<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<お知らせ>11月19日 Dennis Banks Gathering @ 大阪 中崎町ホール

『伝説のインディアンが伝えたいこと』
Dennis Banks Gathering

日時:2016年11月19日(土)
13時開場 14時開始

 

@大阪 中崎町ホール
大阪市北区中崎西1丁目6番8号

オーガニックマルシェ同時開催

○イベント参加費○ 
一般3000円 学生2500円
予約制 定員:150名 先着順

予約先 

dennisgathering@yahoo.co.jp
お名前と人数をこちらのメールアドレスにお知らせ下さい。

下記のリンク(こくちーず)からもお申し込みいただけます。
コクチーズによる参加お申込みはコチラ:
https://ssl.kokucheese.com/event/entry/432566/

 

 

イベント内容

☆デニス師によるネイティブの祈り  
☆祈り合わせ (日本や世界の祈り)
☆デニス師のお話
☆トークサークル
☆音楽 岡野弘幹 
☆舞踏 Jun Amanto
☆ドラムサークル

 

○タイムテーブル
【Gathering(ホール内)】
13:00~ 開場(ホール)
14:00~ イベント開始
14:00~14:30 お祈りの輪
14:30~15:00 デニス師トーク
15:00~15:15 休憩
15:15~16:45 トークサークル
16:45~17:15 休憩
17:15~18:00 岡野さんライブ with Jun さん
18:00~19:00 ドラムサークル
19:00  終了

 

【オーガニックマルシェ(ホール外)】
10:00〜18:00
ホール外の駐車場にてマルシェを開催します!
フードやドリンク、雑貨などのお店が並びます。
☆入場無料 (子供向けのスペース ドリームキャッチャー作りワークショップあります)

 

祈りと行動を結びつけることによってアメリカで先住民の生きる権利を守ってきた、伝説のインディアン、デニス・バンクス師。

数々の困難をのりこえて来た経験を踏まえ、ネイティブの教えを私達に伝えてくれます。

「All life is Sacred」(全ての命は聖なるものである)
「地球は母で、空は父 月は祖母で太陽は一番上の兄、全ての命は兄弟姉妹であり、親戚であり、全ては繋がっています。」
「母なる地球との関係性を先ず学び、母なる地球が愛してくれるように他を愛しなさい」
「Be of One Mind !」(心を一つに)

そのような深い智慧をシェアしましょう。
頭で理解するだけではなく、祈りや歌やダンスによって、心と身体まるごと理解し、愛と共に分かち合うことも、今回のイベントの目的としています。

理解と体験、この両方を通して、ネイティブの智慧を伝説のインディアンと分かちあい、日々の生活に活かしていくきっかけになれば幸いです。皆さんの参加を心待ちにしております。どうぞ、よろしくお願いします。

 



〜デニス・バンクス師 Profile〜 
1937年 ミネソタ州北部のオジブエ族居留地リーチレイクに生まれる。
1968 年 AIM(アメリカインディアン運動)を、クライド・ベルコート氏らと結成し、米国先住民の権利回復運動を始める。

1969年 アルカトラス島や

1973 年のウーンデッド ニー占拠等で“レッドパワー”のリーダーとして世界的に有名になる。 

1978 年 サンフランシスコからワシントン DC までの大陸横断平和行進「ザ・ロンゲスト・ウォーク」を成功させ、インディアンの生きる権利を奪う11の法案を退ける。

2008年に「ロンゲスト・ウォーク2」、

2011年に「糖尿病撲滅宣言」を掲げた「ロンゲスト・ウォーク3」、

2016年ドラッグ問題の解決を訴えた「ロンゲストウォーク5」などを通して、世界中に環境保護、精神的なメッセージを今日まで届けている。

 


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 


デニス・バンクス日本ツアー2016 
企画・運営 7 Generations Walk 代表 山田圓尚
Dennis Banks Osaka Gathering 
協力 (有)アンビエンス 岡野弘幹  Amanto

問い合わせ : 電話 06-6371-5840 (Salon de AManTO)

dennisgathering@yahoo.co.jp


☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/
 

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

7Generations Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412

 

 

 

 

 

<お知らせ><満員御礼>11月23日 Dennis Banks Gathering @ 新横浜スペースオルタ

Dennis Banks Gathering
〜伝説のインディアンが今あなたに伝えたいこと〜

ネイティブの叡智に学ぶ 〜アイヌの長老・浦川治造氏を迎えて〜

2016年11月23日(水・祝)

