。

隼人君も五反くらいの田圃と畑を借り受けて
自然農をはじめています。
さすが、鶴が飛来するところだけあって、皆さんの意識も高いようで
ご近所さんとも良い感じで暮らしを進めていけてるようでした。
確かにここには良いバイブレーションを感じます。

家にはロケットストーブがあったり
これがまた暖かい!

素晴らしい智慧があちこちに活かされています。
凄い!!

昼には上関の虹のカヤック隊の原さんとお会いすることができました。
嬉しい!

僕が出会った、全国のホントに凄い人のお一人です。
上関の田ノ浦の方にもウォークで行きたいということでご相談させていただきました。

今回の原発事故は、ひとつの物質至上主義の最果ての象徴だと思います。
僕たちはそこから引き返さないといけない。
上関で原発問題から小さい船で大きな船や権力に立ち向かい
海や自然を守ってきた上関という場所は、そんな意味でも聖地として僕たちは覚えておかなければならないと思っています。
そんな場所で、皆で集まり語らう時間をウォークの中でもてたらと思っています。
多分4/28~29日に田ノ浦に行くと思います。
皆で合流できたら良いですね。
そんなワクワクなお話も出来ました。

☆ ☆ ☆ ☆

そして広島へ

隼人君に繋いでもらって
僧侶の岡本法治師にお会いしました。
岡本先生にもCOP10の時、大変お世話になり、「上関について
という文は、大変分かりやすく、明快に上関原発について語られていて
随分助けられた大変な知恵者です。
その岡本先生に広島でのことでご助力を願いにいきました。

そして、もうひとり
あびこえりかさん!

色々な広島のお話も聞けてよかったです。

広島でも皆さんと良い交流ができますように!!!

☆ ☆ ☆ ☆

僕は瞬君とこれから九州に行きます。
どんなことになるのか(〃'∇'〃)ゝ






熊野三山下見→前半ゴールが(o^∇^o)ノ
 2月4日
7Gウォーク2012前半の最後は天河神社さんから大峯奥駈道や熊野古道を通り、熊野三山をお参りして、新宮でゴールしたいと思っていまして、天河神社さんでの節分会のあと下見に行ってきました。

熊野本宮

新宮

那智の滝
豪快です!!!

那智山

とお参りしました。

熊野古道を歩くのは今度のお楽しみにして、聖地巡礼です。
ホントいい感じでお参りできて良かったです。

☆ ☆ ☆ ☆

そして、新宮の町でよい感じのお店があったので、この辺の事情を聞いてみようと思って
ちょっと入ってみました。



ネットショップもあります。

お店に入ると、タカさんとアルプスさんがいて凄くいい感じでお話できました。

そしたら、近所の事情にもっと詳しい人たちが近くのシルバーアクセサリー屋さんにいるというので
行ってみました。
シャシャマニ
ネットショップもあります。

たけさんが色々お話を聞いてくれて、なんと、その日の夜のお食事会に誘ってくださいました。

是非\(*^▽^*)/ということでお邪魔させていただきました。

新宮にはいい感じの方々が沢山住んでいらっしゃるようで、素晴らしいパーティーでした。
たけさんや皆さんに色々お話を伺って
ゴールは新宮の神倉神社にしようと思います。
ゴトビキ岩のあるすごい祈り場です。
深い話も聞けて嬉しかったし、楽しかったヾ(@^▽^@)ノ 

それで、実は話をしていたら、共通の友達がけっこういたり
タカさんとアルプスさんとは2年前のアイヌモシリで会っていたり
なんだか、偶然お店に入ってみたのですが、きっとお導きだった:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: としか思えない感じになってきてました。
前半の最後は、熊野古道を通って
6月27日に新宮のでゴールします。
きっと良い感じでゴールできそうです。
楽しみになってきました!!!!