新横浜 スペースオルタ
開場15:00 開始15:30 終演19:00


参加費:2500円(経費)+ ドネーション(寄付)

予約制:定員100名 先着順

 

予約は定員に達したので締め切りました。

ご理解よろしくお願いします。

 


【イベント内容】
●デニス師と浦川氏による祈り合わせ
●デニス・バンクス師と浦川氏による基調講演
●トーク・サークル 
●音楽 7Generations Band 水野みさを(古代フラ)
●ドラムサークル(ネイティブ音楽) 他


命の視点:

今、この時代、日本に住む私たちは、何を信じ、何を頼りに未来へ進んでいけば良いのでしょうか?私達が忘れかけている太古から続く命の記憶と智慧を継承しつづけてきた、ネイティブアメリカンやアイヌの人々。その命の視点は私達が今、何よりも大切にしなければならない価値観なのかもしれません。今回は北米先住民 権利回復運動AIM(America Indian Movement)の共同創設者で、世界各地で祈りと行動を結びつける運動を率いてきたデニス・バンクス氏、そしてアイヌの長老・浦川治造氏 を迎えてギャザリングをひらきます。

平和:

ネイティブの智慧にもとづいた平和な暮らしは占領者がアメリカ大陸を侵略する約400年前まで一万年以上も続いていました。実は、民主主義のモデルはイロコイ連邦というネイティブのコミニティーだったことは正式に記録されています。

智慧の言葉

デニス師は私たちに伝えてくれました。 「All life is Sacred」(全ての命は聖なるものである) 「地球は母で、空は父 月は祖母で太陽は一番上の兄、全ての命は兄弟姉妹であり、親戚であり、全ては繋がっています。」「母なる地球との関係性を先ず学び、母なる地球が愛してくれるように他を愛しなさい」 「Be of One Mind !」(心を一つに) そのような深い命の智慧をシェアしたいです。
 

トークサークル

お二人は現代社会の中で自然と共に、平和に生きる智慧を持っています。トークサークルではパネリストや皆さんの質問に二人の長老がそれぞれの智慧を持って応え、私たちがそれを受け止めるという、特別な時間を準備しています。
 

心をひとつに

そして、今回のギャザリングでは思考的にその智慧を得ると共に 祈りや音楽や踊りを通して、感覚的にも、母なる地球と共に生きること、そして、心をひとつに、平和を生きることの素晴らしさを体験し分かち合うことができたらと願っています。

ご縁の方々、ぜひご参加いただければと思います。どうぞよろしくお願いします。


主催:7 Generations Walk(http://7gwalk.org)

協賛:米国NPO ナワカミッグ・インスティチュート
後援:スペース・オルタ
会場 : スペース・オルタ

〒222-0033 横浜市港北区新横浜2-8-4オルタナティブ生活館B1

TEL:045-472-6349

http://spacealta.net/



☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

お問い合わせ

7 Generations Walk 代表 山田圓尚
mail 7gwalk@gmail.com
web http://www.7gwalk.org/

 

☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ ☆ 

7Generations Walkの運営資金に是非ご協力下さい。
どうぞよろしくお願いします。
資金協力呼びかけページです。
http://blog.7gwalk.org/?eid=1262412

 


 

デニス師の緊急帰国前のビデオメッセージです。
デニス師からのメッセージを
秋山太一さんがビデオに撮ってシェアして下さいました。
日本語訳と共にシェアさせていただきます。

「イベントに出られないことになり、とても残念です。
アメリカの家族の緊急事態の事件が起こっています。
行方不明になっていた孫娘のローズの遺体がお墓の近くで発見され、
元の交際相手が犯人として逮捕されました。
ですので今は帰国して家族と共にあろうと思います。

しかし、あなた(日本の皆さん)も私の家族です。
皆さんが私のこの状況を理解してくださっていること
そして、私に祈りを送ってくださっていること
ローズやダーラにも祈りを送ってくださったことを有り難く思っています。
私達は大きな家族です。

そして
決して諦めない(Never give up)という事を皆さんともう一度確認したいと思います。
そのスピリットを保ち続け、進んで欲しいと思います。

目の前にどんな障害があっても、障壁がっても、進み続けましょう!

来年また会いましょう。
また同じ時期に来日したいと思っています。


皆さんは私に大きな愛と力をくれました。
これから家に帰りますが、その力は何処にいようとも私と共にあります。

ありがとう ありがとう ありがとう

そして
Never Give Up!
ゼッタイ アキラメ ナイ(日本語)!!!!

ありがとうございました。」

訳&書き出し 山田圓尚

 

デニス・バンクス帰国メッセージ

Posted by 秋山 太一 on Sunday, December 13, 2015
ミノー君も帰国しました。ローズさんへの祈りのことを思っています。
 

昨日、デニス師と一緒に来日していたミノー君も、緊急帰国していきました。
一旦、住んでいるハワイに戻り、その後、ローズさんのお葬式に参加する為にミネソタに行くそうです。

今回の日本ツアーはよい経験になったようで、祝島が一番印象に残ったと言っていました。
あちこちで、デニス師と共にありながら、各地の皆さんに歓迎され、心の交流の中で、色々なことを感じてくれたのだと思います。きっと、これからも様々にこの祈りの交流を活かしていってくれると思います。ご協力いただいた皆様ホントにありがとうございました。

★ ★ ★ ★

ローズさんのお話にもなりました。
実は今年の夏に渡米した時、デニス師の家で私もローズさんに会っていました。デニス師のお孫さんは沢山いますが、ダーラさんの娘さんでもありますし、近くに住んでいたので、デニス師とも近い存在でした。
その時にも小さなお子さんを連れていて、他にも子供が四人いるのよ!と言って、皆のことを話してくれていました。
僕が「若いのに沢山子供がいて、子育て大変ですね」
というと、
「子供は好きだから大丈夫よ!」
と、肝っ玉母さん振りを見せてくれていました。

ローズさんは僕の友達のブラックウルフとも仲が良くて、
「今年なくなったライナさんのお参りに行くから、ライナの息子のブラックウルフにカナダに会いに行くよ」と僕が言ったら、じゃあ、私が自分で収穫したワイルドライスを持って行って、と言われて、ブラックウルフに僕が届けました。
そしたら、ブラックウルフがお礼に、大きなAIMのワッペンをプレゼントして、ローズさんは喜んで、このワッペンを使って、子供にネイティブの装束を作るわ!というやり取りもありました。

僕が知っているローズさんは、美しくて、肝っ玉母さんで、子供のことや、周りの人にもプレゼントしたり、されたり、良い感じの女性だったという印象です。
そのローズさんがこんなにも早く亡くなってしまうとは思いもしませんでした。

僕には分からなかったけど、きっと、色々な問題を抱えていたのかもしれません。
犯人はもとの彼氏だったということですので、家庭内暴力的な問題もあったのかもしれません。
犯人の男性は、ドラッグやギャングの問題とも絡んでいたという話も聞いています。

一見、普通に見える女性の背後にある、深刻な問題の数々。
カナダやアメリカのネイティブの女性が誘拐されたり暴行されたり、殺されたりという問題が今も多発していることは以前にもお伝えしました。

ネイティブがネイティブとして生きる権利を奪ってきた植民地支配の歴史。その略奪の故に、ネイティブは誇り高い、生き方ができなくなり、コミニティーも破壊されました。
誇り高き生き方ができないが故に、ドラッグやギャング、アルコールや糖尿の問題が起こりました。
そして、マインドも女性や女性性を軽視する侵略者のように、一部のネイティブもなってしまったのかもしれません。

普通の幸せな親子の生活を、一瞬にして奪ってしまう問題が、悪しき歴史の流れの中で現代に現れています。

デニス師は、「文化を取り戻せ!」と再三言います。
私達は精神性と生き方を取り戻して、誇り高く現代に生きなければ、このような問題の原因を作り続けることになります。
文化はもちろん、教養を高めるものであるかもしれまんが、私達の生活、愛する人を守る為に必要なものです。ですから、デニス師は文化や生き方のことを何度もイベントの時に皆に伝えます。

今の日本はかつてのネイティブの居留地の状況に似てきたと、デニス師は言います。
このことをきっかけに、私は、自分自身の事、日本の事も考え直しています。

★ ★ ★ ★

私は、無くなった人の魂は、まだこの世にあって、縁ある私達の心の声を聞いていると思っています。精霊が一番悲しいことは、自分が忘れられることと、自分の人生が無駄になることだと思います。私はローズさんの事を、これからもずっと覚えていると思いますし、忘れることは出来ないと思います。そして、ローズさんの命を奪ってしまった、その問題と、問題の原因を忘れないようにしようと思います。そして、その問題の原因に対処していきたいと思います。