ありがとう。

出会いとお導きホントに感謝の毎日です。

山田

天河神社節分祭り
2月2日
大変お世話になっている天空の岡野さんと一緒に奈良の天河神社さんに向かいました。
7gウォーク2012で、夏至の日に天河神社さんでお参りをさせていただきたいということで、下見とご挨拶をかねて節分にお参りさせていただいたのです。

昨日まで沖縄にいたのに、常夏から極寒の地へ。
なんだか身もひきしまります。

夕方に到着してさっそく「鬼迎えの神事」に参加しました。
天河神社さんでは節分で鬼を神として迎え入れます。
儀式の時「鬼はうち!福はうち!」と言われのですが
鬼をたんに悪しきものとしではなく、
天河神社さんでは鬼をご先祖さまとしてとか、内なる強くて厳かな力とか、
先住の民というようにも考えておられるようです。
僕的には高い次元で異なるものを融合して、皆で新年を迎えるという感じなのかな?
と思いました。
詳しく知りたい方はこちらをご覧下さい。
「鬼の宿」
神秘的で暖かい神事でした。

2月3日 節分祭
神事中は写真NGということでないのですが
やっぱり
「鬼はうち!福はうち!」
といって豆をまいていました。

その後修験道の方々が集まって護摩を修しました。
迷いを燃やして!良い年を!!!
震災や災害で亡くなった方々の追悼の祈りも込められました。
良いお祈りでした。

そしたら偶然にもいろんな友達に会いました。
りかちゃん
Qさん

なんだか皆集結してます。
それで豆まき!
なんだか豆まきって上がりますよねヾ(@^▽^@)ノ 
なんでだろ。

☆ ☆ ☆
岡野さんにご縁を結んでいただいて、ホントに多くの方々とお話させていただきました。
天河神社の宮司さんにもウォークで夏至の日にお参りさせていただきたいことを伝えさせていただくと、暖かく受け入れて下さいました。ありがたいことでした。

そして羽黒修験の星野大先達にもお会いすることができました。
いろいろ色々お話を伺ったのですが
すごくガツンと来たのが

「山が教えてくれるんだ!」

というお言葉でした。
体験からくるその言葉には深くて強い力がありました。

僕たちも歩いていて同じような体験が沢山あります。
星野先達から、そのことを聞いてなんだかとても有難く、深く共感し、嬉しかったです。

「歩く視点で感じ、伝え、繋げていきたい!」

7g2012のコンセプトもどんどん深めていきたいと思いました。

☆ ☆ ☆ ☆

夜は岡野さんたちの奉納演奏

笛の一音に込められた祈りと、深さと、洗練された気高さにいつも
一瞬でもっていかれます。ホント凄い\(^▽^)/

ダンサーの國友悠一郎さん

パーカッションのノブさんも加わって
ホント凄い人ばかりでしたヾ(@^▽^@)ノ 

躍動する音楽とダンス ♪♪\(^ω^\)( /^ω^)/♪♪ 

ホント素晴らしいご奉納でした。

演奏のあとアンコールが♪ ヘ(゚∇^ヘ)(ノ^∇゚)ノ ヘ(^∇゚ヘ)(ノ゚∇^)ノ
初めて神社さんでアンコールを聞きましたが
とにかく凄く盛り上がって、最後は皆で「マザーアースソング」歌いました。

最高でした:*.;".*・;・^;・:\(*^▽^*)/:・;^・;・*.";.*: ワーイ♪

なんだかいい感じでお参りもできたし。

また夏至の日に歩いて戻ってくるのが楽しみ。

ご縁をいただいた方々に深く感謝して
ありがとうございました。

To All my relations 。o@(^-^)@o。

山田









沖縄出発→素晴らしい縁
1月31日

最後の夜は、もう一度、沖縄映像文化研究所の大重監督にお世話になりました。
日常にある祈りや、普通に神と融合している沖縄の文化について、もう少し伺うことができました(⌒-⌒)
素晴らしい夜でした(o^∇^o)ノ

2月1日
最後の日出発の前に2006年アメリカ横断ののセイクレッドランに一緒に参加していたガリさんと空港で会うことができました。
この2006年の体験から、山田のウォーク人生も始まったので、なんだかこのタイミングで再会できるとは感無量です。