それは、女性と女性性への尊敬を深く思い続け、実践すること。
母なる地球と共に生きる誇り高き生き方を学び実践しサポートしあうこと。
ドラッグ問題や暴力の問題の原因は、恐怖と絶望であるということをしり、希望をシェアすること
などなど色々あります。

このことは、した方が良いことではなく、しなければ身近な人の命が奪われる原因になることも覚えておきたいと思います。

★ ★ ★ ★

これから、色々なところで、お祈りをさせていただく予定になっています。
その度に、ローズさんの魂に、ローズさんの愛ある姿を忘れないこと、そして、その命を奪ってしまった、問題の原因を忘れず、それに対処して行動していくことを伝え、祈りたいと思います。
きっと、共に祈ってくださる皆も、今回のツアーを通して、デニス師を通して、ローズさんと繋がっていただいている方々と思います。
その悲しみをしっかりと受け止め哀悼の祈りを捧げ、
そして、彼女が生きていればするであろう、良いことを私達が変わってする
追善供養を皆でしていけたらと思っています。
仏教では、このようなことを「追善供養」と言っていますが、良い言葉だと思いますので、使わせていただきます。

良い形で皆さんと共に追善供養できるきっかけに祈りの会がなっていきますように、共に祈らせていただきたいと思っています。そして、デニス師や、デニス師の家族とも連帯を表明していけたらと思っています。

どうぞよろしくお願いします。
ホーミタクエオヤシン

山田拝
<デニス師 緊急帰国のお知らせ>
 <デニス師 緊急帰国のお知らせ>
10月19日から行方不明になっていました
デニス師のお孫さんのローズさんが昨日、遺体で発見されてしまいました。

デニス師は、それにより、今日緊急帰国されました。

12月20日の東京白金でのツアーファイナルイベントは中止させていただくことになりました。
参加希望のお申し込みをされていただいていた方々
ご協力をいただいていた方々
申し訳ありません。ご理解をいただけますように、どうぞよろしくお願いいたします。

12月18日のアサバアートスクエアさんでのイベントと
12月19日の葉山一色会館のイベントは
デニス師は不在ですが
追悼の祈りの場を持つなどして、
内容を変更して開催させていただくことにさせていただきたいと思っています。
詳しい内容はまた後ほどお知らせさせていただきます。

日本からもローズさんとデニス師、デニス師のご家族に祈りを送れればと思っています。

デニス師からも、皆さんへのビデオメッセージを秋山太一さんがお預かりしています。
また皆さんにもシェアさせていただきます。

大変、悲しく、残念なことになってしまいました。
今は、哀悼の祈りを送り、冥福を願いたいと思います。

ご理解、ご協力のほどどうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m

山田圓尚拝

デニス師日本ツアーの東京でのプレイベントの映像です。
 12月20日(日)のデニス師の日本ツアーの東京でのファイナルイベントが近づいて来ました。

実は11月16日に東京で運営委員会でミーティングを行い、このイベントの予行練習をしました。
その映像Sato Hideakiさんが撮っていただき、Youtubeにアップしていただきましたのでシェアします。

デニスバンクス2015ミーティングダイジェスト@世田谷 Nowa Cumig a.k.a. Dennis Banks Tokyo meeting digest 

https://youtu.be/4L6ZGvKvvaI


こちらはフルバージョンです。
https://youtu.be/zJXOmppTOlc?t=35s


前半は意義深いお話があり、その上で
後半は祈りの歌や踊りで皆の心が一つになっていく感じが伝わったらなと思います。
今回のツアーのテーマは
「Be of One mind 〜心を一つに!〜」
です。

イベントも真剣さの中にも終始愛が感じられるものになればと思っています。
心を一つに!今、私達の目の前にある問題を共に乗り越え、そして、希望を持って未来に進んでいきたいです。

その大きなきっかけに、今回のデニス師のツアーが成っていったらと思っています。
ツアーも、もう大分終盤ですが、ご縁のかた是非、デニス師に会いに来て下さい。
http://7gwalk.org/Dennis2015/index.html

そして、12月20日の東京白金でのファイナルイベントには是非皆さんお集まりいただければと思います。

http://blog.7gwalk.org/?eid=1262518

どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

山田拝

<お知らせ>12月20日 NowaCumig Tokyo Gathering イベント詳細 〜トークサークルパネリスト情報 タイムテーブルなど〜

今年のデニス師のツアーのファイナルイベント
12月20日(日)の東京ギャザリング
が近づいて来ました。

イベントの詳細をお知らせしますね。

タイムテーブル等はこのようになっています。

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★ 
10時半
オープニングのお祈り
辻信一先生お話
スライドショー
デニス師のお話

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★ 

11時半〜休憩

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★ 

12時半〜トークサークル
トークサークルは今回のイベントの中心になるものです。

テーマは
〜私達が本来一つである事を如何に思い出し、協力していけるか?〜
です。

今回トークサークルにパネリストとして参加していただく方々のご紹介をさせていただきます。

デニス・バンクス師

辻信一先生
評論家、文化人類学者、環境運動家。明治学院大学教授。

浦川 治造 師
アイヌの著名なエカシ(長老)。
アイヌ文化奨励賞受賞者。東京アイヌ協会名誉会長。40代で関東に移住し、現在も関東におけるアイヌのリーダーの一人として活動を続けている。アイヌ古布絵作家の宇梶静江は実姉で、俳優の宇梶剛士は甥に当たる。

冨田貴史さん
冨貴工房主宰。 旧暦、地球歴、生物多様性、お金、原発、
エネルギー、腰の健康、ふんどしなどをテーマにした
ワークショップを全国各地で年間200本以上行うファシリテーター。
鎌仲ひとみ監督の『六ヶ所村ラプソディー』を
全国120か所で上映し、同監督の『ミツバチの羽音と地球の回転』の
制作に携わる。 

海老原よしえ さん
シンガーソングライター
アメリカ在住の頃からネイティブの祈りに関わり
2004年にネイティブの長老の呼びかけで行われた世界平和への祈りの集会WPPDが富士山で約1万人を集めて行われ、その実行委員長を務めた。
現在もその祈りとメッセージを歌にして全国でコンサートをしています。

水野みさお さん

(古代フラダンサー、クムフラ、アフロヘイシャンダンサー)

80年代後半から22年、サンフランシスコでビート詩人やフラワームーブメントの洗礼を受け、ハワイ島で古代フラ修行。2001年よりサンフランシスコのカレッジで古代フラ教え始めると同時に「虹の天鳥たち」たちあげ、戦争孤児救済、ハワイの海保護運動に関与。311以降、福島の人たちが経産省横に建てた脱原発テントのオープニングで踊ったことをきっかけにJ.レノンや清志郎イマジンを各地の脱原発集会で踊る。2013年は七夕に首相官邸前、911に経産省前で踊った。世界に反核と平和メッセージを発信している。

  ☆ ★ 

今回もトークサークルはホントに素晴らしいメンバーが集まりました。

このメンバーが一同に介し、お話いただけることがとても楽しみです。

特に、アイヌの長老とデニス師が並んでお話いただけることはまたとない機会と思います。

他にも大学の学生さんや、ご参加いただいた方にもお話いただけるチャンスがあると思います。どうぞよろしくお願いしますm(_ _)m

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★ 

3時〜
ドラムサークル


今回のツアー全体を通してのテーマは「心を一つに!」
ということです。
お話などで理解を深めた後に
歌や踊りで心から理解し、一体感を皆で体験できればと思います。

デニス師のリードでネイティブの歌と踊りを体験していただきます。

そして水野みさおさんのリードでイマジンフラを踊ります。


ネイティブソングの力強いダンスの後で
女性性を象徴するようなフラで場を和ませ調和を産み出せたらと思っています。

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★ 

そして最後はネイティブの伝統的な方法で輪を解きます。

4時半終了予定

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★ 

ぜひイベントにご参加くださいm(_ _)m

どうぞよろしくお願いします。

  ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★   ☆ ★ 

NowaCumig Tokyo Gathering

12月20日(日)
@白金 明治学院大学内 アートホール
10:00am open 10:30pm start

参加費:2000円(資料代)+ドネーション
定員:250名 予約制・先着順

予約方法
下記メールにお名前・人数をお知らせ下さい
予約:nowacumigtokyo2015@gmail.com
予約担当 おおやまちか

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

イベント企画・運営
Nowacumig Tokyo Gathering 運営委員会

共催
明治学院大学 辻信一ゼミ
明治学院大学国際学部付属研究所

■このイベントでいただいたドネーションば、デニス・バンクス師の活動
(米国NPOナワカミッグ・インスティチュート)に寄付します。

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ 

Japan Tour 企画・運営 : 7 Generations Walk
協賛:米国NPO ナワカミッグ・インスティチュート
more info 7gwalk@gmail.com(7gwalk山田)