ガリさん!実は3月11日の沖縄名護のティダノワ祭りに向けて沖縄をランすることになっています。
そして、僕たちは3月11日からこのティダノア祭りから出発することになりました。
なんというご縁!
素晴らしい、神のはからいに感謝しつつ、しっかりと祈りを繋いでいこう(^人^ (^人^ )
ということで熱い交歓をしました。

3月11日は沖縄名護で行われる ティダノワ祭り に参加してそこから
7Generations Walk 2012 は出発します。
詳細は近日発表しますが、
もし、ウォークに参加したい方は3月11日に ティダノワ祭り で合流しましょう!

楽しみになってきましたU\(●~▽~●)У






高江→辺野古
30日 今帰仁から高江へ
綺麗な海の横の道を車を東に走らせます。

約2時間弱で高江に到着!
今日も皆さん座り込みしていました。
高江の詳しい事はこちらをご覧下さい



☆やんばるの森の東側のほぼ半分が米軍基地
☆その北半分を返還する代わりに
今あるヘリパッド(22箇所)のうちの7箇所がなくなってしまうので
南に側にその代わりのヘリパッドを六箇所新たに作らせろ!という話
☆せまい地域にヘリパッドが密集して高江はこれに囲まれてしまう
☆新たに配備しようとしている巨大なヘリ「オスプレイ」は騒音も凄いし
しかもこのヘリ何度も墜落している問題機なのでかなり危険。
☆自然や動物に与える影響もはかりしれない。

そんなわけで皆さん絶対反対なわけです。

テントの中では皆さんワイワイとされていました。
全国からも支援の方が来ていたり、映画の撮影までされていたりして
注目の度合いも実感できます。
厳しい現状の中でも、和気藹々と和やかなかんじでした。
特にこの日は、建設の方々も来ていなかったせいもあるかもしれませんが、
初めて来た僕でも「おいでおいで」とご飯食べさせてくれたり、
帰る方への送別の歌が三線で歌われたり、
なんだか楽しくて嬉しかったです。

でも、普段は拡声器の大きな音で浴びせられる、防衛省の人たちの声に耳栓をして耐えて座っていらっしゃるようで、その強い思いに頭が下がります。
2月いっぱいは工事の山場のようです。
大勢の工事の人が攻めてきたら、座り込みの人も足りないかも。
是非、思いとチャンスがあれば皆さん訪れてみて下さい。
僕も、行く前ちょっと心配だったけど、
地元の方々が優しくちゃんと説明して、受け入れてもらえました。
泊まる場所も座り込みの人用に500円で提供してくれるし
皆、凄くウエルカムな感じです。


僕が思ったのは
「戦争はしてはいけないし、これ以上自然を破壊してはいけない。
自然の美しさと、平和を皆で分かちあえたら嬉しいのに。
でも、ここの自然破壊や、戦争のために使われいるのは僕たちの税金だ。
ちゃんと、僕たちのしていることをしらなくてわ!
今僕が生かされていることの感謝から、声を発し、行動していきたい」
ということでした。

前から「心(くくる)」という映画を通して高江のことは少しだけ知っていたのですが
今回来れてホントに良かったです。

その映画にも出てくる憧れの場所
やっぱり凄くよい所でした。
自然に調和した場所でやんばるの美しい自然を感じられました。

マーティー君とお茶タイム!
マーティー君とはCOP10の時に知り合っていて、頼ってたずねて来ました。
全国で同じ思いの素晴らしい仲間がいるというのはホントに心強いです。

カフェの前の木にでっかいコウモリ!
初めて見ました!!!


夜は近くで誕生日パーティーがあり合流させてもらえました。
ここの子供たち!沢山いるし皆超元気!