NowaCumig Japan tour 2015@沖縄 報告
12月4日

沖縄について最初に訪れたのは
南の聖地「ヤハラズカサ」です。
ここは、全ての沖縄の人の母である、
女性の神様「アマミキヨ」が降り立った浜です。

小島さちほさん達がお迎えくださり、
聖地の入り口でご挨拶。
 


海の向こうに聖なる島
久高島が見えます。


さっそくお祈りを。

沖縄の神々、精霊に自己紹介をし
お導きとお守りを請いました。



舞の奉納


デニス師もパイプセレモニーをして祈りました。




夜は糸満の長谷寺さんで
交流会が行われました。

先ず庭で火を囲んでお祈りしました。

火は私達の力の源である太陽の子供であると考えています。
火を囲んで祈ることは、私達の源を囲んで祈ることであり
私達の心を一つにすることができます。
そして、祈りを届けます。

沖縄戦で亡くなった方々に祈りを捧げました。

堂内に入り
皆で般若心経を唱えました。

そして小島さちほさん達の音楽の奉納
祈りの感じられる音楽は皆の心に染み渡っていました。


そして
今回のイベントを企画して下さったユキさんのライブ。
三線で歌う、伝統的な沖縄の音楽に色々な音楽を融合させた
素晴らしい演奏でした。

デニス師のお話。
今日はこうして、素晴らしい沖縄の文化に触れることができて嬉しいです。
私達自身の文化を実践していくことはとても重要です。
私達ネイティブもアメリカ政府に弾圧を受けてきましたが、
諦めずに活動し文化を守ってきました。

恐れではなく、希望から活動しましょう。
そして、
勝利は、どんな困難にも負けない者の元にあると信じています。


この歌は私達が守ってきたものです。
皆さんと分かち合いたいです。


最後は魂と文化の交流に喜びが溢れ出しました。


素晴らしい心の交流ができました。
ありがとうございました。

12月5日

長谷寺さんのご住職や皆さん
ホントにありがとうございました。
お世話になりました。

斎場御嶽の入り口にある
工房アマムさんを訪れました。
ここは、昨日の交流会を企画してくれたユキさんのお店です。


斎場御嶽にご案内いただきました。

祈りを捧げます。
デニス師は約20年ぶりの訪問
心から祈っておられました。




そして平和祈念公演へ


資料館も真剣に見学されていました。




沖縄戦では
約10万人以上の沖縄市民の方々が
女子供もふくめ惨たらしく虐殺されました。
その悲劇の記録を見、こころを痛めておられました。





夜は那覇市内のお店「チャクラ」で交流会が行われました。

喜納 昌吉さんとの対談も興味深いものでした。

喜納さんとデニス師は旧知の仲で以前一緒に
アメリカのネイティブ、イロコイ連邦を訪問したこともあるそうです。
そこで、沖縄のネイティブの方々の事情を伝え
一緒にお祈りをしたのだそうです。

イロコイ連邦はネイティブの6っつの部族の連合体ですが、
アメリカ国内にありながら、自治権を持ち、自分達のパスポートで世界を旅しています。
彼らは武器を捨て、平和の法のもとで暮らし、自治を守り幸せに生活しています。
喜納さんも
「全ての武器を楽器に 全ての人の心に花を 全ての基地を花園に」
というメッセージを伝え続けています。
その魂のメッセージが共鳴していました。

途中から三宅洋平さんもトークに参加して
現在の世界の情勢も絡めて、気候変動のお話や
如何に草の根運動を盛り上げていくか?
などのお話がさらに盛り上がりました。

そして歌を歌いました。




12月6日

大浦湾を訪れました。
こちらは
辺野古の基地問題で大変注目されていますが
実は竜神さんが住まう聖地でもあります。

地元の神人のヨシさんにお導きいただいて
竜神さんに祈りを捧げました。
ここは沖縄の海の中でも深度が一番深いところであり
この湾のまわりには聖地が取り囲むようにあります。
この聖地を入り口のようにして行き来する竜の力は
全ての人々の命の根源であり、自然・宇宙とのバランスを保つ要所です。
この地に基地を建て、その力に蓋をすることは
生命のバランスを根源的に崩すことになりかねません。

皆で竜神様に
この聖地が守られますように!
決して基地が建ったりしないように!
お護りとお導きを請いました。

素晴らしい祈り合わせになりました。


夕方から
ヤンバルのカフェ「ガジマンロー」さんで交流会をしました。


misaoさんの祈りのフラも素晴らしく!

交流会では地元の方が
「沖縄に来る人は、沖縄の大地が呼んだ人達。過去に悲しい歴史があるけれども
その過去を乗り越えて、大地が呼んだ全ての人を兄弟として迎えたい」
とおっしゃってくれました。

そしてオーナーの女性が
「私のお婆ちゃんは神人でした。その祖母から聞かされていた歌と今日デニス師が歌ってくれた歌がとても似ていてびっくりしました。今日は来てくれてありがとうございます」
とメッセージを伝えて下さいました。

とても感動的でした。

沖縄訪問中は
毎日、聖地を訪れ祈りを捧げ
毎日、交流会をして沖縄の皆さんと心の交流ができました。
沢山の方々や神・精霊との出会いの中で
自然と共鳴が起こり、希望と力が溢れた素晴らしい滞在になりました。
ありがとうございました。




10月19日から行方不明になっているデニス師のお孫さん、ローズさんの無事を願ってきましたが、まだローズさんは発見されていません。
そこで、これからも継続して祈り、サポートを続けることにします。
お互いに協力し、世界の為、家族の為に尽くしたいです。
(捜索資金募集サイトへのリンクです)

どうか、皆さんも祈りとサポートをよろしくお願いしますm(_ _)m
 
 
これからツアーで皆さんの町を訪れます。
是非、デニス師のメッセージを聞きに来て下さい。
お待ちしています。
どうぞ、よろしくお願いします。
 
ローズさんが無事でありますように。
ホーミタクエオヤシン
 
山田拝



NowaCumig Japan tour 2015@長崎 報告
原爆資料館を見学しました。
 

犠牲になった方々の写真や記録をみますと
改めて、原爆の恐ろしさ
人類が犯した残酷な過ちが思い返されます。
ホントに心が痛くなります。
同じ過ちは繰り返してはならないと決心します。


落とされた爆弾の原寸大の模型。
このような爆弾が落とされ、
一瞬にして約7万人の方の命が惨たらしく奪われました。

原爆落下中心地にてお祈り

呼びかけに応じて、多くの方が集まり共に祈ってくださいました。

セイジを焚き、タバコを捧げて

デニス師は言いました
「今日は雨が降りました。
この雨は浄化の雨と感じています。

私達は平和の為に祈り続けなければなりません。
最初の原爆はネイティブの土地に落とされ、その傷は今も残っています。
広島、長崎にも原爆が落とされ、多くの人が犠牲になりました。
共に祈りましょう。
平和が達成されるまで祈り続けましょう。
そして、共に行動しましょう。」


★★
☆☆☆
★★★★
夜は出島のR10さんで交流イベント!

浄化の大雨になってしまいましたが
シマカワコウジさんやリキさんが音楽を奏でてていただき
素晴らしい時間になりました。

映画「Drum will never Stop」を上映して
デニス師のお話です。














10月19日から行方不明になっているデニス師のお孫さん、ローズさんの無事を願ってきましたが、まだローズさんは発見されていません。
そこで、これからも継続して祈り、サポートを続けることにします。
お互いに協力し、世界の為、家族の為に尽くしたいです。
(捜索資金募集サイトへのリンクです)

どうか、皆さんも祈りとサポートをよろしくお願いしますm(_ _)m
 
 
これからツアーで皆さんの町を訪れます。
是非、デニス師のメッセージを聞きに来て下さい。
お待ちしています。
どうぞ、よろしくお願いします。
 
ローズさんが無事でありますように。
ホーミタクエオヤシン
 
山田拝




NowaCumig Japan tour 2015@祝島 報告
11月30日

 室津港からフェリーに乗り祝島を目指します。
昨日の徳山のイベントで一緒だった
映画、「祝福(いのり)の海」の監督の東条君
と小祝食堂のたかちゃんも同じ船で祝島に渡りました。

祝島に到着
デニス師は三度目の祝島です。
三度目にして始めて天気が晴れでした。
心も穏やかに、帰ってきた気分になられていました。

今回、デニス師の予定に合わせて
長野の大鹿村のカズさんと、タカ君とナオちゃん夫妻も祝島に来てくれました。
少しだけ、山を登り、対岸の田ノ浦を見ました。
海も凄く穏やかで、ナギな状態。
美しい海と風景、沢山の漁船も出ていて、海の豊かさも想像していました。