移住してきた人も多いのですが、皆意識すごく高い!
逗子から移住してきたジュンジさんにも再会できて嬉しかった!
皆パワフルに良い暮らししています。
見習いたいと思いました。

31日 高江から南に45キロ
辺野古へ来ました。
辺野古の状況詳しくはこちら
いま辺野古アセスが山場を迎えています。


こちらも沢山人がきていました。



ここでも皆大きな船に、カヌーで立ち向かったのです。
こんなに海や自然を守るために頑張ってこられている。

そんな一人のまんさんにもお話を伺いました。
まんさんカヌーで沖縄から鹿児島までいってしまうツワモノ!
話も面白かった!
海を守ることへの熱い思いや、戦争に対する思いなど
色々聞けました。

僕がなんだか感じたのは
こういう自然を守る活動をしている人は
命の力があふれていること。
強いですが皆優しい!

ホントにリスペクトです。
こんな方々と繋がっていきたいとホント思いました。

ウォークでも高江と辺野古に行きます。
皆で感じよう!



きれいな海をのこしたい!!!

子供たちのためにも!!!!




 
29日 今帰仁
 29日
今帰仁(ナキジン)
Yogu宅にて
Yoguとは10年以上前から一緒にハチというパーカッションバンドをしていている
信頼している仲間です。
震災以後、子供もいるということで神奈川から沖縄に引っ越しました。
新しい家は自然の中の大きな家で、子供も元気いっぱいだし!
凄いなと思いました。
そんなYoguファミリーが暖かく迎えてくれて、ホント嬉しかった!

皆で八重岳のさくら祭りへ

屋台もたくさんあって楽しかったです。

手作り市もいっぱい人が集まっていました。
けっこう移住してきた人も多いみたいで、新しいコミニティーがここにもできつつあります。
そんな皆で進めているのが3月11日のティダノワ祭り
オーガナイズチームのアコさんファミリーにも出会えて
夜はyogu家で楽しい時間を過ごしました。
美味しいご飯を食べて、音楽して、幸せな話をする!
楽しかった〜〜〜!
7gウォーク出発も良い感じで出来そうです。



那覇→久高島

27日
空路沖縄へ



沖縄について先ず伺ったのは那覇の沖縄映像文化研究所
あの名高きドキュメンタリー映画
久高オデッセイ」の監督、大重監督を訪ねました。

久高オデッセイには僕も大きな影響を受けています。
初めて見たのは映画ができた当初、東京の三ノ輪での試写会でした。
当時都会の生活で、何かが満たされない思いを抱えながら暮していました。
でもデニス師のとのご縁もあり、ウォークやサンダンス、ネイティブの文化に触れて
大地の上にある祈りや歌やダンスや文化に希望を見出してきていたのですが
同時に日本の自分の暮らしの現状に望みを失いそうになっていました。
でも、久高オデッセイを見て、沖縄の海や大地に根ざした祈りがあることを知り
「日本にもあるじゃん!!!」
という希望と憧れを感じたのを覚えています。

大重監督とはそのご鎌倉の試写会イベントなどでお会いできたり
ウォークの先達のハルさんや岡野さんとも深い親交があったりで
最近繋がっていましたが、
今回、沖縄を歩くということで、亜紀ちゃんに繋げてもらって
お話をさせていただくことができました。

沖縄を歩く時はぜひお祈りの場、御嶽(うたき)をお参りさせていただきながら歩きたかったりするので、色々教えていただきました。
ちょうど、須藤さんや宮城さんも来て
みなで、熱く深いお話をしました。
印象に残ったのは、沖縄の祈りの文化はじっくりいかないと理解が難しい!
というところでした。
きらびやかな金ぴかな建物があるわけではなく、自然の中にある祈りの場!
それを感じるのは深く感じるしかないのは当然!
なんだか深くなっとくし、沖縄の歩き方のイメージが調整されました。

それで、朝3時まで生トーク素晴らしい濃い初日が嬉しかったです。

28日
斎場御嶽へ
昨日、監督達から聞いた感覚を手がかりに下見を





沢山の人がいました。

斎場御嶽の手前の
工房アマム」さんへ
手作りのものが沢山置いてある、心あるお店でした

主のユキさんにいろいろお話を伺いました。
やっぱり地元の方に聞くのが一番!
ということで凄いいい感じに色々お話を聞くことができました。

売っているCDも友達のミュージシャンが多くて、聞いてみると皆友達だったり
すごい繋がりも感じました。
さらに色々地元の方々とも繋いでくれてホントに感謝です。

ユキさん自作のシーサーもあって
いい感じでしたよ〜〜〜!

そして憧れの久高島へ


水がめっちゃ綺麗



緩やかな時間と雰囲気に
神様が毎日の生活に普通に一緒に存在している
素晴らしさを少しだけ感じられたような気がしました。







素晴らしい島でした.

沖縄!
祈りのモードが違うのを少しだけ体感しはじめているようです。

山田







葉山→名古屋→沖縄
 ども!
山田です。
1月23日は新月で旧正月でしたね。
というわけで、
僕も住まわせてもらっている葉山のシェアハウスを
アイリー君主催の「たまゆら庵」として開くオープニングパーティーが開かれました。
アイリー君はシンガーで気功師さん!
ひとの心と心が調和し繋がる癒しの場にしようということで、多くの人が賛同してくださって、ホント沢山の人が来て大盛り上がりでした!
よかった!

美味しいご飯が運ばれてきて

づらっと並んだハートフルで健康的なご飯と、ハッピーな仲間たち

今回のお料理や飲み物には特に発酵がコンセプトとして盛り込まれました。
アイリー君年始に千葉の神崎の寺田本家さんの新年会に参加していて
健康や放射能対策に発酵はかなり有効!
ということで、自家製の発酵ジュースや甘酒を造ったり!おもてなしバッチリな感じでした。


外の庭にはティピを建てて

4時39分新月ちょうどの時からオープニングセレモニーが始まりました。
中で火を焚いて、歌を歌い、言の葉を述べて、真砂さんがきてインディアンフルートを吹き
みなで心をあわせてセッションしました!
素晴らしい時間でした。
開いた!
って感じがしました。

夜はさらにボルテージ上がり!

いい感じ!

楽しいパーティーでした!

いっぱい仲間にも会えて、今年のウォークのことも沢山話せました。
いろんなワクワクなアイデアも沢山出て!
嬉しかった〜!
繋がりに感謝!
こんな感じで心ある繋がりをウォークで紡いで歩いて行けたらと思っています。
ありがと〜〜〜o(*^▽^*)o~♪

☆ ☆ ☆
そして次の日は名古屋に行きました。
なっちゃん家でお祈りを!
僕たちにとってなっちゃん家は名古屋の要!
ホントにご家族皆さんでいつも暖かく向かえて下さって、僕たちがいかに癒され
集い、新しい繋がりが生まれているかわかりません。
未来の子供達の未来に繋がる、ホントの絆がここで育まれてきたように感じていました。
ご先祖様からも繋がってきた命のバトンを真に繋いでいくことが祈りだとしたら
ここは正に祈りの場!
僕も特別な気持ちでお祈りさせていただきました。

今回もホント優しく暖かく迎えてくださって、僕の心も癒されました。

そして朝は尾張戸神社へ
今年の初めに名古屋の要所を拝めました♪v(*'-^*)ゞ^;*・'゚☆ブイ☆
気持ちよかったし、有難かったです(*´∇`*)

名古屋には秋のお彼岸ころまた歩いて来ようと思っています。

☆ ☆ ☆ ☆

そして、僕は明日から2月1日まで沖縄に行きます(*⌒∇⌒*)♪
今年のウォークは3月11日に沖縄を出発するので
その準備です。

なんだか盛り上がって来ました!
2月に入ったら、詳しい日程や企画を発表出来ると思います。
乞うご期待!
よろしくお願いします。


☆ ☆ ☆ ☆
PS
2月22日〜28日まで葉山の「たまゆら庵」のティピで
7日間の断食護摩修行しまっす!

ウォークが始まる前に祈りますよ〜〜〜。
今年は特に気合いれて歩きます。

よろしくでっす!

山田