こんな素晴らしいところに原発を建てようとしていたなんて!
信じられません。

原発は高温になるので、それを冷やすために大量の海水を必要とし
田ノ浦に上関原発が出来てしまうと、計算では
一秒間に約190トンの水を7度温めて排出してしまいます。
その海水の中に含まれている、バクテリアや魚の卵などなどは高温の原子炉を通る為に死んでしまうので海は死んでいき、そうでない生き物も放射能の影響で深刻なダメージを受け続けます。人間も同じです。
その結果はすでに、若狭や他の地域の原発がもうすでにある地域の人達から聞いても明らかですし、原発作業員などの内部告発からも原子炉の真の恐ろしさはもれていますね。
そんな危機から、この海を30年以上に渡り守り続けてきた祝島の方々。
祝島の方の中に元原発作業員さんがいて、原発の真の情報を知っていたのも幸いしたのか、
政府や電力会社の無理のある原発推進にも負けず
何億という保証金をちらつかされても、
「海は絶対に売らない!!!!」
と信念を持って、生きてこられたその姿は美しく感動的です。

その信念は生活にも表れていて
祝島には伝統的な生活、人と人との繋がり
もとの「愛」のある地域社会が残っています。
まさに「豊かな暮らし」がここにはあります。


祝島に移住してきたタカさん。
小祝食堂を祝島でしています。
この島で培われてきた、伝統的な文化も食を通して体験できる場でもあります。
火の神様、水の神様に祈り、感謝しながら生活します。

食材のほとんどは、祝島で採れたもので
昨日、タカさんが「私の半分は海であり、半分は山である」と言ったことも納得できます。

薪で炊いて下さったご飯も本当に美味しく。
ひじきやお魚や野菜もとても深く健康で味わい深く
その美味しさからも、自然と共に生きる素晴らしさを実感できました。


夜は
毎週月曜日に祝島で行われている
原発反対のデモに参加しました。

もう千回以上のこのデモは続けておられるそうです。
島のお母さん達も元気で
この地に生きる人々の強さを感じました。



その後、カフェで交流会。
島民の会の会長さんの清水さんや
若い皆さんと一緒に良い時間を過ごすことができました。
清水さん、いつも朗らかで、心暖かに接してくださり、
有り難いです。


大鹿村のカズさんは地質学者でもあるので
近くの伊方原発の所にある活断層のお話、
地震のメカニズムを考えると、神戸地震級の地震が伊方の地域にも起こる可能性は高く
原発は危険なことなどの情報もシェアして下さいました。

デニス師は言いました。
「Past is our future, Future is our Past」

過去と現在と未来をしっかり繋げることが大切だとお話いただきました。

祝島の方々の溢れるような愛や豊かな暮らし
タカさんが移住してきて、そのような生きた伝統を受け継ごうとする姿勢
などなどを讃えておられました。

そして、歌を歌いました。

息子のミノー君も聖なる水の歌をうたってくれました。

そして、ナオちゃんも沖縄の歌を歌ってくれて

祝島在住の3年生のサトちゃんも学校でならった歌を歌ってくれました。
凄く盛り上がり、愛ある感じで、夜はふけていきました。

12月1日

今日は学校の授業参観なので、私達もお邪魔させていただきました。
地域と学校や先生の繋がりも愛ある感じが伝わってきて
私たちも楽しく見学できました。


祝島をいよいよ出発する時がきました。

デニス師は
「今日はお天気も良く、旅をするには良い日ですが、
祝島を離れるのは凄く辛いです」
とおっしゃっていました。

皆さんとの心の交流から
祝島を故郷のように感じておられるようです。


きっと、またきます!!!!
今回も心温まる交流をありがとうございました☆彡

上関にはもう原発は建たないでしょう!

祝島の海、山がいつまでも守られますように!
その命ある伝統的な生活が
私達の社会の指針となりますように!

心から祈り祝島を後にしました。

祝島には私達の未来があるように思います。

ホーミタクエオヤシン

山田拝


10月19日から行方不明になっているデニス師のお孫さん、ローズさんの無事を願ってきましたが、まだローズさんは発見されていません。
そこで、これからも継続して祈り、サポートを続けることにします。
お互いに協力し、世界の為、家族の為に尽くしたいです。
(捜索資金募集サイトへのリンクです)

どうか、皆さんも祈りとサポートをよろしくお願いしますm(_ _)m
 
 
これからツアーで皆さんの町を訪れます。
是非、デニス師のメッセージを聞きに来て下さい。
お待ちしています。
どうぞ、よろしくお願いします。
 
ローズさんが無事でありますように。
ホーミタクエオヤシン
 
山田拝